キヤノンは戦略を変更し、より一層ミラーレスカメラにシフトする

日経ASIAN REVIEW で、キヤノンマーケティングジャパンの坂田正弘社長のコメントが紹介されています。

Canon shifts focus from SLR to mirrorless cameras

  • ミラーレス市場の急速な拡大のため、キヤノンは戦略を変更し、より一層ミラーレスカメラにシフトする。キヤノンは一眼レフでは世界一のシェアを誇っているが、一眼レフの販売への影響を懸念して、ミラーレス市場への参入には消極的だった。
  • キヤノンはエントリーレベルのミラーレスカメラ(EOS Kiss M)を3月に発売する。キヤノンマーケティングジャパンの坂田正弘社長は、この機種はミラーレスの戦略モデルに位置付けられていると述べており、キヤノンは、子供たちの写真を撮る母親を含むファミリー層の需要を取り込みたいと考えている。
  • キヤノンの2017年のミラーレスのシェアは、国内市場では23%で、これはオリンパスに次ぐ第2位だ。キヤノンは今回の新機種(EOS Kiss M)の発売でトップシェアを目指している。キヤノンは、ミラーレスカメラの人気が急上昇していることや、ソニーなどのライバルが一眼レフを切り崩していることなどから、たとえ一眼レフとのカニバリゼーション(共食い)があったとしても、積極的に成長市場に製品を投入しなければならないと判断した。
  • 日本のレンズ交換式カメラの市場では、昨年、一眼レフの販売が10.1%減少し、一方でミラーレスは29.2%増加している。ミラーレスは、香港、台湾、シンガポールのレンズ交換式市場で半数を占めている。キヤノンは、一眼レフとミラーレスの両方を提供することで、どの地域の顧客ニーズにも応えられるよう努力していると述べている。
  • 坂田正弘社長は、キヤノンがハイエンドミラーレスカメラをリリースする可能性については「タイミングを見て検討している」と述べて、多くは語らなかった。

 

キヤノンは、今後は自社の一眼レフとの競合があったとしても、より一層ミラーレスに力を入れていくつもりのようですね。確かに、最近発表されたEOS Kiss M は、上位モデルをしのぐ性能で、かなり力が入ってるという印象です。今後のキヤノンのミラーレスシステムがどのような展開になるのか、興味深いところですね。

2018年3月 4日 | コメント(55)

コメント(55)

積極的に一眼レフを超えるミラーレスを出していくって事で良いんですかね?


フルサイズは、出し惜しみしないで出るって思っても良いかなぁ?

EOS Kiss M の投入で、EOS M シリーズが本格化しました。
このAPS-Cのミラーレス戦略は正解でしたね。
今後、フルサイズの登場もあるでしょう。

ニコンはセンサーサイズを間違って失敗しましたから、フルサイズミラーレスで巻き返しを図るでしょうが、やはりAPS-C系も、必要となるでしょう。

結局、レフ機と同様に、フォーサーズ、APS-C、フルサイズと並立し、ミラーレスの戦いが本格化していきます。

今は、ミラーレスでは、オリンパスがトップで、画質・反応・レンズのどれをとっても一歩リードしていますが、これからは予断を許しません。
見ているほうは、実に楽しみです。カメラ天国、日本に生まれて良かったです

こうなる事は十分予想できましたが、先発のオリやパナはここんとこ高級路線ばかり気にしてて、キヤノンがシェアを「刈り取りに来る」可能性を考えてなかったのかってぐらいエントリー向け機種の力が入っていません。
ライト系のMFTユーザーとしては残念ですけど、このまま行けば2年後には立場が逆転してるだろうと思います。

キヤノンはまずシェアありきですがどの会社でもできる戦略ではなく、
体力勝負は避けてシェアより利益を優先する会社もあるでしょう。
現状ではエントリー機が利益や将来につながるとは限らないのですから。
とはいえキヤノンらしい横綱相撲で市場をより活性化してほしいですね。

>ハイエンドミラーレスカメラをリリースする可能性については「タイミングを見て検討している」と述べて、

う~ん、やはり難しい状況なのでしょうか?
いまだ見当段階だとこれはまだまだ先になりそうな・・・
しかし、ここでミラーレスカメラにシフトしてくという戦略の見直しが明確になったのはよかったと思います。

