キヤノンEF85mm F1.4L ISは EF85mm F1.2L II と較べて解像力が大幅に改善

Lensrentalsに、キヤノンEF85mm F1.4L ISとライバルの85mmレンズとの解像力の比較レビューが掲載されています。

MTF Testing the Canon 85mm f/1.4 L IS

  • EF85mm F1.4L ISのMTFのテストは、いつもと同様に10本のレンズで行っている。このレンズのMTFは良好だが、開放では際立って良好というわけではない。中央から離れても素晴らしい解像力を維持しているが、画面の外側1/4の範囲で少し非点収差が見られる。
  • EF85mm F1.2L II との(開放時の)比較では、EF85mm F1.4L IS はMTFが大幅に改善されている(85mm F1.2L II は、F1.4に絞ってもそれほど良くならない)。F2.8同士の比較では、85mm 1.2L II もシャープになり始めるが、それでもなお85mm 1.4L ISの方が中央も周辺部もシャープだ。

ef85f12_ef85f14Lis_comp_mtf_001.jpg

  • EF85mm F1.4L II は、現在、解像力チャンピオンであるシグマ85mm F1.4 Art には、中央の解像力でも周辺部の解像力でも及ばない。

sig85f14art_ef85f14is_mtf_003.jpg

  • しかし、キヤノンEF85mm F1.4L IS はとても良好な性能で、いずれも素晴らしいレンズだと言われているソニーのFE85mm F1.4 GM とニコン85mm f/1.4Gと較べて、対等以上の性能だ。

sony85f14gm_canon85f14_mtf_001.jpg

nikon85f14g_canon85f14_mtf_001.jpg

  • EF85mm F1.8との(開放時の)比較では、中央は85mm F1.8もしっかりとした性能だが、画面の外側1/3では、EF85mm F1.4L ISに引き離されている。EF85mm F1.8が一番シャープになるF4に絞っても、EF85mm F1.4L ISのF2.8の方が中央も隅もずっと優れている。

canon85f18_canon85f14_mtf_001.jpg

  • タムロン85mm F1.8 VCとの比較では、タムロンのF1.8(開放)とキヤノンのF1.4(開放)の解像力がほとんど互角だ。

tam85f18vc_canon85f14_mtf_001.jpg

  • EF85mm F1.4L IS は、個体差による性能のばらつきが非常に少ないレンズで、シグマ、ニコン、ソニーの85mm F1.4と比較して、キヤノンが最もばらつきが少ない。ばらつきの大きさ表すバリアンスナンバーは、ツァイスMilvusが29、キヤノン(F1.4L)が31、ツァイスOtusが32、シグマArtが40、ニコン(f/1.4G)が35、ソニー(F1.4GM)が61、タムロン(F1.8VC)が47、キヤノン(F1.8)が65。
  • EF85mm F1.4L IS は、最高のMTFを追求するよりも、暗所での撮影を含む可能な限り多くの状況で良い結果を得ることを目標に設計されたレンズだ(解像力はシグマArtとツァイスOtusの85mm方が若干高い)。このレンズは非常にシャープで、AFも極めて速く正確だ。このレンズはどのような状況でも上手くこなし、特に暗い状況に極めて強い、用途の広い85mmレンズだ。

 

キヤノンのEF85mm F1.4L IS は、解像力ではシグマの85mm F1.4 Artには及びませんが、ソニーやニコンの85mm F1.4には優っており、ISを搭載しながらかなりの高解像力を実現しているという印象です。個体ごとの性能のばらつきの少なさも、ツァイスと並んでトップクラスのようですね。

2018年1月 6日 | コメント(8)

コメント(8)

最近のレンズ性能はどこも似たり寄ったりの性能になったと思います。
数値に現れないボケやレンズの味はどうなんでしょうかね。
以前、キヤノンの方に聞いた際にはボケのキレイさとレンズの味よりも解像度を重視してるって聞きましたがこのレンズはどうなんでしょうかね。

他のスレにもコメントしましたが、これでポトレ撮ってます。ポトレは解像力よりぼけ味とか雰囲気だと思います。もちろんある程度の今時のレンズらしい解像力は必要なので、このレンズは私が希望する全ての要件を満たしています。
シグマは解像力がありすぎかな。安くて良いレンズだとは思うけど。
当面EF85mm1.4をポトレの主力でいきます。そんなレンズです。

EF85mmF1.4L ISは良いレンズですね。
製造業勤務で設計部門と製造部門を経験した物にとって
バラツキを少なく作るのは極めて大変だということが分かります
またコスト高に繋がります。
このレンズについてキヤノンはツァイス並の品質管理であると
みて良いのかなと思います。
またバラツキが少ないと言うことはアタリダマ、ハズレダマが
ないとうことで、ユーザーを裏切りません。
これは素晴らしいことです。

カメラの高画素化に伴ってレンズは解像度を重視する潮流ですが、喜寿さんの仰る通り似たり寄ったりなレンズ市場にあっては、もしかするとユーザーからはボケや収差などの「味」を重視する声が大きくなってくるかもしれません。
解像力は今やシグマを筆頭にサードパーティーが名を上げるようになったので、キヤノン他純正レンズにはそのメーカーの味を活かせるラインナップになってもらえたら個人的には凄く楽しみです。
スポーツでも安定して撮れるAF速度の味のあるレンズ、良いと思います。
もしキヤノンがいずれ「味」重視のレンズを出すつもりなら、この85/1.4は極力純正で揃えたい層への布石として中々うまい落とし所のレンズなのかもしれません。

良い結果ですねぇ、ホスィ
ぼけの評判はF1.2のほうが良いみたいですけど、AFは比較にならないので自分はF1.4のほうが欲しいです

しかしソニーの性能ばらつき酷いですね…、値段高いのに

F1.4クラスで今の所、唯一無二のブレ補正レンズとして、立派な内容と思います。ブレ防止は当然として、正確なピント合わせにブレ補正はかなり大きな武器となりますね。
他のレポートでは「ボケも美しい」とあったので、ボケ味と高解像度を両立させた85ミリと言えそうです。解像度については「DLO」を使えば更に良くなるのかもしれないですし
個人的には、ブレ補正や画質以外に「防滴防塵」「滑らかなフォーカスリング」「距離目盛りがちゃんとある」「ブレ補正付きの割に小型軽量」そして「バラツキが少ない」点が魅力です。
ポートレートはもちろん、暗所でのスナップに威力を発揮しそうですね。
もう一方の唯一無二、1.2Lの方もブレ補正の有無はともかく、改良を期待してます。

キヤノンの狙い通りの結果だと思います。解像力と手振れ補正などを高次元でよくまとめたオールラウンドなレンズだと思いますし、必要な方は手に入れて損はしないでしょう。

解像力の数値と実写の印象はまた違いますからねえ。結局は何を撮ってどんな描写を好むのか人それぞれでしょう。1.2Lの魅力に憑りつかれてしまった人は多いと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年1月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックDC-GH5Sの鮮明な画像」です。

次のブログ記事は「シグマ「16mm F1.4 DC DN Contemporary」のAPS-C機による実写サンプル画像 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る