キヤノンG7 X Mark III のリーク画像

Photo Rumors に、キヤノンG7 X Mark III の3枚のリーク画像が掲載されています。

Leaked pictures of the upcoming Canon G7X Mark III camera

  • 近日中に登場するキヤノンG7 X Mark III の最初のリーク画像を受け取った。それ以外の情報は無いが、公式発表は3月に開催されるCP+で行われるだろう。

cano_g7xmarkIII_001.jpg

cano_g7xmarkIII_002.jpg

cano_g7xmarkIII_003.jpg

G7 X Mark III はMark II からかなり大きくデザインが変更されていて、操作系も旧機種とは全く別物になっているようです。Canon Rumorsは「G7 X Mark III のリーク画像は、キヤノンとしては、デザイン哲学の変更が少々大きすぎるので、信憑性を確認しているところだ」と述べていますが、果たして本物なのでしょうかね。

なお、画像からは、このカメラが4K50Pの動画に対応していることや、レンズがIS付きで換算24-100mm F1.8-2.8(センサーが1インチの場合)、ホットシューが搭載されている ことなどが見て取れます。

2018年1月20日 | コメント(30)

コメント(30)

なかなかカッコ良いと思う。
特に液晶のフレーム部分が細くなっていてスッキリしている。
液晶もそろそろ3インチに拘らず大型化して欲しい。

iphoneのようなスタイリッシュなデザインですね。
以前の野暮ったいデザインも好きですが、こちらも良いと思います。

露出補正ダイヤルがあったので,G7X2を購入し,満足しています。
このMark IIIには,露出補正ダイヤルが見当たらないので,メニューから補正しなくてはならないのでしょうか。
露出補正を頻繁にするので,是非ダイヤル式にしてほしい。

デザインコンシャスなカメラですね。
シンプルな背面も好感がもてます。
欲しくなりました。
背面モニター、少し大きく見えますね。

スマートフォンでしか写真を撮らない層に使ってもらうは、極力タッチパネルへ操作を集約して、物理キーを減らすのが一番だと思いますので、これは非常に良い方向だと思います。

タッチパネルのユーザーインターフェースも、最新のスマートフォンアプリに準拠したデザインと滑らかなアニメーションを持たせれば、取説を読む間でもなく、同じ操作感覚で使ってもらえるでしょう。

何よりせっかく新しいカメラを買ったのに、メニュー画面に行くとガラケーやカーナビのようなカクカクした動きをされては、一抹の寂しが漂うかと思います。

動画用及びスナップ用サブカメラとして興味あります。
G7 X Mark IIは外部マイク入力端子が無いので、検討対象になりませんでしたが、このMark IIIの画像ではMICらしき文字が左側カバーに見えますので、期待大です。

キヤノンのコンデジもやっと4K動画対応になるようですね。
記念撮影ではセルフタイマーやスマホから操作するよりも、4K動画で撮影して、あとから良いのを静止画で切り出す事が多くなりました。
正式発表が待たれますが、4K動画が載っているなら絶対ポチります。

ホットシューやマイク端子まであるとか夢のようですが、あまりにも出来過ぎで、フェイクのような気がします。
このまま出たら普段用に買っちゃいますね。

ホットシューが付いてたり案外本格的ですね。
レンズやセンサーはキャリーオーバーでしょうか。

デザインは素晴らしいです。
モードダイヤルがないのに、シャッタースピードや露出補正の専用ダイヤルは無いのでしょうか(フジX-T2やパナLX100参考)

私は露出補正ダイヤルは要らない派なので、無くなったのは嬉しいです。
やっとコントロールリングで露出補正が可能になるのでしょうか。
同じく露出補正ダイヤル無しのG5Xもお願いしたいです。

4k 50p で 60分。

サイズからの放熱など考えても
キャノンのコンデジでは信じられませんが。

初代を使っていますが、ホットシューがついて薄く見えるということは、かなり大きくなっているみたいですね。
右側にストラップホールがないのかな…やっぱりフェイクっぽい?

50Pということは60Pもいけるんでしょうか
GH5よりローリングシャッター歪みが少ないなら欲しいかも

液晶が可動式になるのは嬉しいが、人混みで人の頭越しに撮影するときのために、写真とは反対方向へ回転して欲しいのだが、どうなるのだろうか。

誤って触れてしまいそうなところに削除ボタンがあるのは少し気になりますね。カーブになっている部分に飛び出すように配置されてるように見えますが鞄の中でも接触しそうじゃないですか…?