結果論ですがこの判断は3年は遅かったと思います。それでもまだ巻き返せそうなのがキヤノンの凄いところですが。
ニコン共々ミラーレスへの本格参入が始まれば面白いことになるでしょうね。10年、いや5年後にこの業界がどうなっているかとても楽しみです。

キヤノンというカメラ界の巨人を刺激したのはSONYでしょう。
むしろオリンパスやパナは巻き添えを食った形で、その動きを察知したからこそ堅実な高級路線を拡充した可能性もあるように思えます。ブームでもなんでもなく、なんとなくでシェアを掻っ攫えるぐらいのブランド力がキヤノンにはありますからね。キヤノンのビジョンとしてはkiss Mでミラーレスシェア一位というネームバリューを得て出遅れの印象を払拭し、No.1メーカーとして満を持してフルサイズミラーレスを投入という感じでしょうか。

ようやく戦略変更、ニーズの波に乗れているのだろうかと、心配すら感じます。
願わくは、ニーズの高まりを確認してシフトするのではなく、ニーズを作り出す、そういう世界のキャノンであってほしいです。

ようやく公式に力を入れ始めたんですね。
これまでレフ機に遠慮しながらシェア2位を獲ってしまうキヤノンですから、シェアはトップを取れそうですね。
ただプロの道具としてソニーに追いつけるのか?はどうでしょう。
ソニーの攻め方が尋常じゃないので、尻に火がついたんでしょうね。
開発する方は大変でしょうけど、使う側としてはこういう競争はありがたいものです。

やっぱりソニーが強いですよね
これ以上キヤノン一眼ユーザー持って行かれない為にもさっさとフルサイズEFミラーレスを出すべきだと思います
このkissをフルサイズEFマウントにするだけでもそんなに悪くないと思うんですけどね

>ハイエンドミラーレスカメラをリリースする可能性については「タイミングを見て検討している」
ということは、「やっています。もう少ししたら出します」っていうことですよ。多分、フルサイズの前にAPS-Cでのハイエンドで来ると思います。

キャノンもフルサイズとなると、問題なのはレンズですね。ミラーレス用の新マウントレンズがどれだけ揃えられるかです。既存レンズも使えるようにはするはずですが、フランジバックの距離が違うのでやはり専用レンズが必要です。

ソニーもFEマウントでは最初は苦労しましたが、その躍進をみて最近はサードパーティーが雪崩を打って供給を始めました。MFT陣営は最初からマウントは決まっていますし、富士はAPS-Cと中判でソニーの主力のフルサイズは避けています。キャノンはセンサーを自給出来ますが、ニコン、ペンタックスは苦しいですね。常に最新のセンサーはソニーが優先使用しますから。

これはEF-Mマウントに注力するということなのでしょうか。
それともフルサイズはEFマウントのままAPS-CはEF-Mでミラーレスは展開していくのか、新マウントを出すなら検討ではなく今年中が期限のように思いますがKiss Mの反響次第といったところでしょうか。
イノベーションのジレンマで判断を見誤らないことを願います。

> 一眼レフの販売への影響を懸念して、ミラーレス市場への参入には消極的だった。

この発言どおりだとすると、大きな方向転換て、やはりなかなかできないものなんですね。

外野から見ていれば(ハイテク技術が進化し、カメラに限らず多くの機器は)可動部を無くす方向に転換していくのが、はっきり見えていたわけです。私の周囲では「一眼レフは無くなるよ」という話をミラーレス登場時からしていました。責任の無い立場だから、自由に考えることができた・言えたわけですが。

さて、多くの一般ユーザーにしてみれば、一眼レフもミラーレスも関係ありません。「ボディの真ん中(ペンタプリズム)付近が上にふくらんでるのが、本格的カメラ」くらいの認識しか、ありません。

キヤノンがKissのマーケティング的強みを活かして、「上にふくらんでいるカメラ」で、ミラーレスの本格展開を開始するのは、正解でしょう。
しかし、すでに取り返せないくらいSONYがハイアマ&プロ市場の占有基盤を築いてしまったのではないか?という気もします。

また、ソニーが「上にふくらんでいるカメラ」でAPS-C入門機を出してカメラ初心者やパパママ層をを取り込むのも作戦のひとつだと思いますが、出すかな? 出さないかな?

