パナソニック50-200mm F2.8-4.0 O.I.S. の製品版の画像

軒下デジカメ情報局に、パナソニックの望遠ズーム「LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. 」の製品版の画像が掲載されています。

「LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S.」の画像

※画像は元記事を参照してください。

このレンズは2016年フォトキナで開発発表されたもので、開発に時間がかかっていましたが、今回、製品版の画像がリークしたので、間もなく正式発表されそうですね。

このレンズのデザインは、他のライカブランドの望遠レンズと同じ路線で、鏡筒の質感は高そうです。フィルター径は67mmのようですね。

2018年2月24日 | コメント(17)

コメント(17)

待ってました!EM1mⅡにはパナライカズーム付けてますが、120~200域不在でちょっと困ってました。5月発売あたりでしょうか?

パナライカのF2.8-4ズームは12-60も8-18もいいレンズだったからこれも期待。

待ち焦がれた50-200レンズ、やっと発売の発表に来ましたか!!

12-60がすこぶる良かったので、首を長~くして期待してました。

これで、今年の音楽会・合唱祭の業務撮影は、
GH5等のミラーレスで完全無音撮影で挑めそうです。

導入決定ですが、後は経費処理したいので、お値段が30万切って欲しいです。

待望のレンズです。
お値段は先行LEICAズームが目安となるでしょうが、20万を切ってほしいですね。

フォトキナ版と比べると、少し先端のデザインが違うみたいですし、全体的に太くなった様にも見えます。

しかり、12−60の良さを見ると、興味ありますね。
やはり10万前後でしょうか?

私もE-M1mk2に40-150mm/2.8+1.4テレコンで実質56mm-210mm/4として使っていますが、ほぼ同等のズーム域でこちらの方が広角端で明るいですね。
フィルター径も72㎜から67㎜に小さくコンパクトになっています。
実際の写りやAF、そしてオリンパス機との相性も気になるところです。
まあオリンパスで超望遠ズームが出てほしいのが本音ですが。

待ってましたって感じです。もちろん予約して買います。ところで、鏡筒はズームで伸びるんでしたったけ?35-100のようにインナーズームだと使いやすいのですが・・・無理かな?

思ったよりもコンパクトそうですね
15万くらいで連休前の四月くらいに出して欲しいです

オリンパスであれば評判の良い40-150mmF2.8や専用テレコンで換算112-420mmF4にできるので
そちらを導入検討すればいいような気もします。

12-60mmの方は暗いのでスルーしましたが、こちらは望遠レンズな分F4でも明るい部類なので期待大です。
発売が遅れた分高くなってそうで心配ですが…

このレンズに1.4テレコンは着かないのでしょうか?

はぁー、欲しいなぁ。

結婚したら趣味に掛けられるお金全然なくなりました。
結婚前に買ったE-M1mk2と
フォーサーズの50-200や他のレンズで10年位は頑張らないとなぁ~。

フォーサーズのはあんまり不満はないんですが、
よりコンパクトで軽量、AF等の基本性能は絶対良くなってるだろうしなぁ。

買える方羨ましい。

三脚座が無い仕様なんですね。出来れば座が欲しい。
12-60mm、GH5Sといい、パナには尖った製品いっぱい出して貰いたい。

これで、望遠も揃いますね。
価格は15万円前後でしょうか!?
発表が待ち遠しいですね。

おそらく20万は超えるでしょうね…
私は30万以下なら御の字と思って待ってます。

さすがに10万円前後というのは無理でしょう。
防塵防滴仕様且つ“LEICA”銘が入ることも考えれば、15万円でもバーゲンプライス。
20万円を切る辺りが妥当な価格設定かと思います。

フィルター径が67mmで100-400mmの72mmより小さい。
鏡筒の直径はたぶん同じくらいで全長はさらに短くかなり小さそうです。
値段も同じくらいで18万前後ではないかと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年2月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンスピードライト「470EX-AI」の機能の詳細」です。

次のブログ記事は「ソニーが2月26日にα7 III を発表する可能性が高まっている?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る