キヤノンの14mm F2.8の特許

Canon News で、キヤノンの超広角単焦点レンズの特許が紹介されています。

Canon patent application for a 14mm 2.8L

  • キヤノンが14mm F2.8の超広角レンズの設計の特許を出願している(日本の特許公開2018-054988)。この特許では、レンズの色収差性能の改善を目指しているようだ。

    - 焦点距離:14.42
    - F値:F2.8
    - 半画角:56.31
    - 像高:21.64
    - レンズの全長:118.28
    - バックフォーカス:40

canon_patent_2018-54988.jpg

現行のEF14mm F2.8L II は10年以上前に発売されたレンズで、かなり古くなっており、また、最近シグマの14mm F1.8 Artという強力なライバルも登場しているので、このレンズは、そろそろモデルチェンジしても不思議はありませんね。

2018年4月 8日 | コメント(2)

コメント(2)

14mmは少し前までニコンとキヤノンが出した古いレンズしかなかったのですが、最近ではシグマだけでなくサムヤンも出してきています。超広角はコーティングや大型非球面レンズの進化が著しいので、新しいレンズの性能には期待できますね。周辺部まで流れず小型のレンズができると嬉しいです。

記載F値は2.8ですが このままなのかな?
携行性を考慮するとこの値が 落とし所なのかも…
性能のアップとともに 実製品として発売されたなら
その価格のアップ度もきになる所


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2018年4月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーがNABで発表する新製品はEマウントカムコーダーのFS5 II ? [内容更新]」です。

次のブログ記事は「富士フイルム「GF250F4 R LM OIS WR」と「GF1.4X TC WR」の詳細スペック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る