膨大なレンズ資産を持つキヤノンがフルサイズミラーレス専用のマウントを新規に起こすのでしょうか。
マウントアダプタ前提、あるいはゲタを履かせただけの専用レンズでは魅力が薄いです。
EF-Mマウントがフルサイズ対応できるように設計していれば全く状況が変わっていたのですが。
キヤノンにとって最大の戦略ミスはミラーレスをエントリー向けと侮ってEF-MをAPS-C専用に設計したことだと思います。

キヤノンはAPS-CのDPCMOSセンサーを安く出来る目処が
ついたのでミラーレスへのシフトを決断したと思います。
フルサイズは5DmkⅣのセンサーを使えば出来るはずですが、
歩留まりの関係からかフルサイズのDPCMOSセンサーはかなり
高額になってしまうようで5DmkⅣなど当初40万を超える
価格になった原因の一つはセンサーのコストのようです。
ただフルサイズでミラーレスを出せる基幹技術はあるので
コストの問題が解決すれば、いつでも出せると思います。
今後、他社もよそでまねの出来ない基幹技術を開発して
欲しいですね。
カメラも白物家電の二の舞になってしまいそうです。
乱暴な言い方ですがレンズや画像処理エンジン、AF等のROMなど
そっくりコピーして性能に影響が出ない程度に少し変更して
しまえば良いわけですから。

EF-Mマウントはフルサイズでも使えるんでしょうか?

少なくともEF-Mとほぼ同じ大きさ、ほぼ同じフランジバックのEマウントはフルサイズ出来てますね

Nikonも今年中にミラーレス投入するみたいですし、主戦場のミラーレスへのシフトが見られそうですね

プロ、ハイアマチュア市場と家庭向け市場は戦略が異なると思いますがどのようになるのでしょうか

EF-Mにフルサイズセンサーを入れる事だけは止めて欲しいです
過去にインタビューでも写りで否定的な発言をしてますし、新マウントでじっくり攻めて欲しい。

シェア2位ですか。
言い方は悪いですが…レンズよりボディの方が遥かに多い、
初代Mから5年以上経つのにレンズの選択肢が殆ど無い規格でシェア2位とは…
やはりカメラはブランド信仰と言いますか、知名度って大事なのだなぁと再認識しました。
勿論この結果を見てレンズの拡充を始めるのでしょうが…
キヤノンの本気、期待しています。

今後kissシリーズをミラーレス化していくのなら、キヤノンのミラーレスのシェアは50%にはなりそうですね
他社は高級路線で横並びだったのが、抜本的な戦略変更を迫られるかもしれません

あのレンズのラインナップでシェア2位とは驚きですね
てっきりソニーの方が上だと思ってました
初代M3M5と使ってますが、本当にサブ機の域を出ません
もっと本格的なの出ないかな

遂にキヤノンも本腰を入れる気になったようですね。

でもAPS-Cミラーレス機でシェア1位を獲得しちゃった日にはフルサイズミラーレス機を出すタイミングがより先延ばしになるでしょうね。

そうなるとその間にソニー、ニコンがフルサイズミラーレス機の完成度を上げ、ユーザーを多く獲得し、長い目で見るとあの時フルサイズミラーレス機を出しておけばよかった・・・
ときっと後悔するのではないでしょうか。

てなわけで、早くプロをも納得させられるフルサイズミラーレス機を先にドン!っと出しておいて、その後にハイアマ用のフルサイズ&APS-Cミラーレスを出すってのはどうでしょう。

マウント内径でこう並べて書くと、47mmの内径があればフルフレームいけるように思えてくるのですが…

72mm ペンタックス645
65mm 富士フイルムG
54mm キヤノンEF
50mm ソニーA(ミノルタα)
47mm キヤノンEF M
46mm ソニーE
45mm ペンタックスK
44mm ニコンF
43.9mm ライカM

