キヤノンの3本のDOレンズの特許

Canon News で、DOレンズ(回折光学素子)を使ったキヤノンの「200mm F2」「400mm F2.8」「800mm F5.6」の3本の望遠レンズの特許が紹介されています。

Canon patent application for some DO telephotos

  • キヤノンのいくつかのDOの望遠レンズの特許出願が公開(20180120582)されており、このことはキヤノンがDOの技術開発を続けていることを示している。この特許はDOレンズ使用時にフレアの発生を抑えることを意図したもので、以下のレンズが記載されている。

    - 800mm F5.6
    - 400mm F2.8
    - 200mm F2

canon_US_patent_20180120582.jpg

DOレンズは第2世代になってフレアはだいぶ改善されたようですが、次の世代では更に改善されそうですね。

キヤノンは以前にCanon Expoで「600mm F4L IS DO BR USM」を展示していましたが、200mm、400mm、800mmなどの他の焦点距離のDOレンズも開発しているようです。600mmのプロトタイプは「Lレンズ」だったので、LのDOレンズ群が出てくるのかもしれませんね。

2018年5月 4日 | コメント(6)

コメント(6)

ニコンにも600mmF5.6の話がありましたが、現在の、そして今後の画素数や解像度を考えるとレンズが大きく重くなるのは避けられないので、それを回避する手段の一つがこれらDOレンズを使ったモデルなのかもしれませんね。

たしかにフレアの問題もありますが、余程意地の悪い状況でないとあまり問題にならないという話ですし、アマチュアなら軽く、小型のほうがチャンスが得られそうです。

問題はLレンズだと価格が大砲と変わらないことになるということでしょうけど

小型化できるDOレンズで、200mm F2とか
聞いただけで胸が熱くなる。
長ーくレンズラインナップに入ってる200mm F2の単焦点、重くてでかくて信じられないほど高価格なレンズがDOでどれだけ軽くなってリニューアルするのか・・

今から超・期待してます
もっとも自分には買えない代物には変わりないですが・・(´・ω・`)

知り合いのプロが言ってたのですが、大砲レンズは重さより大きさの方が問題らしいです。海外への持ち運びが一番大変らしく、少しでも短くできたら嬉しいとのことでした。DOレンズを使えば大砲レンズを短くできるので、需要はありそうですね。特にキヤノンの場合、ヨンニッパあたりは使うプロも多いので、併売しても売れると思います。

DOを使った初代ヨンヨンはいろいろ問題があったようですが、私がレンタルした2代目のヨンヨンは小型軽量(とくに全長が短くて使いやすい)で写りも問題ないように思いました。ただ、問題は値段。今の70万だとサンニッパ(50万)+テレコン3型でという人も多いと思います。
今の100-400に×1.4テレコン内蔵+DDで30万なんて大サービスないのかなあ?

200mm/F2、DOレンズで小型軽量安価にお願いします。

DOによる小型軽量は可能でしょうが前玉の径は小さく出来ませんからね

でも期待します



コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2018年5月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルム、ソニー、ライカの新製品発表に関する噂」です。

次のブログ記事は「ソニーα7S III にはVeniceと同じ新しいカラーサイエンスが採用される」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る