ソニーFE24-105mm F4 G OSSの望遠端はこのクラスでは異例の高解像力

Lens Rentals に、ソニーの標準ズーム「FE24-105mm F4 G OSS」と、シグマとキヤノンの24-105mm F4 との解像力の比較テストが掲載されています。

MTF Tests of the Sony FE 24-105mm f/4 OSS

  • ソニーFE24-105mm F4は、24mmでは、中央は良好な解像力で、隅に向かって滑らかに解像力が落ちていく。非点収差(グラフの点線と破線の乖離)はかなり見られるが、ズームレンズの24mmとしては、悪くはない。
  • 70mmでは、中央は24mmほどシャープではないが、それでもなお良好で、そして隅まで良好な解像力が保たれている。24mmよりも非点収差はずっと少なくなる。
  • 105mmは少々驚きで、このレンズは24-105mmのズームでは、105mmで高い解像力を維持している初めてのレンズだ。これは他社のどの24-105mmのズームでも見られない特徴だ。私はいつも、24-105mmズームの70mm以降は、レンズを交換する時間がないときだけ使うことを推奨しているが、ソニーのこのレンズは105mmでも70mmよりも少し良好な性能だ。
  • レンズの個体ごとの性能のバラつきは、24mmでは良好だ。70mmでは少し性能差が大きくなるが、この種のレンズとしては良好だ。多くのレンズでは、105mmで最もバラつきが大きくなるが、ソニーは105mmでも引き続き均一性は良好だ。性能のバラつきは、このクラスの基準となっているキヤノン24-105mm II よりも若干少ない。

シグマ24-105mm F4 OS Artとの比較

  • 24mmでは、シグマの中央の解像力は見事で、このクラスでは最高だ。ソニーはシグマには及ばないが、それほど後れを取ってはおらず、隅ではソニーの方が若干良好だ。(左のグラフがシグマ、右がソニー)

sigma24-105_sony24-105_mtf_comp.jpg

  • 70mmでは、シグマが中央では若干良好だが、画面の中央から1/3の範囲の外側から隅にかけてはソニーが少し良好だ。

sigma24-105_sony24-105_mtf_comp70mm.jpg

  • 105mmでは、ソニーが他のどのレンズよりも良好で、これまではシグマとニコン24-120mmがベストだったが、ソニーの解像力はそれよりも優れている。

sigma24-105_sony24-105_mtf_comp105mm.jpg


キヤノン24-105mm F4L IS II との比較

  • 24mmでは、ソニーが中央も周辺部もキヤノンよりも優れている。(左のグラフがキヤノン、右がソニー)

canon24-105_sony24-105_mtf_comp24mm.jpg

  • 70mmはキヤノンが一番得意な焦点距離だが、それでもソニーの方が少し良好で、非点収差も明らかに少ない。

canon24-105_sony24-105_mtf_comp70mm.jpg

  • 105mmでは、差はそれほど大きくはなくなるが、それでもなお、ソニーはどの領域でも少し良好だ。

canon24-105_sony24-105_mtf_comp105mm.jpg

結論

  • ソニーは、とても優れた性能(私は24-105mmのズームが好きではないが、このクラスとしては相対的に優れているという意味だ)の24-105mm F4のレンズを造った。このレンズはキヤノンのEF24-105mm F4L IS II よりは明らかに良好で、少なくともシグマ24-105mm F4 Art やニコン24-120mm f/4G VRと同等の性能だ。
  • このレンズは、絞るとAFでピントを外す個体があった(これはフォーカスシフトではない)。この現象が発生しない個体もあるので、この現象が発生する個体を持っているなら修理か交換が必要だろう。

 

このクラスのズームは、望遠端に行くにしたがって解像力は落ちる一方というレンズが多いですが、ソニーの24-105mmは望遠端で再び解像力が上がるので、望遠端でも安心して使えそうですね。

シグマとの比較だと解像力では広角側ではシグマ、望遠側ではソニーがリードしていますが、全体的にはいい勝負でしょうか。キヤノンとの比較では、全域でソニーの方が高解像力のようです。

2018年3月 2日 | コメント(5)

コメント(5)

絞るとAFでピントが合わない現象は、無償修理対応ですね。

ソニー、FE 24-105mm F4 G OSSの一部でピントが合わない現象
無償修理で対応
https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1106355.html

FE 24-105mm F4 G OSS
「SEL24105G」の一部の製品における無償修理のお知らせ
https://www.sony.jp/ichigan/info/20180213.html

私も初期ロットでリコール商品に引っかかりましたが、中一日で戻ってきました。
迅速な修理作業でSONYの業務用としての運用にとても好感をもちました。
デジタル補正での画像なのでGMasterレンズに比べると劣りますが、Gレンズとしては及第点のようですのでSONYの標準ズームレンズのスタンダードとなりそうです。

>>ドルンブルクさん

おそらく、望遠側の補正が少ないため高画質になったんだと思います。広角側は湾曲なぢ色々補正量が大きいので画質が上がらないのだと思います。
それでもこの高画質が実現しているのは努力の賜物だと思います。

lensrentalsは専用の測定器でMTF測ってるから、自動補正は関係ないかと。それと、湾曲じゃなくて歪曲では? 湾曲は後処理で補正できないので。。。

結局、このレンズ買いました。解像力は確かに良いと思います。かなりの大伸ばしでも良い感じです。JPEG撮って出しでは周辺光量落ちは補正されて気になりませんが、RAWではかなりの周辺減光ですね。ここが一番の難かと。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2018年3月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーFE400mm F2.8 GM OSS のモックアップの画像」です。

次のブログ記事は「タムロンは将来フルサイズミラーレスが標準になることを見据えている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る