これは、今後が期待できる発表
ある意味、ミラーレスの未来がちゃんと見えるようになった事と技術が成熟してきたので本腰を入れてくるって事なんでしょうね

記事の中の『キヤノンがハイエンドミラーレスカメラをリリースする可能性については「タイミングを見て検討している」』ってのは、エントリーユーザー層の入門としては現状のレンズラインナップで十分足りてるけど、ハイエンドを求める層を納得させるレンズが十分そろってないので開発リソースの投入のタイミングを見ているって事ではないかと期待してます

オリンピック中に「キヤノンのミラーレス」のCMを盛んに流していましたね。シェア2位になったのは、ミラーレスが各社高額商品にシフトしていく中で、それを持たないキヤノンの台数が相対的に伸びた結果のような気がしますが、今後はその戦略が変更になるのでしょうか。

ソニーには無いトップカメラメーカーが作るハイエンドミラーレスカメラを期待しています。
ソニーにいったプロが帰ってくる凄いやつをきたいしています。

後発者の優位性があるかどうか見ものです。
考えてみれば、かつて、一眼のニコン、AFのミノルタ、その先発者にすぐるとも劣らないシステムを後追いで完成させたキャノンです。
隠されたDNAを再起させて頑張ってほしいものです。
個人的には、ボディに比べて肥大化しているフルサイズレンズをよりコンパクトに設計する技術を確立してほしいものです。

キヤノンミラーレス機ファンとしては、うれしい情報です。キヤノンフルサイズミラーレス機は、とても楽しみですが、Mシリーズ使って標準、望遠、広角、マクロと4本持っても歩いても軽快なのが気に入ってます。更にKissM導入して様々なシーンの撮影に期待が持てます。後は、EF-Mの400㎜クラスの望遠、期待してます。

EOS Mシリーズは本体ばかり出してレンズラインナップが一向に増えないのが気になります
サブ機としてならそれでいいんでしょうけどミラーレスに本腰を入れるならこの辺りもなんとかするべきではないかと思います

これでEOS7DmarkⅢの可能性はさらに遠退いたのかな…個人的には出て欲しい…

どうもMのレンズは他社と比べてかっこ悪いというか所有感がわかないというか質感がEFレンズと差がありすぎと思うのですが。

7Dmk3は必ず出ると思います。
EVF遅延が本当に0にならない限り撮れない被写体もあるので。

むしろ将来的にOVFとして残るのは1D系と7D系のみになりそうな気がします。

ミラーレスと一眼レフを住み分ける際に
一旦、機種の統合整理をしたほうがいいかもしれませんね。

そもそも、初代Mが出たときに、テザリング撮影を使えないように制限したところから戦略の間違いだとおもいます。たしかに自社とのパイの喰い合いになるので、避けたんでしょうが。
今回のオリンピックでもマルチカメラはテザリングでミラーレスを使っています。
N社と違って、C社はテザリングがソフト無料でKissでもできるのが一部からはとても有難かったのです。以外にセンサーや解析用カメラとしてもC社のカメラは使われています。(Cマウントに比較して、安いし解像度もあるから)で、Cマウントレンズも含めて使えるMが出たときに小型化も含め結構喜んだのですが、蓋を開けてみるとテザリング機能制限というもの。ソニー、パナはようやくテザリング機能がついてきたところです。
今回のKiss Mでテザリング機能をようやく搭載してきたのにある意味本腰を入れだしたと感じます。

>•坂田正弘社長は、キヤノンがハイエンドミラーレスカメラをリリースする可能性について
>「タイミングを見て検討している」と述べて、多くは語らなかった。
ハイエンドミラーレスカメラというのは今のEOS M5のことではなかったんですか。
これより上位機種の準備があるということなら期待します。


