ツァイスBatis 2/40は7月か8月に発表?

SonyAlphaRumors に、ツァイスのBatis 40mm F2 に関する噂の続報が掲載されています。

(SR4) SKU already available for the new Zeiss Batis 40mm f/2.0 lens

  • SARの読者から、新しいツァイスBatis 40mm F2のSKUが既に有効になっていると聞いている。このレンズは7月~8月に発表され、10月に発売される。
  • ツァイスBatis 2/40のスペック
    - ディスタゴンの光学設計
    - 最短撮影距離は0.24m
    - フォーカスリミッター付き(∞~0.4m/ 0.5m~0.24m)
    - フィルター径は67mm
    - サイズはBatis 85mmに近いが、40mmの方が若干小さい

 

以前に噂が流れたBatis 2.0/40ですが、どうやらフォトキナの前に発表されるようです。純正には無いスペックのレンズなので、Eマウントユーザーの注目を集めそうですね。

2018年6月29日 | コメント(13)

コメント(13)

40mmでフィルター径が67mm?!
2/40というスペックなので、パンケーキレンズかと思ったのですが…
昔のテッサーのような、小型軽量レンズを出すつもりは無さそうですね…

今、一番楽しみなレンズです。

>F2のSKUが既に有効

SKUとは何でしょうか?

35,40mmは激戦区なのに、寄れるパンケーキが出ないのは残念。暗くてもいいので。せっかく本体が小ぶりなのに、見合うレンズが無いですね。Loxia35mm使ってますが、着脱いまいち、絞りリングも緩い。フォクトレンダーの35か40がベストかもしれません。

>23さん
> SKUとは何でしょうか?
Stock Keeping Unitの略で、在庫管理用の番号です。

40mmという中途半端な焦点距離
F2なのに巨大
なぜかディスタゴン

どういう意図で開発したのか気になって眠れません。

そういえば、Batis 85mmより僅かに小さいとの情報が若干大きいに変わっていますね。

標準域のマクロレンズ、価格を含めて、どんなものになるのか楽しみです。

赤い自転車さん「若干小さい」の間違いでしたので修正しました。

楽しみにしています。FEの35~50mm域の単焦点、いろいろあるのですが、自分にしっくり来るものがありません。
・FE35mm F2.8ZA:物足りない
・FE35mm F1.4ZA:重い
・Loxia35mm F2:AFがない
・FE50mm F1.4ZA:重い
・FE50mm F1.8:AF遅い
・Locia50mm F2:AFがない
・FE55mm F1.8ZA:私には画角が狭い

当初85mmより大きいとのことで見送ろうかと思っていましたが、小さいに変更されたので期待度が大きくなりました。

Batis 40mm 私も前回の記事からずっと情報期待してる一人です。願わくば9月が決算なので間に合えば嬉しかったですがやはり無理でしたw。

Batis 80mmより少し小さいとのことですが、NIKON用のmilvus50mm f2を持っているのですがこれが同じフィルター径67mmなのでこれにAFを付けて少し長くなったと考えるとα7シリーズにこのmilvusとマウントアダプターを付けている状態と似てるかなぁなんて想像してます。
SEL50mm F1.4がフィルター径72mmなので、これより軽くて、細くて、寄れて、手ぶれ補正付きで安いとなりそうで本当に楽しみです。


管理人様、Batis 40mmの次の情報を楽しみにして待ってます。

私もクワズイモさんとほとんど同じ考えです。
中々良いレンズが見当たらないので
Canon EF 35mm f/1.4L II USM
も検討したほどでした。(満足はしませんでした)
本レンズには絶妙な画角とキレのある描写に期待しています。

Touitさま
コメントありがとうございました。返信遅れすみません。
私もあれこれ迷った挙句、Canon EF35mm F2 IS USMが良さそうに思い、とはいえMC-11を挟むと長く重くなるので、思い切ってキヤノンボディごと(6D Mark2)買ってみました。レンズは良かったのですが6D Mark2は私に合わなかったみたいで、間もなく下取に出してα7m3に交換しました。
Batis 2/40の画像を拝見し、少し大きく重いかも、という第一印象でした。今後、迷った挙句に購入し、結局下取りに出すコースになりそうな雰囲気です。
FEの35mmもF2クラスで画質には拘りつつ軽快なモデルを出してほしいものです。E 24mm F1.8 ZAのフルサイズ版が私の一つの理想形です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2018年6月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカがフォトキナで新型の中判カメラを発表?」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-M5 Mark III は2019年の初めに登場?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る