富士フイルムのX-T2などの現行機にもETERNAが追加されることを確認?

Fuji Rumors に、富士フイルムX-H1の新しいフィルムシミュレーション「ETERNA」の他機種への追加に関する噂の続報が掲載されています。

Fujifilm Kaizen Update Will Bring Fujifilm X-H1 Film Simulation ETERNA to X-T2 & Co

  • X-H1に「Eterna」という名称の新しいフィルムシミュレーションが搭載されることは既に述べた。そして、X-H1にはX-T2と同じ画像処理エンジン(X Processor Pro)がされるので、恐らく、EternaがX Processor Proを採用している以前のカメラにも、ファームウェアのアップデートで適用されるとも述べた。

    私は、これが本当に実現すると聞いている。おそらくX-H1の登場からすぐにではないが、富士フイルムは(Eternaを追加する)ファームウェアのアップデートを計画している。

    全てのX Processor Pro搭載機にEternaが追加されるか、さもなければ一部の機種だけになるのかは、分からない。

 

これはX-T2などの現行機のユーザーには嬉しい情報ですね。X-T2だけでなく、X-Pro2、X-T20、X-E3などのX Processor採用機にもEternaを追加して欲しいところです。

2017年12月 9日 | コメント(2)

コメント(2)

映画フィルム用のETERNAを使ったことのある人は少ないと思うのですがどんな特性なんでしょうね?
動画用ということで、全フィルムシミュレーションの中で1番ダイナミックレンジが広くて、白飛び黒潰れ耐性がある、という感じでしょうか。
x-pro2もファームアップで4K撮れるようになるみたいなので、是非とも試してみたい!

今は記録用で白黒のETERNA-RDSしか生産してないみたいですが、かつてはカラーネガもあったようなので、そちらの風合いかもしれません。
カラーの方は「粒状感が高くディテールが良く出て階調と色と暗部の再現性に優れる」と聞いたことがあるので、「ACROSのカラー版みたいなフィルムシミュレーション?」なのかなと想像しています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2017年12月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが期間限定で旧製品のカメラとレンズのメンテナンスサービスを開始」です。

次のブログ記事は「2017年にFlickrで使用されたデバイスでは一眼レフが増加」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る