レンズはどうなるんだろう。
KissMもレンズ面で少ないのに

ソニーがミラーレス開発の先端を引っ張っている様な雰囲気に包まれてますが、
ニコン、キャノンとは状況が違いこの道を進むしか生き残る手段はなかった訳です。ニコン、キャノンは膨大な一眼レフのノウハウと製品があり、ミラーレスに移行するタイミングが非常に難しい状況でした。しかし、いろんな方に聞くと、キャノン、ニコンは、黙ってソニー、などの開発状況をみていたのではなく、もう何年も前から技術的には、同等の技術を開発してるという事です。
それでは何故製品化しないか?
今まで築いてきた自社製品とのかね合いが大きな壁になっていた訳です。
今年は 間違いなく、キャノン、ニコンはフルサイズ ミラーレスを出して来ます。フル参戦です。
両者の技術てんこ盛りの出し惜しみないフルサイズミラーレスカメラが出ると思います。ソニーはここからが正念場です

世界のカメラ業界を先導するキャノン。
キャノンが大好きな自分にとってはセンサーの開発にももっと力を注いでほしいです!。

5Dマーク3のあと、6Dマーク2とオリンパスE-M1マーク2を使っていますが、今はかなりソニー7S3(まだ出ていませんが)への移行を考えています。今、少し安くなったとはいえ、7S2を買うより、新型の7S3をという判断です。キヤノンがいつまで待っても、ソニー7S相当の機種を出さないからです。ミノルタアルファ7デジタルから始まり、ミノルタのデジタル一眼はE3まで何台も使ったので、それを引き継いだソニーにも愛着はあります。シャッターボタン周りのデザインは好きになれませんが。夏前になんらかの具体的なインフォメーションがないと、本当にソニーに乗り換えちゃいますよ、キヤノンさん。

キヤノンは6D2の例もあり、出し惜しみないフルサイズミラーレスを出すかには懐疑的です。当分はネームバリューを武器にして「ちょうどよい」と思われるミラーレスを出すんじゃないでしょうか。
私はどこの会社にどれだけの技術があるかは知りませんが、消費者としては商品化してくれなければ何も無いのと同じ。キヤノンには「この機能・性能があるから欲しい!」と思うようなカメラを出してもらって、カメラ好きをワクワクさせて欲しいです。

キヤノンにとってのミラーレスの立ち位置がまだ分かんないよね…。
ハイエンドミラーレスってのも、何想定してるのか。

EF-Sを終息させて、APS-CはEOS M に集約しちゃう、ってのは無いですかね?
7Dの後継はEOS M7で。
EFはフルサイズオンリー、上下ラインが明確になる。

地域によって一眼レフの市場もある、って話だから無いかな。

EOS1桁と同じ操作性のEOS Mがあると良いんですけどね。サブダイアルが円盤のヤツ。

フィルムからデジタルへの移行もキヤノンとニコンは慎重でしたが、
一度勝負を仕掛けるとアグレッシブでした

ソニーがα7IIIを出したからには、
今後怒濤のように本気機体が投入されるでしょう

ニコンもマイクロフォーサーズ陣営もフジもシグマもうかうかしてられません

メーカーは大変でしょうけど、
ユーザーにとっては物欲に比してお金が足りない嬉しい悲鳴の数年になりそうです

ニコンはどうあってもFFには対応できないニコン1マウントを
意識せずにFF用のマウントを後出しできますが
キャノンはEマウントを横目に観測気球的にだした
EF-MマウントをFFに拡張させるのか、APS-CとFFで
ミラーレスのマウントを別に開発するのか
どちらを選択しても微妙なことになりそうなのが気になりますね

キヤノンの強みであるLレンズラインナップをミラーレスでしか実現できない種類の性能と組み合わせて使える、5Dバリエーションが出るのではないかと予想しています。
Kiss Mが発表されるまでは、キヤノンには技術が足りないのかもと思っていたのですが、Kiss Mの仕上がりを見ると、パーツにお金をかければ他社と戦えるレベルのカメラを作れるかもしれないと思うようになりました。
(言い換えれば、Kiss Mは戦略的価格を実現するため、一眼レフとのヒエラルキーのため、意図的に性能をある程度で抑えたスペックであると感じました。)

