E-M5 Mark III がフォトキナで登場しない可能性が更に高くなった?

43rumors に、E-M5 Mark III の登場時期に関する噂の続報が掲載されています。

(FT4) More hints about the E-M5III NOT being announced at Photokina

  • E-M5 Mark III が、フォトキナで登場しないかもしれないという更なる手がかりを得た。E-M5 Mark III の代わりに何が発表されるのかは、まだ不明確だ。ことによると、PEN-F Mark II が登場するのだろうか?

 

信憑性はFT4なのでまだ確定情報ではありませんが、フォトキナでE-M5 Mark III が発表されないことが複数のソースによって確認されたようなので、E-M5 Mark III の発表は先日の噂通り来年と考えておいた方がよさそうです。

今年のフォトキナの目玉が何になるのか気になるところですが、OM-Dが発表されないとなると、確かにPEN-F後継機くらいしか思いあたる機種はありませんね。

2018年6月11日 | コメント(8)

コメント(8)

E-M5MK3をそれだけ引っ張る理由って何でしょうね。

E-M10MK3をよりエントリーモデル方向に!?もっていったので、出しやすくなったのでは!?と思ったのですけれど。

“手持ちハイレゾ”に拘っているとか?

まぁ、Olympusさんはモデルサイクルを長くするとも言っているので、有言実行と言えばそれまででしょうけれど、PanasonicがG8のMK2的なモデルを出さないみたいなので、チャンスと言えばチャンスとも思いますが…。

100周年記念オリジナルモデルっていうパターンがあるならそれはそれで面白いですね。さてどうなることか。

まさかのA02(AIRの後継機)って可能性は、流石にないか…
私も、100周年記念はオリジナルモデルだったら面白いなと思います。
かつてのO-productみたいなのとか。

E-M5mk3を待っているのですが
今年中に出ないとちょっと辛いかな
E-M1mk2の値段が下がってきたのでそっちに行きそうです。

どちらかというとPEN-Fのような機種のほうが100周年記念には合っているようにも感じますがE-M5 Ⅲを100周年に合わせるとなるとそれだけ思い入れが強く気合いが入っているということなのでしょうか。

100周年記念で出すならPEN-FⅡのほうが適切じゃないかと思うのは私だけ?
コンパクトミラーレスの最高峰機と銘打って出したほうがインパクトがある気がしますが。

E-M5シリーズを廃止して、今のE-M5系のユーザーをE-M1系に導くという流れなのだろうか?

EM-1mk2が予想以上に長期に渡り好調すぎるのだと思います。

もともとE-M1とE-M5の目に付きそうな差は
バッファや画像エンジンの処理能力速度差程度しかないで
早めにE-M5mk3を登場させてしまうと
現行のE-M1mk2に装備されている連射性能や
電子シャッター関連の能力はJPEGベースでは
搭載されることになるでしょうから
堅調なE-M1mk2の躍進の腰を自ら折ってしまいそうですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2018年6月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが800mm F5.6の特許を出願中」です。

次のブログ記事は「ライカSL用の16-35mm f/3.5-4.5はコニカミノルタの設計」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る