ニコンが「COOLPIX P1000」を海外で正式発表

ニコンが、望遠端で換算3000mmの125倍ズームを搭載する「COOLPIX P1000」を海外で正式に発表しました。

ニコン、望遠端3000mm相当の125倍ズーム機「COOLPIX P1000」海外発表 

  • ニコンは、レンズ一体型デジタルカメラ「COOLPIX P1000」を9月に海外で発売する。米国での価格は999.95ドル。日本での発売に関する情報はまだない。
  • 35mm判換算24-3000mm相当F2.8-8の125倍ズームレンズを搭載。「COOLPIX P900」の24-2000mm相当F2.8-6.5(83倍)を上回るズーム比が特徴。
  • 手ブレ補正機構はシャッタースピード5段分。広角端ではレンズ前1cmまで寄れる。
  • 撮像素子は有効約1,600万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー(COOLPIX P900も同様)。最高感度はISO6400。4K UHD動画記録や、静止画のRAW記録に対応する。
  • EVFは約230万ドットのOLED。背面モニターはバリアングル式の3.2型92.1万ドット。
  • 外形寸法は約146.3×118.8×181.3mm。重量は約1,415g(バッテリー、メモリーカード込み)。

coolpix_p1000.jpg

噂ばかりが先行してなかなか登場しなかったP1000ですが、ついに正式発表されました。レンズは噂通り換算24-3000mmの125倍ズームで、P900の換算24-2000mmと比べて望遠端が大幅に伸びていますね。

重さは1415グラムと非常に重いですが、超望遠を重視したコンセプトが明確なカメラなので大きさ重さはあまり問題にならないかもしれません。あとは、国内での価格や発売時期が気になるところです。

2018年7月10日 | コメント(26)

コメント(26)

望遠端を伸ばしつつRAW撮影対応とEVFの改良。
正常進化ですね。レスポンスにも期待です。

素晴らしい高倍率機ですけれど
1500グラムとは もの凄い重さですね
購入を検討する場合 筋トレしないと厳しそう

化け物ですね。
でもここまで突き抜けていたら興味が湧きます。
ニコンらしくモニター等使い勝手もしっかり進化させてるみたいですが、3000ミリで手振れ補正はしっかり効いてくれるのか、レンズの描写はどうなのか。
とんでもなく大きく、重いですがその辺がしっかり造り込めていたら使ってみたいですね。

3000mmって、そもそもまともに手持ち撮影出来るんですか?
一脚・三脚必須になるなら重さもあんまり気にならなくなります。

ずいぶん待たされたけど、これは買います。
EVFが、どれくらい良くなっているか、早く実物を見たい。

コンデジはもう平凡なスペックのままでは
淘汰される運命ですから
一芸特化の専用機として突き抜けた製品を出すのは
評価したいです
(突き抜けすぎて使い道にこまるとも言えますが)
値段が高いのもある程度しかたがない
あとはスペックありきで実用性が損なわれてないか
という心配だけですかね

国内発表は明日なのか、あるいは水害の影響でしょうか。

P900 は下位 P600(610) の強化モデルのようなデザインでしたが、今回は立派な単独モデルという雰囲気。 ディテールが本格的に見えます。
センサーの画素数は P610 後継の B700 では 20MP に上がってしまいましたが、P1000 では 16MP に維持された(戻った?) ようで何よりです。

それにしても本当に 3000mm だったとは。 月を撮ったら短辺方向は画面からはみ出ますね ^^;。
赤道儀に載せたら電子天体望遠鏡の出来上がり? 火星の模様は難しいですが、土星の輪くらいなら楽勝でしょう ( 1000mm 程度でも写りますが)。

個人的に思うんですが、この様なカメラを買うカスタマーは一眼や高級コンデジも持ってるでしょうし、70 mm以下を切って、軽量化や更に望遠化、センサーサイズの拡大等した方がよりウケがいい可能性ありそうと思ってしまいます笑
けど、ネオ一の正常進化という感じですね。
値段が値段なので学生の身分の私には手が出ないですが、社会人になった時もこのような面白いカメラを作り続けてください!

