ソニーFE35mm F1.4 ZAはボケがうるさいのがウィークポイント

OpticaLimits(旧称Photozone)に、ソニーの広角単焦点レンズ「Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA(SEL35F14Z)」のレビューが掲載されています。

Sony / Zeiss FE Distagon T* 35mm f/1.4 ZA ( SEL35F14Z ) - Review / Test Report

  • 鏡筒は総金属製で、極上のクオリティだ。フォーカスリングは、非常に滑らかに回転する。
  • AFスピードはα7R II との組み合わせではまずまずで、作動音はしない。AF精度は非常に高い。MFはバイワイヤ(モーターによる駆動)で、精密なピント合わせには向いているが、機械式のフォーカスリングとは異なる感触だ。
  • 歪曲は、RAWで0.09%のごくわずかな陣笠だ。
  • 周辺光量落ちは、RAWでは開放で2.8EVの非常に大きな値だが、F2では1.5EVと大幅に改善し、それ以上絞れば、あまり目立たなくなる。自動補正使用時は、周辺光量落ちは開放で1.1EVになり、まだ時折目立つものの煩わしくはないだろう。F2以降では周辺光量落ちは解消する。
  • 解像力は、中央と中央付近は開放から非常にシャープだが、周辺部が甘く、これはF2でもまだ同様だ。F2.8に絞ると、大幅に画質が改善し、中央は素晴らしい値(excellent)になり、周辺部と隅は良好(good)~とても良好(very good)な値になる。解像力のピークはF4とF5.6で、若干の改善が見られる。F11からは回折の影響が大きくなるが、F11では、まだ実用になる。
  • 像面湾曲の問題は見られない。
  • 倍率色収差は、開放で平均1.25ピクセルで、F2.8以降では0.7ピクセル前後のかなり低い値だ。
  • 玉ボケは残念ながら良好ではなく、円形ではあるが、内部に年輪状の模様が見られる。これは複数の非球面を使ったレンズでは典型的なものだ。この玉ボケは、絞ると更にうるさくなる。前ボケと後ボケもあまり良くはない。多くの広角レンズがボケに苦戦しているが、このレンズも例外ではない。
  • 軸上色収差(ボケの色付き)は、開放では非常に目立ち、少なくともF2.8までは目につく。軸上色収差のテスト画像からは、このレンズには、フォーカスシフトが見られないことが分かる。
  • FE35mm F1.4 ZA は評価の難しいレンズだ。このレンズには、開放付近の周辺部の甘さや、周辺光量落ちなどいくつかの弱点があるが、これは、このクラスの他のレンズにも見られるものだ。少々残念なのはボケがうるさいことで、ボケの色付きもとても目立つ。鏡筒の出来はほとんどパーフェクトだが、AF速度には期待しない方がいいだろう。
  • 大口径の35mmを探しているなら、FE35mm F1.4 ZAは検討する価値のあるレンズだが、純正にこだわらないならSamyangの35mm F1.4 FEも検討した方がいいかもしれない。

 

光学性能の評価はスタジオテストが2.5点(5点満点中)、実写テストが3.5点で、スタジオテストは、このクラスのレンズとしては少し厳しい評価になっています。また、ボケのうるささが指摘されていますが、サンプルでは確かに玉ボケは少々うるさいようですが、後ボケは悪くないという印象です。

2017年12月 5日 | コメント(8)

コメント(8)

使っていて非常に同じ感想を持っております。
ボケを楽しむレンズではないと割り切ってしまえば良いですが、絞り切っても微妙なので、使いどころに困ります。

ソニーのFEはGMが出てからは別物見たくよくなってますからね。GM以前に出たレンズは、これも含めて、どれもそれなりって感じです。

7R2で使っています
カリカリにはなりませんが、少し柔らかくて子供の写真を撮るのに重宝しています
瞳AFとCAFの組み合わせで、アップの子供写真でも瞳にピントがきている写真が結構撮れますよ

35㎜なのであまりボケ味は気にしてないのですが、フォーカスの遅さと逆光の弱さが個人的にはウィークポイントかなぁと思っています。レンズ重すぎて駆動力足りてないのでしょうかね・・・。55ミリはあのサイズにして実に素晴らしいのですが

SIGMAがそのうち参入してきたらArt 35F1.4出してくれるものとしんじております。

3514za、5518za、85gm、100stfの中で一番使ってます。このレンズの開放付近で撮れる画の雰囲気が好きなんですよね。Aマウントの3514も評判良くないんですが、何故か好きでした。あれもけしてボケがきれいな訳でも解像がいい訳でもなかったんですが。

発売から使っていますが非常に解像力が高く、滑らかなボケ味、T*ならではのコントラストの高い色ノリを持った素晴らしいレンズです。このレビューではボケの評価軸が玉ボケに寄っていますのでイマイチな評価となっていますが、玉ボケというのは一種の特殊なボケであって通常のボケ味に関しては問題ありません。

最大の弱点は逆光体制で、強い逆光で太陽がフレームに入るような場合、多くの場合でとんでもないゴーストが出ます。片手でハレ切りなどすれば大抵の場合解決しますが、いまのところこれだけ逆光に弱いレンズは使ったことがないです。

F1.4としては小型軽量なレンズだなと思っていました。
玉ボケが玉ねぎボケになることはわかりましたが、コメントにもあるとおり通常のボケ自体は悪くないように思いました。

周辺光量がとんでもなく落ちますが、それが便利で人物撮りに重宝しています。
描写も慣れるとポートレートでは強力な武器になります。
ただこの性能で何故こんなに大きくなったのか疑問ですが笑

AF速度よりもMFのし難さやすぐ動いてしまう最低な絞りリングの方が大きな欠点だと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2017年12月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「dpreviewの画質比較ツールにパナソニックG9のデータが追加」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-H1のスケッチ画」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る