シグマが3月30日のイベントの招待状を配布中

SonyAlphaRumors で、中国で配布されたシグマのイベントの招待状が紹介されています。

Sigma China invites for an E-mount event on March 30

  • 中国のシグマが、3月30日のEマウントレンズのためのイベントの招待状を配布している。このイベントで、シグマが単にCP+で展示されたFEレンズが発表されるだけなのか、さもなければ、新しいAPS-C用の50mm F1.4のEマウントレンズを発表するのかどうかは分からない。(画像はWeiboより)

sigma_invitationcard_20180330.jpg

シグマの3月30日のイベントは、CP+で発表されたFEレンズを中国で発表するためのものかもしれませんが、シグマのレンズロードマップに掲載されているAPS-CのEマウントレンズが登場する可能性もあるかもしれませんね。

このAPS-C用のレンズは、シグマのレンズロードマップでは30mmと60mmの間の焦点距離ということしか読み取れませんが、SARの言っている50mm F1.4で確定なのでしょうか。

2018年3月23日 | コメント(3)

コメント(3)

レンズのロードマップを見る限りフルサイズではないミラーレス用の50mmですね。個性的なレンズを期待しています。EF-Mにもそろそろ参入して欲しいですね。
他のレンズが発表される可能性もあるのではと思います。シグマ大三元最後の70-200mmART(or Sports)のサプライズも期待しています。

50mmか55mmか56mmか、おそらくF1.4でContemporaryだと思いますがAPS-Cでの画角に重きを置いているなら35mm判換算85mm相当の焦点距離値にしてきそうな気もしますね(EマウントにはAPS-C用の50mm F1.8 OSSが既にあるので)。

SIGMAのミラーレス用の単焦点レンズも着々と魅力的なものが出てきますね。
ドルンブルクさんが書かれているように、EF-M用も発売して欲しいです。
特に大口径広角単焦点は、SIGMAなら純正と住み分けができて魅力的な製品が出せると思うので是非お願いします。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年3月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンのフォーカシングレンズの軽量化のための特許」です。

次のブログ記事は「ニコンのデュアルピクセルの像面位相差AFの特許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る