コシナがフォクトレンダーMACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 を正式発表

コシナが、Eマウント用のMFの等倍マクロレンズ「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」を正式に発表しました。

フォクトレンダーに「110mm F2.5」の新モデル (デジカメWatch)

  • コシナは、フォクトレンダーブランドのソニーEマウント等倍マクロレンズ「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」を8月に発売する。希望小売価格は税別14万8,000円。軸上色収差を限りなく抑えたアポクロマート設計を特徴としている。
  • 110mm F2.5は等倍マクロにも対応。撮影距離に応じて3群が独立で動く3群フローティングを採用したことで、最短撮影距離から遠距離まで性能をキープする。フォーカシングはMF専用。ソニーEマウント機と通信する電子接点を持つ。
  • レンズ構成は12群14枚。最短撮影距離は0.35m。絞りは10枚羽根。最小絞りはF22。フィルター径は58mm。
  • 最大径×全長は78.4×99.7mm。重量は771g。レンズフードが付属する。

MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5_020.jpg

3月のCP+で参考出品された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」が正式に発表されました。このシリーズでは、昨年発売されたハーフマクロの65mm F2がとても好評なので、今回の110mm F2.5 もどのような絵が出てくるのか楽しみです。

なお、このレンズの店頭価格は、最安値で税込13万8510円となっています。

2018年6月19日 | コメント(12)

コメント(12)

電子接点付きMFマクロレンズ・・・いいですねぇ。

願わくばXマウントにも対応してほしいです。コンセプトがフジにピッタリという感じのレンズなので、H1で使えたら非常に楽しそうです。

ついにアポランターの等倍マクロが来ましたか。
きっと究極の写りなんでしょうね。

3群フローティングで大口径で凄い高性能そう。

125mmF2.5を継承し超えていく意気込みのレンズなのですね。

再投稿失礼します

構成図によると14枚のうち
8枚が異常分散ガラスのようです。

これは贅沢を通り越して異次元です
125mm2.5の異常分散ガラスは2枚でした。

この意気込みだと近い将来キヤノン・ニコンのフルサイズミラーレス用にも供給を狙っているかもしれません。

是非、ポートレートで使いたい。

65mmが良かったので、早速予約入れました

キャノン5Dにマクロプラナー100mmF2を付けて撮影してますが、ハーフマクロなのがネックなんで、このレンズに興味津々です。
EFマウントも出して欲しいのですが、設計し直さないといけないから無理ですかね。

等倍マクロ。
非球面レンズが使われておらず、玉ボケも玉葱ボケにはならないはず。

思っていたより更に魅力的で、購入するかどうか検討します。

玉ボケに関するコメントで思い出しましたが、コシナは多角形絞りですね。
65mm同様にこちらも開放では円形になると思いますが、どこから角が出るか。

Otusの55mmもF2.2から角が出始めるレンズで、口径食がなく円形が保たれるポイントもなかったと思います。
個人的には全く重視しない要素ですが、玉ボケが好きな方には気になるところでしょうか。

早速予約しました。たまにしか使いませんが、等倍は魅力ですね。ヒガンバナが楽しみです。ところで、最近望遠マクロが下火なのは、望遠ズームのマクロ機能が向上したせいでしょうか。150〜200mmあたりで、単焦点で良いので等倍マクロ希望です。

コシナのホームページに掲載されている大村英明プロの画像を見ました。いずれも格段の写り具合。素晴らしい仕上がり具合。
さっそく、予約を入れました。
期待に違わぬ物だと確信しました。
8月が楽しみです。

コシナだから当然絞り羽根は10枚ですか
65mmと同じで玉ボケはあまり期待出来ないですね
偶数でも羽が多すぎて光芒もウニなんですよね
奇数の円形絞りにしてほしい


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2018年6月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが20cm角の超大型CMOSセンサーの詳細を公開」です。

次のブログ記事は「先週発表されなかった「LEICA CM」は発表が遅れているだけ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る