コシナが「NOKTON classic 35mm F1.4 E-mount」を正式発表

コシナが、フォクトレンダーブランドのEマウント用の広角単焦点レンズ「NOKTON Classic 35mm F1.4 E-mount」を正式発表しました。

フォクトレンダー「NOKTON classic 35mm F1.4」にEマウント版 (デジカメWatch)

  • 株式会社コシナは、フォクトレンダーブランドのEマウントレンズ「NOKTON classic 35mm F1.4 E-mount」を2018年2月に発売する。希望小売価格は税別8万5,000円。
  • 2008年にVMマウントで登場した同名レンズの描写傾向を継承しつつ、ソニーEマウントカメラのイメージセンサーに向けて光学設計を最適化した製品。
  • Eマウント版は電子接点を備えており、レンズ情報をExifデータに付与したり、対応カメラボディでは5軸ボディ内手ブレ補正も利用可能。最短撮影距離も30cmと、距離計連動のVMマウント版より短くしている。
  • 35mm F1.4はフォクトレンダーの"classic"シリーズとして「古典的なレンズ構成を最新技術で再構成する」というコンセプトを持つ。球面レンズのみで構成され、また意図的に球面収差を残すことで描写性の向上を目指した。絞り込んだ時に起こる焦点移動は、既存のVMマウント版より抑えたという。

nokton_classic_35mmf14_003.jpg

先日の情報通り、Eマウント版のNOKTON Classic 35mm F1.4 が正式発表されました。VMマウント版からは、電子接点が追加されただけでなく、最短撮影距離が短くなり、フォーカスシフトが抑えられているなど、光学系も改善されているようですね。なお、価格は最安値で75,330円(税込)となっています。

2017年12月19日 | コメント(10)

コメント(10)

対照的な構造なんですね
ミラーレスだからできる構成なのかな?

その恩恵なのか軽いですし最新のレトロレンズ、ぜひXにも・・・

是非Xシリーズにも

小型で欲しくなります!いま、α7にニコンのai35mm f1.4をアダプター経由でつけているので、レンズ長が長いし、さらに重いしで、困ってました。

フォーカスシフトも抑えられていたら、あとは開放の描写(特に最短距離)を確認してから、導入したいものです。発表されたときは、開放1.2の方が良かったのですが、お値段もお手頃なので、どうにかなりそうです。

いいなぁ。Exif情報が残る新品のオールドレンズって感じかなぁ。コシナさんいい仕事しますね。こういう個性的なレンズをサブで使いたい。

マニュアルの実絞りレンズだから、焦点移動はあまり影響無いと思いますが、気になるものでしょうか。

α7系でノクトン40mm1.4VM,50mm1.1使ってます。Eマウント版40mm1.2に乗り換える気満々で、店頭で触ったところ、しっかりこずに買えずじまい。並んでいたアポランザーが非常に纏まっていたので、結構大きかったですね。

ほかのミラーレスに付けてみて思うのは、α7系とVMレンズのセンサーフィルター周りの相性がそんなに良くないなと。最適化してくれるだけで、随分印象変わるんだろうなとは思ってきました。

40mmの解像度はかなり上がってましたが、そのせいでかえってアラが目立つ感じをうけました。写りで選ぶならコシナツァイスにすればいいし、自分が好んでノクトンを複数つかっているのって、そういうことじゃないんだなと思い知りました。
アラのバランスみたいな情緒っぽい話になってしまう。性能関係ないけど、VM版を初代α7に付けた時の、スタイリングの良さも捨てがたいし。

Nokton35mmのα版、50mmF1.1に近い品位だったら是非買い換えたいです。でもそういう期待は、ちょっと難しいかなあ。

どこのメーカーも手を出さないレンズの味にこだわったレンズですね。VM-mountoよりソニーα7に合った物なので、きっと内面反射等が改善されていると思います。VMのカッコよさも捨てがたいですが、実利を取るならば専用レンズでしょうね。写りも違うようならテストしてみたいです。今後の製品にも期待したいですね。より一層写真の写りにこだわったレンズの開発を望みます。

一連のEマウントレンズからすると、意外と軽いですね。
個人的には、これかなり前向きな材料です。

60/2、40/1.2を購入したので、35/1.4はパスですが、それにしてもコシナのEマウント攻勢は積極的ですね。次は28mmや21mmの1.4〜1.8のレンズを出して貰えないですかね。期待しています。

安達ロベルトさんがこのレンズを使用した、ルポ記事が出ていますね。
企画意図さえぼんやりした印象なのは、もろもろハマらなかったのかな。

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/nokton/1100825.html


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2017年12月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 7D Mark III は2018年の夏までに発表?」です。

次のブログ記事は「ニコンはCESで記者会見を予定していない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る