キヤノンがAPS-C一眼レフ用の18-300mm F3.5-5.6 IS の特許を出願中

Canon NewsとCanon Rumorsで、キヤノンのAPS-C一眼レフ用の高倍率ズームの特許が紹介されています。

Canon Superzoom APS-C patent application (Canon News)

  • APS-C一眼レフカメラ用の超望遠ズームを扱う、もう1つの特許出願(日本特許公開2018-54990)を見つけた。このレンズは、より大きな16倍のズーム倍率だ。

    - 焦点距離:18.09-294..86(約18-300mm)
    - F値:3.49-5.76(約3.5-5.6)
    - 半画角:37.06-2.65
    - 像高:13.66
    - レンズの全長:201.18-245.66
    - バックフォーカス:41.46-59.74

canon_patent_2018-54990.jpg

Patent: Canon EF-S 18-300 f/3.5-5.6 IS Optical Formula (Canon Rumors)

  • 日本の特許公開2018-54990で、もう一つのEF-S18-300mm F3.5-5.6 IS の光学系が示されている。このレンズは、2018年遅くか、2019年の早い時期に登場すると思っている。

 

キヤノンは以前に18-200mmの特許を出願していましたが、18-300mmも検討しているようですね。

この特許のレンズが実際に製品化されるのかどうかは分かりませんが、現行のEF-S18-200mm F3.5-5.6 IS は、かなり古くなってきているので、そろそろ後継機が登場しても不思議はありませんね。

2018年4月 7日 | コメント(9)

コメント(9)

たしかにキヤノンにはニコンやタムロンが出しているような高倍率ズームがなかったように思えます。EOS Kissにこの高倍率ズームをつけておくと、とりあえず何でもとれるというシステムは完成しますね。レンズ構成的に現行のものより画質面で優れている可能性が高いです。サブ機にあるとお勧めかもしれません。期待しています。

キヤノンは高倍率に消極的なのか、フルサイズもAPS-Cも高倍率ズームレンズは古いまま更新されてこなかったので、これが商品化されればうれしいです。

今はサードパーティレンズに豊富な選択肢がありますが、やっぱりボディ内で各種補正のできる純正が欲しいので。

一眼レフ用と言わず、ミラーレスでも同様のレンズを期待しています。

レンズの長さやバックフォーカスからEF-Sでの設計だと思いますが、
EF-Mレンズにもこれくらいの高倍率ズームも欲しいですね。
便利ズームのリニューアルで、どれだけ画質が改善できるか楽しみです。

開放が5.6というのは楽しみですね。
フルサイズ用の非Lの高倍率も、ずーと首を長くして待っています。
EF28-200 f3.5-5.6以来、久しくラインナップ外で、高倍率はズーム回転が逆のタムロンを使っていますが、やはりズーム回転逆は併用し辛いので、APS-C発売の後でもフルサイズを検討して頂ければ幸いです。EF28-300 3.5-5.6Lは重すぎます。

旅行用に、超小型軽量15-150/f3.5-5.6 のが欲しいです。

18mmスタートだと広角側が不足です。

純正でAPS-C用新レンズの開発は嬉しいですが、またもやW端18ですか…
いいかげん標準ズームや低倍率便利ズームはW端15mm、高倍率便利ズームはW端17mmにしてほしいですね。
私だけでなく、多くのCANONAPS-Cユーザが思っている事かと思います。

でるとしたら、90Dか7DMarkⅢのキットレンズでしょうね
キヤノンは高倍率ズームには消極的なのでこれを起爆剤にしてラインナップを増やしてほしい
フィルター径はいくつかな77ぐらいだといいんですけど

私はキャノンユーザーではないけども、18−300と聞けば思い浮かぶのは
シグマの18−300。値段や性能にどれ位違いがあるのか興味がありますね。

シグマ18−300は結構重宝してます。

図を見た感じ、ずいぶん長いと感じました。
沈胴式なのでしょうか。
これだと70-200F4クラスの全長持ってませんか?
この焦点距離のままフルサイズ対応だったら衝撃的ですが、APS-C用だとしたら便利ズームなのに携行性に難ありだと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2018年4月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが「GFX 50R」を9月のフォトキナで発表?」です。

次のブログ記事は「キヤノンのBRレンズ採用の10mm F2.8の特許」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る