富士フイルム「XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ」は軽量コンパクトで使い勝手の良いレンズ

Photography BLOG に、富士フイルムの新しい標準ズーム「XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ」のレビューが掲載されています。

Fujifilm XC 15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ Review

  • このレンズの重さはわずか135グラムで、際立って軽量だ。全長も44.2mmで(使用時でも65.2mm)で非常に小さい。X-A5との相性は抜群だ。
  • 鏡筒はプラスチック製(マウントもプラスチック)で、防塵防滴ではない。鏡筒にはボタンやスイッチは無く、フォーカスリングと電動ズームリングだけで非常にシンプルだ。
  • フォーカスリングは抵抗がほとんどなく、素早くピント合わせができるが、滑らかではない。
  • 電動ズームリングの使い勝手は良好で、リングを速く回すと素早くズーミングするが、作動音が少々うるさく、動画でノイズを拾う。リングをゆっくり回すと緩やかにズーミングし、作動音もずっと静かになり動画でも快適だ。スチルの撮影では、このレンズのような電動ズームでは、正確にズームを調整するのが難しい。
  • AFはステッピングモーターによる駆動で、非常に静かなので、動画でも問題はない。AFスピードは、カメラの種類や光量にも依存するが高速だ。
  • 色収差は周辺部のハイコントラストな部分で見られるが、JPEGでは自動補正され目立たない。色収差は非常によく補正されており、ピクセル等倍で見ても、隅に若干の色ズレ(大抵はブルーだ)が見られるだけだ。
  • 周辺光量落ちは、JPEGでは広角端の開放でもわずかで、F4以降では目に付かない。望遠端では絞りにかかわらず周辺光量落ちは見られない。RAWではJPEGより開放時に少し周辺光量落ちが目立つが、通常の被写体なら目立たない。
  • 歪曲は広角端では若干のタル型で、望遠端では全く歪曲は見られない。歪曲に関しては全く問題ない。
  • 絞りは7枚羽根で、絞ると絞りの形が現れてボケは見栄えがしない。ボケ味を良くするには開放での撮影がベストだ。
  • 15mmの解像力は、中央はF3.5ではわずかに甘くコントラストが低いが、F4以降では最高の解像力になる。隅は、画面のどこにピントを合わせるかで解像力が変わり、画面中間に合わせると、開放では隅はピンぼけになってしまい甘い。被写界深度をかせげるF8からF11に絞るとシャープになる。
  • 30mmの解像力は、F5.6からF11までは非常にシャープで、F8が最もシャープになる。ここでは隅に若干妥協がみられ、開放(F4.5)では隅は若干甘くコントラストも低いが、それでもまだシャープだ。開放時に隅が甘くなる原因の一部は、ここでも深度内に入っていないためだ。
  • 45mmの解像力は、中央は絞り値にかかわらずとても良好だが、仔細に見るとF11が一番シャープだ。隅のディテールは中央とそれほど変わらない。
  • 富士フイルムのレンズは廉価なレンズでも高画質が期待できるが、このXC15-45mmも例外ではなく、このようなコンパクトで手頃なレンズとしてはディテールはとても良好だ。使い勝手は平均点で、電動ズームはスチルよりも動画向きだ。明らかに優れているのは大きさ重さで、この点だけで、このレンズは人気レンズになると予想している。ワイド側が広いので風景撮影で融通がきき、使い勝手の良いレンズだ。

 

解像力の実写テストで、隅が深度内に入ってないと何度か述べられているので、このレンズは像面の湾曲があるのかもしれませんね。サンプルを見る限りでは、周辺部は若干ソフトですが、小型軽量のキットレンズとしては十分な性能と言ってよさそうです。

パワーズームは動画には向いているようですが、スチルではあまり使い勝手が良くないようですね。

2018年3月18日 | コメント(7)

コメント(7)

専用フードがない、A5以外で画面にズームを表示するバーが出ないなどの問題はあるんですが、それをさっぴいてもコンパクトで軽量な点と、画質の良さを両立させたのは素晴らしいです。XC16-50よりも小さい。あとはサードパーティーが自動開閉キャップを出すかなあ、ってところですか。

広角15mmは魅力だけど、
解像は18-55よりワンランク落ちるような気が。。。
XFで15mm開始の標準ズームが欲しい。

広角端の使用用途は明らかにX-A5と組み合わせた自撮りでしょうから、立体物を近距離で撮るにはあまり問題にならない増面湾曲よりも他のところの性能や小型化を重視したのかもしれませんね。

X-E3にもこのレンズをセットにしたバージョンが欲しいところですね

買いました
XCレンズだけに作りは安っぽいですね
軽量と電動ズームが気になりPRO2に・・・
軽さはいいけど電動ズームが使いにくい感じ

A5と単体では値段にすご〜い差があります。
おいそれと、買えません。

X-A5のセット購入。
さすがに、このレンズに24Mの精密さを求めるのは難しい気がします。デジタル的にかなり画像処理しての絵のように感じます。16MのA3の方が違和感がない。
16>24Mへの変更は、熊本震災、ソニーの工場の被災という連鎖で仕方なかったのでしょうが。
でも、そろそろ何でも高画素は考え直した方がよいと思う。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2018年3月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα7 III は α7 II から高感度のノイズとダイミックレンジが著しく改善」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF85mm F1.4L IS はシグマ85mm F1.4 Art に全てのカテゴリで後れを取っている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る