富士フイルムが「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」を正式発表

富士フイルムが小型軽量のパワーズーム「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」を正式に発表しました。

フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ

  • 富士フイルムは、高画質とコンパクトボディを両立した標準ズームレンズ「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」を、2018年3月15日より発売する。希望小売価格は41500円。
  • 非球面レンズ3枚、EDレンズ2枚を含む9群10枚のレンズ構成の高度な光学設計により、高い解像性能を備えながら全長44.2mm・質量135gの小型軽量化を実現。
  • 広角端23mmではレンズ先端から5cmまでの接写が可能で、最大撮影倍率0.24倍を実現。
  • 電動ズーム機能を搭載し、快適な操作性を発揮。
  • CIPAガイドライン準拠にて3.0段分の光学式手振れ補正機能を搭載。
  • フォーカスレンズをステッピングモーターで駆動させるため、高速かつ静音なAFを実現。

 

最近話題になっていたXC15-45mmが正式発表されました。沈胴式の小型軽量のズームで、広角端が広く、寄れるので使い勝手はとてもよさそうですね。なお、XC15-45mmの店頭価格は最安値で36450円で、XC16-50mmの初値より若干高い程度のようです。

2018年1月31日 | コメント(5)

コメント(5)

光学式手振れ補正機能まで付いてしまうのですね。凄い。

X-M1用に、待ってました。
ブラック即買いです。

レンズでカメラメーカーを決めるということもあるでしょう。
フジ機を使ってみたいのに、高い単焦点か安くても換算28mmまでしかない標準ズームばかりで決断がつかなかった人(特に若いアマチュア)には、本当に朗報。

X-M1用に、待ってました。
ブラック即買いです。

沈胴式でコンパクト。少しワイド寄りの標準ズームレンズ。しかも寄れる。いいですね!フジは高感度耐性も良好とのことなのでF値も気になりませんし、型落ちのX-A1/X-M1あたりと組み合わせて使ってみたくなります。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2018年1月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンの未発表カメラ(新型Kiss?)のプロトタイプの画像」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが「X-A5」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る