富士フイルム「X-A5」と「XC15-45mm」の画像

軒下デジカメ情報局に、富士フイルムの新しいエントリーモデル「X-A5」と新キットレンズの「XC15-45mm」の画像が掲載されています。

富士フイルムのX-A5レンズキットの画像

  • 来週発表される富士フィルムのX-A5レンズキットの画像

fuji_x-a5+xc15-45mm_001.jpg

※画像は軒下デジカメ情報局さんから当サイトに提供していただいたものです。

新しいX-A5のデザインは、前面の画像を見る限りではX-A3とほとんど変わらないように見えますが、フォーカスモード切り替えレバーが無くなっているようですね。

新キットレンズのXC15-45mm は、パンケーキというほど薄くはありませんが、これまでのキットレンズXC16-50mmと比べるとかなり小さくなっているようです。

2018年1月26日 | コメント(14)

コメント(14)

A5、洗練されたデザインに思います。レンズもぴったりなデザインです。
やはり、山岳用によさそうですね!

確かに想像していたパンケーキレンズとは違いましたが、発表されたら、ショールームで触って、前向きに購入検討したいところです。

正直おもったより小型ではないなという印象ですが
・極端に小さくしてないので画質に期待がもてる
・この状態からW端で撮影できるなら、普通の電動ズームより起動がはやい
など高感がもてる要素は多いです

広角寄りの焦点域で3倍ズームですから大きくならざるを得ないと思います。
性能の良い広角ズームは皆大きめですし、ズーム域も2倍が限度で3倍近くまで伸ばすと必ず性能落ちますからね。

シャッターボタン周りの質感もう少し何とかならなかったのだろうか

フジAシリーズの弱点はレンズの大きさでしたから、苦手とするエントリー層にもウケそうですね。あと広角レンズに興味のある方も多いので、その辺りを武器にEOSMシリーズにぶつけて行く感じですかね。

画質をスポイルしないレンズのコンパクト化はこのあたりが限度なんでしょうね。
18mm f2の評価が芳しくなかったためかその後のf2シリーズはそこそこの大きさになりましたし、フジのレンズ=画質がよいというのはユーザーにとっても譲れない点でしょう。

パワーズームですが、レンズ側にWTのレバーが付いてるんじゃないんでしょうか?見えない側にあるのかな?

この新レンズも含めて、全体がブラックカラーの
モデルを強く希望します。

レンズ側にズームレバーが見当たりませんが、もしかして、シャッターボタン周りのレバーでコンデジのようにズーム出来るのかな? 過去のSONY NEXやPanam4/3機でも、そんなのがいくつかあったような・・

 期待してたほどにはコンパクトではなさそうですが、まあ、実際に登場してから、じっくり触ってみたいですね。

パワーズームといっても電動レバーが必ず必要ではなく、例えばパナの45-175mmのようにズームリング連動というやり方もあります。

そうですね、ズームリングでWT操作するのかもしれませんね。
前にパナのパワーズームレンズを使ったことがあるのですが、電動の動きがどうもしっくりこなくて手放したことがあります。動画にはいいんでしょうけど、このレンズもちょっと心配です。にしても15mm始まりのズームは魅力的、早く触って見たいな。

パンケーキを目指したというよりミラーレスに有利な広角側にシフトさせて、
自然に小型化できたのが15-45mmというレンジだったというようなサイズですね。
そのぶん16-50に比べても画質は犠牲になって無さそうです。

最近のスマホカメラのレンズ画角は35mm版換算21~23mm程度です。
フジのAPS-Cだと15mmは換算22.5mmなので、考え過ぎかもしれませんが、このXCレンズにはスマホ対抗の意図があるのかもしれません。

お手頃な価格で単売してほしいものです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年1月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーが「PENTAX K-1 Mark II」を準備中?」です。

次のブログ記事は「オリンパス「E-PL9」の画像と価格の情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る