富士フイルムマネージャーのインタビュー動画が公開

Youtubeで、タイで行われた富士フイルムマネージャーのインタビューの動画が公開されています。

Live Fujifilm เจาะลึก... (found via Photo Rumors

  • (X-T100の立ち位置は?、X-T20との違いは?)X-T100はX-T20とX-A5の間に位置し、自撮りやビデオブログ用に向いている。X-T20との最大の違いはシャッターダイヤルが無いことで、より使いやすく設計されている。
  • (自撮り対応モニタは他機種にも採用されるのか?)顧客が望むなら採用する。
  • (X-T100の画質をX-T20と比べるとどうか?)高感度性能はX-Transを採用するX-T20が若干優れているが、X-T100はX-A5よりは良好だ。
  • (X-T100で4K30pは可能?)それはハードの制限だ。しかし、次世代のカメラでは実現するかもしれない。
  • (大手カメラメーカーがフルサイズに参入するという噂が流れていて、それは富士フイルムだと噂されているが?)中判のGFXはフルサイズよりもずっと優れている。小型軽量で持ち運びしやすいXシリーズと、究極の画質のためのGFXを開発している。
  • (来年は中判でどのよう動きがあるのか?)更にレンズが登場する。
  • (中判の廉価版のカメラは登場する?)もし顧客がそのような製品を望むなら(微笑みながら)。
  • (XF8-16mm F2.8はいつ登場する?)今年中に発売するために頑張っている。
  • (富士フイルムの一番の強みは?)色再現の技術とハイクオリティなレンズ群だ。
  • (富士フイルムの成長戦略は?)画質とレンズのクオリティの点で差別化したい。
  • (フォトキナ2018の計画は?新機種は登場するのか?)フォトキナでは我々の最新のテクノロジーを展示する。新製品は来場して見つけて欲しい。

 

富士フイルムのフルサイズ参入の噂は知りませんでしたが、富士フイルムはこれまでのインタビューと同様に否定していますね。

噂の廉価版中判カメラ「GFX 50R」 についての言及はありませんでしたが、期待してもよさそうな雰囲気は感じられますね。

2018年6月23日 | コメント(3)

コメント(3)

フジのaps-cは画質が良く、シャッターフィーリングも良いのでマウント移行沼から脱出することができました。
フジノンレンズは性能が良く好きなのですが、欲を言えばサードパーティが参入できると選択の幅が広がるのだけれど。

GFXも良いですが、xマウントのレンズの充実を期待したいですね。
一瞬ソニーのインタビューの方から流れた、タムロンのxマウント参入は音沙汰ないですね…

GFXが良いのは分かるのですが、本体もレンズも高過ぎて手が出せません。
他マウントのユーザーが羨ましいです...。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2018年6月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 80Dの後継機は大幅に進化する?」です。

次のブログ記事は「ソニーが数日中にFE400mm F2.8の詳細を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る