LAOWA「9mm F2.8 Zero-D」と「25mm F2.8 2.5-5X ULTRAMACRO」が4月上旬に発売

LAOWAの超広角単焦点と、高倍率専用のマクロレンズの国内での発売がアナウンスされています。

LAOWA、APS-Cミラーレス用の超広角レンズ「9mm F2.8 Zero-D」

  • サイトロンジャパンは、Venus Opticsの交換レンズ「LAOWA 9mm F2.8 Zero-D」を4月上旬に発売する。価格は未定。キヤノンEF-M、ソニーE、富士フイルムX用をラインナップ。
  • 最短撮影距離は12cm。フィルター径は49mm。レンズ構成は、特殊低分散レンズ3枚、ガラス非球面レンズ2枚を含む10群15枚。ディストーションを限りなくゼロに抑えた。絞り羽根は7枚。レンズ重量は215g(マウントにより異なる)。

laowa_9mmf28_020.jpg

マクロ専用MFレンズ「LAOWA 25mm F2.8 2.5-5X ULTRA MACRO」

  • サイトロンジャパンは、「LAOWA 25mm F2.8 2.5-5X ULTRA MACRO」を4月上旬に発売すると発表した。価格は未定。キヤノンEF、ソニーE、ニコンF、ペンタックスK用をラインナップ。
  • 35mmフルサイズ対応のマクロレンズ。2.5-5倍の撮影倍率を特徴とする。無限遠が出ないため通常撮影は不可。画角は10.3度。最短撮影距離は173-223.5mm。ワーキングディスタンス(40-45mm)を確保できることで、ライティングもしやすい。レンズ構成は6群8枚。絞り羽根は8枚。最小絞りはF16。重量は400g。

laowa_25mmf28_001.jpg

APS-Cミラーレス用の超広角の単焦点レンズは、ほとんど選択肢が無いので、LAOWAの9mm F2.8 は貴重な存在かもしれませんね。歪曲ゼロをうたっているので、建築物の撮影にもよさそうです。

25mm F2.8は無限遠が出ない高倍率専用のマクロレンズで、キヤノンMP-E65mm F1.8 1-5x と同じようなコンセプトのレンズのようですね。

2018年2月26日 | コメント(3)

コメント(3)

LAOWA、またまた攻めてきましたね。
対応マウントも豊富で、国内メーカーもうかうかしてられないように思います。

こういういい意味でぶっ飛んだメーカーの存在は、市場の活性化にも繋がる筈。
特にレンズのラインナップが心許ないPENTAXユーザーにとっては朗報なのではないでしょうか?

Adobeのcamera rawで一部のレンズの補正が対応になってきました。そろそろROMを付けてほしいところです。
マクロのほうは、専用リングライトでもでてくるかな?

レトロフォーカス+リバースアダプタをそのままパッケージにした様なレンズですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年2月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムはX-H1で一眼レフユーザーからの移行を期待している」です。

次のブログ記事は「ソニーの新型カメラはラスベガス時間で2月26日の午後4時に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る