ソニーがGN60の電波式ワイヤレス通信対応のフラッシュ「HVL-F60RM」を正式発表

ソニーがガイドナンバー60での電波式ワイヤレス通信対応のフラッシュ「HVL-F60RM」を正式に発表しています。

最上位フラッシュ『HVL-F60RM』発売

  • ソニーは、α用のライティングシステムとして、大光量ガイドナンバー60の電波式ワイヤレス通信に対応した最上位機種のフラッシュ『HVL-F60RM』を発売する。価格は68300円(税別)、発売日は4月13日。
  • 広角20mmから望遠200mmまでの幅広い照射角度に対応しており、発光回数220回、発光間隔はフラッシュ単体で1.7秒、外部電池アダプター使用時は0.6秒です。耐熱材料を採用し、発光アルゴリズムを最適化したことにより、オーバーヒート耐性を従来機比約4倍に改善。
  • ソニー独自のクイックシフトバウンスを採用し、縦・横位置の切り替えがワンアクションで可能。
  • 光学式に加えて、安定した通信が行える電波式ワイヤレス通信機能も搭載。

sony_hvl_f60rm_020.jpg

α7 III と共に、何日か前に画像がリークしていた新型フラッシュも発表されました。電波式ワイヤレス通信への対応や、発行間隔の短縮、オーバーヒート対策など、フラッシュとしての基本的な部分が着実に進化しているという印象です。クイックシフトバウンスも引き続き採用されているようですね。

2018年2月27日 | コメント(4)

コメント(4)

背が低いからクイックシフトバウンス廃止されたのかと思ってました。あるならF60Mから買い替えたい。

クイックシフトバウンスについてはデジカメwatchで紹介されてるので大丈夫ですよ。
それにしてもこの機構、以前からあったんですね。めっちゃうらやましい。

クイックシフトバウンスは2008年からなのでもう10年になりますね
https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200807/08-0707B/

WB自動調整やクイックシフトバウンスって前のモデルからあったんですね!!
ソニークリップオンは接点が弱いと聞いていたんですがこのところの製品はどうなんでしょうかね。

外部電池アダプターって昨年買ったキャノン製品なんですが全く効果なかっので このソニー製品で使ってみたいんです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2018年2月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが「α7 III」を正式発表」です。

次のブログ記事は「シグマが「105mm F1.4 DG HSM Art」と「70mm F2.8 DG MACRO Art」の開発を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る