富士フイルムが「GF250mmF4R LM OIS」と「GF1.4X TC WR」を正式発表

富士フイルムが、GFX用の望遠単焦点レンズと1.4倍のテレコンバーター、18mmと45mmのエクステンションチューブを発表しました。

フジノンレンズ GF250mmF4 R LM OIS WR 新発売

  • 富士フイルム株式会社は、「GFXシリーズ」用交換レンズ「フジノンレンズ GF250mmF4 R LM OIS WR」を2018年5月下旬に発売する。価格は44万3500円(税別)、発売は5月下旬。
  • スーパーEDレンズ1枚とEDレンズ2枚を含む10群16枚構成で、色収差を徹底的に抑制し圧倒的な解像力を実現。
  • フォーカスレンズにスーパーEDレンズを採用することで、撮影距離による収差変動を抑制。最短1.4mまでの近接撮影を可能にし、最大撮影倍率0.22倍を実現。
  • CIPA準拠で5.0段分の手ブレ補正性能を発揮。
  • SETボタンであらかじめ設定した位置にピントを瞬時に移動できるフォーカスプリセット機能を新たに搭載。
  • ピント合わせの際にレンズの駆動範囲を制限するフォーカスリミッターを採用。
  • マグネシウム合金を使用し、軽量かつ堅牢性に優れたボディを実現。さらに、鏡筒の18ケ所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。
  • 高性能テレコンバーター「GF1.4X TC WR」:主レンズの高い光学性能を最大限引き出しながら、焦点距離を1.4倍に拡大する高性能テレコンバーター。「GF250mmF4 R LM OIS WR」との組み合わせで、35mm判換算で277mm相当の焦点距離を実現。
  • マクロエクステンションチューブ「MCEX-18G WR」「MCEX-45G WR」:メラボディと交換レンズの間に装着することで、高い撮影倍率でマクロ撮影が可能となる。MCEX-18G WR」(全長約18mm)と「MCEX-45G WR」(同約45mm)の2種類から選択できる。

 

GF250mmF4 は手ブレ補正を搭載しながら、実用的な大きさ重さに収まっているという印象です。かなり寄れるので、使い勝手はよさそうです。テレコンとエクステンションチューブも同時に登場して、GFXシステムは、ここにきて一気に充実してきましたね。

なお、店頭価格は最安値でGF250mmF4が38万8314円、GF1.4Xが9万6714円、MCEX-18G / MCEX-45Gが共に3万8394円となっています。

2018年4月12日 | コメント(2)

コメント(2)

フジの中判、レンズが揃ってきましたね。中判のシステムはハイレベルのレンズを揃えるだけで十分ですので、フルサイズみたいに多くのレンズを必要としていなくてもシステムができあがりますね。望遠標準広角、ズームと単焦点、コンバータ、一応これだけ揃えば十分です。フジの中判戦略は競争相手もいないので安定した売り上げが見込めそうです。

GFXは持っていませんが、広角~望遠と充実してきて気になりますね。換算90mm前後と換算24mm前後のティルト・シフトレンズが出たら移行したいという気もしますね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、2018年4月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが来年「TS-E17mm F4L」をモデルチェンジ?」です。

次のブログ記事は「ニコンが海外の認証機関に未発表カメラのモデルネーム「N1711」を登録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る