モダンなデザインでいいと思います。刻印のない軍艦部の大型ジョブダイヤルもシンプルで操作性も良さそうです。
これまで無骨で道具然としたデザインも好きでしたが、狭額タイプの液晶と相まってこういったフラットなデザインもいいですね。

なかなかかっこいい。ホットシューを使うときは一度液晶を動かさないといけないようなデザインですね。

なんとなくCGに見えるのは気のせいでしょうか?
実機を元にしたCGなのかもしれませんが・・・

再生画像の角が丸い事が気になります。
私はフェイクだと思います。

デザインも良さげでコンパクトですし、普段使いに重宝しそうですね。一点、ストラップ穴が左上のみのようですが、片側の場合は通常右側のような気がするのですがどうなんでしょう?右上のダイヤルのせいかな?

>yhilaさん

液晶はG7 X Mark IIですでに上下チルト式なので、Mark IIIで下に動かなくなることはないのでは

操作系がタッチパネル中心になるのは、時代の流れとして仕方がないと思いますが、純正のウォータープルーフケースを出してほしいです。

もし本物ならコンデジの決定版になりそうな洗練されたデザインですね。皆さん言われてますがあまりにも洗練されているので、フェイクを疑ってしまうほどです。

オシャレなデザインですね。触ったら欲しくなっちゃうかも。

丸みを帯びたボディに、液晶モニターにはテーバーが施されていて、洗練されたデザインですね。操作系のボタンやダイヤルが、かなりシンプルになっていますが、タッチパネルとの組み合わせでマルチダイヤルで操作できるし、スマホに慣れたユーザーには、この方が便利な気がします。本当に、このデザインで4K対応していてホットシューとマイク端子がつくなら、迷わず買ってしまいそう。

taronさんが言われているように、洗練されすぎでフェイクぽいですから、実機が発表されたらガッカリとならないことを願ってます。

他サイトでも分析がありますが、フェイクを疑う不審な点もあります。
★powershotという文字が本体に印字されていない。
★PASM等モード変更ダイヤルの文字は?
★フォントやアイコンがキヤノンのものと異なる。
★写真機なのに4Kで残り録画時間が120分と表記されている。つまり、30分の録画制限を解除し(キヤノンではなかなか無い)、なおかつ、キヤノンの業務動画機 C200の4K動画記録時間よりも長いSDカード記録時間を持っている。(C200はSDカードへのUHD内部記録の場合、YCbCr 4:2:0 8bitで150MbpsのLongGOP方式であり、内部記録最大時間は、SDカードの最大対応容量が128GBで、最大記録時間は110分)

結論として、キヤノンは4Kをいつか載せてくることは間違いないでしょうが、現段階では早すぎるかと。まだcanonの4k動画はお高い機種を買って初めてついてくる機能ですし、いつも通りユーザーを落胆させそうな気がします。仮に4K動画がついても、motionjpegで4Kフォト切り出しとかになりそうな気がします。

再生ボタンなどがエッジのカーブからはみ出ていますから、フェイクの様な気がします。ディスプレイが畳んでも出っ張っているのありそうにないし、カメラの丸いエッジとディスプレイ整合性がとれてない気がします。huiさんの書かれてるいるように、ディスプレイ表示のエッジが丸いのは、カメラとしてはないですよね。ロゴなども、今っぽい細いフォントで、キャノンは使いそうにないです。
ディスプレイに表示された文字も、表示の大きさ選べるのかも知れないけど、小さ過ぎる気がします。要は、キャノンは、ここまで冒険しないのではないかと思います。
新鮮なデザインで、魅力的ですが、、、

フェイクと思います。このクラスならCanonのロゴはプリントではなく彫りなので、そこで分かります。あとフォントに違和感あるし、PowerShotのロゴがどこにも無いの考えにくい。あと、キヤノンは、メニューのデザインを15年位同じテイストで来ているので、こんなに大胆に変えると思えません。

このクラスのカメラでモードダイヤルも背面コントローラーホイールも廃してくるとは思えないのでフェイクのような気がしますが、G7X2後継機では無く、低価格コンデジとしてこのデザインで出せば、お洒落で売れるかもしれませんね。

それにしても4K対応を売りに新製品出すのに、録画ボタンも無いんですが、液晶メニューからモード切り替えないと動画撮れないんでしょうか・・・?

本当にこのデザインで出るなら使い勝手とか気になりますね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2018年1月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンの新しいミラーレスカメラは大物の新製品の可能性あり?」です。

次のブログ記事は「ツァイスLoxia 2.4/25 のリーク画像とスペック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る