2018年の登場が噂されているソニーとサードパーティーのEマウントレンズ

SonyAlphaRumors に、今年の登場が噂されているソニーとサードパーティーのEマウントレンズのまとめが掲載されています。

The lenses we know are coming in 2018 and the lenses we might see coming

  • 2018年には、非常に多くの新しいレンズが登場する。以下は、登場が噂されているレンズのまとめだ。
  • 2018年のリリースを100%確信しているレンズ
    - ソニーFE400mm F2.8 GM OSS
    - ツァイス25mm F2.4 FE
    - LAOWA 9mm F2.8 APS-C Eマウントレンズ
  • 2018年に発表されるかもしれないと噂されているレンズ
    - ソニーFE135mm F1.8(可能性は80%)
    - ソニー20mm F2.8(可能性は50%)
    - ソニー18-55mm F2.8 APS-C Eマウント(可能性は50%)
    - ソニーFE200-600mm(可能性は30%)
    - シグマ35mm F1.4 Art FE(可能性は80%)
    - 更なるシグマのARTシリーズの単焦点レンズ。14mm・21mm・50mm・135mmのうちの1本か2本(可能性は80%)
    - トキナーの超広角のAFのFEレンズ(可能性は90%)
    - トキナーの大口径のAFのFEレンズ(可能性は90%)
    - トキナーのAFのFE標準ズーム(可能性は90%だが、2019年初頭になるかもしれない)
    - ツァイスBatisシリーズの単焦点レンズ(35mmから50mmの間)
    - サムヤンのAFレンズ群(焦点距離は不透明だが、100mmか135mmの単焦点とズームのようだ)

 

噂が的中すれば、今年はかなりの数のFEレンズが登場することになりますね。ツァイスとサムヤンに続いて、シグマとトキナーもFEのAFレンズを出すようなので、サードパーティー製のAFレンズの選択肢もかなり増えそうです。なお上記のツァイスの25mm F2.4は、これまでの噂によると、MFレンズのLoxiaのようです。

2018年1月 5日 | コメント(11)

コメント(11)

トキナーが楽しみだな〜
手頃な値段でお願いします。

135/1.8を期待します。画質はもちろんですが、でも軽くして欲しい。

トキナーのAFモデルですか!? 
トキナーといえば画質や品質が
有名で作例などで拝見する画像も非常に味のある描写なので
好感を持っていたもののMF専用のイメージがあり
私のような初心物には中々手が出せませんでした。
ですのでこれは楽しみ!楽しみです!!。

メーカー関わらず手頃な値段の2.8通しズームが欲しいですねー
選択肢が現状でGMのみというのは懐に優しくないので
写りそこそこの軽量ズームが出たら飛びつきます

サードパーティが充実してくれば廉価品はそっちに任せて、純正は大きさ、価格にとらわれず画質を追求したレンズをどんどんリリースして欲しいです。

昔あった400/5.6みたいな、単焦点で軽量な400mmが欲しい。
需要は少ないだろうが…

ツァイスBatisシリーズの単焦点レンズ、出る可能性は他より低いのでしょうか。
ソニーにマウント替えしてから、従来よりも小型軽量なレンズが魅力的に思えています。ツァイスの単焦点には期待してしまいますね。

200-600mmが来たら魅力的です。
サードパーティーも豊富で隙がなくなってきましたね。

サードパーティレンズも一気に充実しそうですね
シグマの18-35mmF1.8DCや50-100mmF1.8のようなレンズの登場にも期待しています
あとはE16-70mmF4ZAなどのカールツァイスレンズに代わるレンズを今のソニーの技術でGレンズか無印等で出して欲しいですね

FE135mm F1.8はほぼ発売されると思っていいとして、FE24mm F1.4の噂が全く出てこないのが残念です。

星景には必須レンズなんですがね・・・。

ソニーさんには35mm F1.8を出して頂きたい。
85mm F1.8とセットで使いたいな。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年1月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Samyangが間もなくEFマウント用のAFレンズ「AF 14/2.8 EF」を発表?」です。

次のブログ記事は「ソニーが海外で「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る