ニコンの新しいマクロレンズは60mm f/2.8Gの後継機?

Nikon Rumors に、近日中に登場するニコンの新しいマクロレンズに関する噂が掲載されています。

Nikon rumored to announce a new Nikkor macro lens (probably 60mm)

  • 一週間前に、ニコンの新しいマクロレンズの発表が噂されていると述べた。モデルチェンジの候補は、2008年1月に登場したAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDかもしれない。

    近日中に登場するこのレンズが、フィルムデジタイズアダプターES-2が遅れている原因だと聞いている。ニコンは新しいマクロレンズと、このアダプターの互換性を完全なものにしたいと思っている。

    フィルムデジタイズアダプターES-2は、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8Gと組み合わせることが推奨されているが、他のいくつかのレンズでも使用することができる。

 

最近では、200-400mm f/4Gの後継機と何らかの新型マクロレンズの登場が噂されていましたが、マクロレンズは60mm f/2.8Gの後継機になる可能性が高いようです。

また、フィルムデジタルアダプターES-2は、「設計の見直しが必要」という理由で10月に発売の延期がアナウンスされていましたが、どうやら、近日中に登場するこの新型マクロレンズに対応するための延期だったようですね。

2017年12月 2日 | コメント(10)

コメント(10)

現行が十分評判のいいレンズですが、対応の新型を出すということはそれだけデュプリケーターの精度出しが難しいのでしょうか。

ES-2の対応レンズに関する補足ですが、元記事によると、これまで対応が予定されていたレンズ(60mm f/2.8G、60mm f/2.8D、DX Micro 40mm f/2.8)に加えて、新しい60mmマクロにも対応するということのようです。

やはり フィルムデジタイズアダプター ES-2 の発売遅延は新型60ミリの登場と関係あるのですか。
マイクロの発売は2008年3月14日 そろそろ新しくなっても良い時期。60ミリGマイクロを買わずに我慢して正解だった!
案外 早い時期に発売になりそうですね。

どっちも買います!

リニューアルによってE化するのでしょうね?

開放から安心して使えますし、ナノクリスタルコートですし、オートフォーカスも早いですし、もうちょっと息の長いレンズかと思ってました。

 マクロ60mmは持っていますが、以前70-180のズームマクロを買って後、暫くして売り払ったことがあります。
出来るならマクロ60mm良いのですが、望遠系の明るい(F2.8位)ズームマクロの再発売も期待したいです。

105mmだと思っていたら60mm?。
フォーカスリミットとVRが欲しい。

今年60mm Micro買ったばかりなのに。VRが付くなら買おうかな。

D850が良いので新しい高性能マクロが欲しいと思っていました。
105mmも60mmも現行はもっていないので、新型が出るなら買うと思いますが、60mmなら開放F2が欲しかったです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2017年12月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムがXF10とX-T100を2018年第1四半期に発表?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムがボディ内手振れ補正搭載の「GFX 100S」を2019年に発売?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る