Canonの本気度は
EF-Mレンズの拡充、それも
ミレーレス向けのLレンズを出すかどうかで
決まると思っています。

主な被写体は鳥さんです。7Dmk3は是が非でもOVFでお願いします!もちろんキヤノンのフルサイズミラーレス機は歓迎でが、自分はどうしてもEVFに馴染めないのでOVF機をずーっと使い続けると思います。

個人的には5dsr 2なんかをミラーレスにするくらいインパクトは欲しいですね。どうせ高画素で手持ちのより三脚固定を推奨されるような機種なのでライブビューを使う人の方が多いのでは?と思います。もちろん今後5軸手ぶれ補正などのれば話が変わるかもしれないですが。

以前も書き込みましたが、M5、M6ときて「7」が未だなので、7D mark III改め「M7」の登場を予想し期待しています。OVFの良さも捨て難いですが、レフ機のまま現状以上の高速連写が望めないならば、ミラーレスにしてでも現行7D同等以上の動体AFと高速連写を実現して欲しいと思います。マウントはEF(またはEF互換可能新マウント)でお願いしたいです。公式にハイエンドミラーレスに言及したからには、少なくとも5D・7Dユーザーが乗り換えを検討できる機種が、かなり早期に登場するのではと想像しています。

ここ数年のカメラ関係(センサー、業務用機器を含む)の研究開発費は、キヤノンが900億円ほど、ソニーが650億円ほどです。
2017年度に両社が発売した製品を比較すると、ソニーの約1,4倍の研究開発費をキヤノンが何に投入しているのかは想像に難くないことと思います。

今後も新たな特許出願技術がたくさん出てくるでしょうし、グローバルシャッターやBRレンズ技術など、スポーツや鳥撮りさん達への技術アピールを続けておられますので、東京オリンピックの頃には素晴らしいシステムが待っているのでしょう。お金を貯めて待っています。

EF-Mをフルサイズにしても、レンズがほとんど小さくならないので意味がないですね。
センサーサイズとマウントのサイズからして、フランジバックの短さを有効に使えるレンズは広角系の一部のみとなり、結局EFレンズとほぼ同じ大きさになるでしょう
(FEレンズの例をみても然り)
となると、フルサイズのミラーレスはEFマウントのままミラーをなくすか、もしくはEF-Mレンズ使用時はクロップ専用となるかのいずれかかと思われます。
少なくとも、フルサイズEF-M専用レンズは出ないものと思われます。

立ち上がりが遅すぎる位に感じます フルサイズはSONYの独断場ですよね
ミラーが有るより無い方がコスト、振動的にも有利なのでは・・と思います
個人的には次期モデル7DmarkⅢ(仮定機)に適用して頂きたい気持ちです 秒間15コマ程度の高速シャッター! 
APS-Cサイズのフラッグシップ機 期待大ですが時期尚早ですかねぇ

2回目の投稿すみません。
望遠を多用する人はレンズが小さくならないのでミラーレスの
メリットがない、という意見がありまがDO光学系など小型軽量の
手段があるので解決できると思います。
キヤノンは様々な光学系を開発しているようで、いずれ焦点距
離の半分以下の長さの望遠レンズを出してくるかも知れません。
現行のDO400mmはレンズ長230mm程度です。
ミラーレスはフランジバックが短いので、同じ基準とはなりま
せんが、もっと長さを短く軽量化する研究はしていると思いま
す。

まあ普通にM5後継機、M6後継期、7D3、90Dが出た後に
フルサイズミラーレスが少し見えてくるのでしょうね。
SONY機は色白の女性の肌がもう少し綺麗だったらいいんですが。
特に安価なレンズだと残念ですし。
肌の表現はやっぱりCanonが好みなので期待してますよCanonさん。
あと2年ぐらいでなんとかお願いします。

サークルの小さいEF-Mマウントをフルサイズ化するのは難しい気がします。今後、本格的にミラーレスに舵をきる際、フルサイズとAPSCでマウントを変えるつもりなのか、一つに集約させるつもりなのか、そこが気になりますね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2018年3月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ「70mm F2.8 MACRO ART」にニコン用が無いのはAF-Pシステムとの親和性の問題のため」です。

次のブログ記事は「K-1 II の手持ちリアレゾは驚きのシャープさだが処理にかなり時間がかかる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る