報道、スポーツ系ペン記者用に使えるカメラですね。

外部ストロボも付けられますしレンズ交換の手間もなく
距離レンジにしても顔写真から200m先からの物もこれでOKです

さらに強力で、ますますクールになった製品ですね。
一体型スチルカメラ界のモンスターでしょう。

P900は海外からの旅行者が持参してるのを時々見ましたからP1000もどうだあ といった勢いで持ち歩くパワーユーザーは現れそうです。
もっぱらベランダ専用にしちゃう場合が多そうではありますが。

欲しいけど、徒歩や自転車で出かける時に持ち出すサイズではないですね。車での移動する時専用かな。ふぅ〜む、どうしようかなぁ。

超望遠レンズの経験が無い私には3000mmというのがどのような世界なのか想像もつきませんが、そう思ってニコンのホームページを見て見たら、2000mmのP900でも「月や木星や土星の撮影に天体望遠鏡は不要」と記載されていました。
(因みにFXフォーマットやDXフォーマットでは天体望遠鏡や専用の機材が必要となっていました)

なるほど。望遠もこのレベルまで来るとそれ程凄いものなのですね。
なんだか急に興味が湧いて来ました。

P900持ってます。三脚+リモコンで、条件によってこれがコンデジか!という写りをしてくれます。望遠で綺麗に撮るにはピント時に極力ぶらさないのがコツといえばコツでしょうか。超超望遠なので当たり前ですけど。あと広角からとても良く写るので、観光地に出かける時はこれ1台でいいかも、と思える時がよくあります。当方鳥撮りメインで、実際は一眼レフ機を使いますが、P900の出番もあります。今度のは3000mmいいですねぇ。RAWが使えるのと、ホットシューに照準器付けれるのが良いです。フードもちゃんと付きそうだし、あとは三脚ネジ穴がレンズと同軸なら言うことないです。買います。

3000mmですか、一言で言えば「使ってみたい欲」に訴求した製品かもしれませんね。良いと思います。

いよいよ発表になったのですね。
うわさ通り3000mmどおりとは。
静止画のRAW記録や4K動画撮影など欲しい機能をふんだんに盛り込んでくれたようで、
”あれが無くておしい”っていうこともなさそうです。
発売されたら一台置いておこうと思います。

さて、P900ではニコンのホームページで惑星などの天体撮影の方法が掲載されていましたが、
惑星だとP1000でもあと2倍倍率を上げたくなります。
もしコンバージョンレンズが実現可能なら、オプションでテレコンを用意してくれるといいな。

他サイト記事のイメージ画像だと親指AF用のボタン、その周りにパナ機のAF-S/AF-C/MF切り替えレバ―のようなAF/MF切り替えレバーが追加されているようで興味深いです。
一方で十字ボタンの割り当て機能はP900/P610同様にフラッシュ設定、マクロモード切替、セルフタイマー、露出補正がそれぞれ割り当てられているようですが、
それぞれWB、ISO、AFエリア切り替え、連写モード切替のようなより実用性の高い機能を割り当ててほしかったので残念、、、FNボタンも上面に一つだけのようですし。
ボタンカスタマイズができるといいのですが。

これ買います。これでやっとP900は卒業できます。一眼はすべて処分して。3000mmはいらなかったけど、動画機能が強化されたので即買いです。ホットシューありの、外部マイク可の、ズームモーター音は?三脚ネジ穴位置は?ズームスピードは?重さは全然OKです、基本三脚使用なんで。それにSONY RX100と比べて、コンセプト違うとは言え、安さに感謝、感謝です!

P900の時は悩んで悩んで結局は購入に至らなかったけれど、今回は購入しようと思います。
理由はMFが使いづらかったから、今回はリングでMFが出来るようになったようなので。
車の助手席が定位置になりそうです。楽しみです。

とても楽しみな機種です
重さもボディー、レンズ込みなので
妥当なところなのであとは動作のレスポンスなどが気になります

鳥撮影モードが気になります

3000mmは前代未聞ですね。その分重くなってしまいましたが特徴ある機種になったと思います。ギズモードの記事によるとフォーカスリングが追加されているようなので、ピントを合わせやすくなったのも嬉しいです。
個人的にはP900の値段が下がり狙い目になるのではという期待も持っています。

待ってました! 125倍ズームは業界最高ですし、ズーム倍率だけでも購入する価値はありそうです。ニコンも攻めてますね(笑)

このぐらい突き抜けたスペックで出したところにやられました
センサーサイズ云々を理解した上でとても魅力的な商品です
初のニコン機購入になりそうです
発売が待ち遠しい

P900の残念ポイントをつぶしてきた感じですね。
動画も向上しているみたいなので実機を早く手に取ってみたいものです

この重量はどうかと思う…
性能には期待したいですが…

前機種のP900を野鳥撮影に使っていましたが、連写に難がありました。
今回の機種が改善されていれば、購入も有りです。
YouTubeの動画で見ましたが、デカイです。
手振れ補正が5段分ですが、手持ちで3000mmをかまえ続けるのは大変そうです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年7月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンのフルサイズミラーレスのスペックに関する追加情報」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが7月中に新しいレンズロードマップを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る