DxOMarkに「LEICA M10」のセンサースコアが掲載

DxOMark に、LEICA M10 のセンサースコアとレビューが掲載されています。

Leica M10: A classic reinvented 

 

 LEICA M10   LEICA M      D850         α7R III    
Overall Score
(センサーの総合点)
86 84 100 100
Color Depth
(色の再現域と分離)
24.4 24 26.4 26.0
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
13.2 13.3 14.8 14.7
Low-Light ISO
(許容できる最高のISO感度)
2133 1860 2660 3523

  • LEICA M10のセンサースコア86は、これまでにテストしたライカのセンサーの中ではLEICA SLの88に次ぐ2位のスコアだ。個々のカテゴリでは、色再現と高感度はライカで(SLに次ぐ)2位で、ダイナミックレンジは(SLとM typ240の続く)3位だ。
  • フルサイズでトップのα7R III やD850と比べると、M10は、総合スコアでも個々のスコアでも後れを取っており、色再現では1~1.33EV、ダイナミックレンジでは1.5EV後れを取っている。
  • M10の高感度ノイズはとても良好だが、D850の方が高画素にもかかわらず若干ノイズが少ない。
  • M10のセンサーは、最近のライカの他のフルサイズ機のセンサーと同レベルの性能で、トップクラスのセンサーと比べると、ISO感度全域で後れを取っており、ベストのAPS-Cのセンサーのスコアに近い。

 

LEICA M10はM(Typ240)と異なるセンサーを採用しているという噂が流れたこともありましたが、M10とMのスコアはよく似たパターンで、同じかどうかは分かりませんが、同系列のセンサーを採用している可能性が高そうです。

M10のセンサー(CMOSIS製?)は、D850やα7R III のようなトップクラスのセンサーと比べると、まだ、かなり差を付けられているようですね。

2017年12月16日 | コメント(15)

コメント(15)

ライカのセンサースコアは、なかなか上がらないですね。
まあ、写真を撮るうえでは大した問題はないから、いいんですけど・・・
M型ライカはスペックやセンサーのスコアで買う製品ではないですから、独特のこだわりを持ち続けてもらいたいです。

確かにライカMって、超絶画質を求めて選択するカメラではないですね。

私はフルフレーム機としてニコンD800、ソニーα7II、ライカM9Pを併用していまが、M9Pで撮った写真はほかの機種で撮った写真と違ってくるんですよね。

カメラは機能・性能が全てではない、文化的産物だということを教えてくれる貴重なシリーズとして、Mシリーズは何時までも続けて欲しいです。

スペックで劣っていても実際に使ってみると「写真」という感じがするのが不思議なのがライカのセンサーです。コストパフォーマンスは良くないですが、唯一無二の価値に払う意義はあります。かなりの大伸ばしすると、その差は歴然で(良し悪しではなく)、写真とはかくあるべき、というライカのコンセプトがそこにはあります(フジのセンサーに対する意地に似ているようにも思います)。ライカにとってはノイズ=不ではないのですね。この辺りは感覚的なもので、感覚の領域を追求できるのはライカがユーザーに恵まれているからだと思います。モノクロ専用とか、背面液晶がないデジタルなんて国産カメラでは実現しないでしょうから。

D850とα7RⅢのセンサーは現在の最高峰のものなので比べると辛いですね。
α7Ⅱのスコアが上から90・24.9・13.6・2449なのでソニー製センサーが凄すぎるというかイメージセンサーに関してはソニー製の独擅場が暫く続くような気がします。
ただM型ライカは嗜好性がとても強いカメラだと思うのでセンサースコアはこれくらいでも商品価値は落ちないように思いますね。

DRは5D4とソックリですね、必要十分なセンサーだと思います。
カメラはレンズと言わせる別格の存在じゃないでしょうか

距離計のっけたフルサイズデジタルがこれしかないから見逃されてるだけで、別に許されてるわけではないと思いますよ。
Mマウントはその趣味性からレンズの収差撮ってるようなところがあるので、そんな面では高い解像度やトーン再現性は欲しいですし、本来のスナップという用途では高感度を重視したいところです。
大口径を開放付近で使えることが求められているにもかかわらず、M10になるまで基準感度は200でしたし。
あと電子シャッターのニーズも高いはずですが、無回答。
諸々、いくらなんでも動きが遅すぎると思います。
エプソンはRFやめてしまいましたし、コシナは自社ボディに冷淡に見えます。当のライカもミラーレスに夢中なところをみると、商売として厳しいジャンルなのかなと思いますが、頑張ってほしいところです。

ライカユーザーとしては別になんとも思わんと言うか、もしα7RIIIに匹敵する性能だった日にはそんな所で頑張らないでもう少し安くしろと言いたくなります。
リンク先の記事にも記載が無いですが、ライカMのセンサーはフィルム時代のレンズが使われてもいいように、センサー表面のマイクロレンズを中心に向けてオフセットしてある等、他のメーカーには見られない工夫がされていることは評価してあげるべきだと思います。

僭越ながら、妥当なスコアだと思います。
スコアを値段から考えると費用対効果は非常に低いですが、一眼レフと比較してレンジファインダーなどの構造的な精度の高さやボディ表面にネジ穴が無い事など、スペックシートには現れない部分で値が張り、そこに価値を見出せる人間が買うカメラだと思います。
デジタルになったM型も順当な進化を重ねている今、国産カメラの主流スペックから数年遅れを取っていようが余り重要な事ではないと考えます。

高解像の画像と高画質の写真というのは違うものだと思っています

ライカは半世紀以上前のレンズやモノクローム版のことまで考えてセンサーを選びチューニングしていると思うので
他のメーカーと同列で比べるのはちょっと違うような気もします

>店長さん
構造的な精度の高さとはどういう事なのでしょう?

この数値は5DMarkIIIと5DMarkIVの間ぐらいでしょうか
おそらくライカは数値性能ではなく、このセンサーを使用する
ことによってライカが理想とする写真の現時点で一番近い結果
が得られるからだと思います。
デジタルカメラといえども、数多くの写真を見ると色合い以外
で同サイズのセンサーであってもカメラメーカーにより臨場感
とか雰囲気が違いますよね。
(レタッチがきついと分からなくなりますが)
そういった理由でライカはこのセンサーを選択していると思い
ます。

ライカは昔のレンジファインダー用レンズを使えることに非常に力を入れているので、α7シリーズでは色被りしてしまうような入射角がキツイレンズも普通に使うことができます。
コストをかけているところが違うのでしょうね

今はまだ昔のMレンズを大切に持っている私の様なユーザーがいるから良いんでしょうが,センサーが周回遅れなのに生産性が低いためにコストが高過ぎて未だに購入できません.
レンズもだんだん個性が薄れた高性能なものに代わり,ライカらしさが薄れてきたように思います.このままではRに続きMシリーズも消えてしまうのではないかと心配です.

ライカは広角〜標準系でJPEG出力で言えば、解像感やカラーノイズと輝度ノイズのバランスなどもかなり違い、同等スコアのニコン機よりかなり良いと感じてますけどね、両方使っていて。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2017年12月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルム「XF80mmF2.8 LM OIS WR Macro」は非常にシャープだが周辺光量落ちが目立つ」です。

次のブログ記事は「キヤノンG1 X Mark III の比較サンプル画像が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る