シグマが「14-24mm F2.8 DG HSM Art」の発売日と価格を決定

シグマが、一眼レフ用の超広角ズーム「14-24mm F2.8 DG HSM Art」の価格と発売日を決定しています。

シグマ、大口径超広角ズーム「14-24mm F2.8 | Art」の発売日を決定(デジカメWatch)

  • 株式会社シグマは、「SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art」を3月9日に発売する。希望小売価格は税別19万円。キヤノン用、シグマ用、ニコン用をラインナップする。
  • マルチカメラ撮影向けの「フロント交換サービス」(税別2万円、送料別)は3月下旬に開始予定。
  • キヤノン用は使用するカメラボディによってカメラ内の「レンズ光学補正」機能に対応する点も特徴。

 

このレンズは、開発発表からまだ2週間ほどしか経っていませんが、早くも発売日が決定したようです。店頭価格は最安値で税込み14万8000円程度で、ニコンの14-24mm f/2.8Gよりずっと安価ですね。

2018年2月23日 | コメント(3)

コメント(3)

お〜! キヤノン補正対応は素晴らしい❗️
ボディによりって 詳しい情報がしりた!

星撮りに使いたいと思ってますが、コマ収差とか非点収差とかどうなんでしょう。

天文ファンさん
SIGMAのページにこのレンズで撮影した星景写真が作例としてありますが、コマ収差はかなりよく補正されている感じですね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年2月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トキナーが「FiRIN 20mm F2 FE AF」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ニコンが海外の認証機関に新型カメラのコードネームを登録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る