ソニーRX100M6はライバルよりもズーム全域で画質が優れている

DPReview に、換算24-200mmの高倍率ズームを掲載したソニーRX100シリーズの新型コンパクト「DSC-RX100M6」のレビューが掲載されています。

Sony Cyber-shot DSC RX100 VI review

  • ボディは金属製で、小さく素晴らしい造りだ。非常に多機能でカスタマイズ機能も豊富だが、操作部が限られている(ボタンやダイヤルが少ない)。このカメラは、ユーザーがあまり頻繁に設定を変更しないことを前提にしている。
  • タッチパネルは役に立つが、AF測距点の選択と画像のプレイバック時にしか使用されていない。
  • AF性能はこのクラスでベストだ。瞳AFは、一部のカメラマンにとって「これ無しではやっていけない」機能になり得るだろう。しかし、暗くなるに従って瞳AFの合焦ミスが発生し始める。
  • 動画は、4Kはとてもディテールに富んでおり、機能もこのクラスでは屈指の豊富さだが、NDフィルターとマイク端子の省略されているので用途が限られる。動画のAF性能はとても優秀だが、スチルのAFとはかなり動きが異なっている。
  • 画質は、優れた性能のレンズと細部のディテールを際立たせるJPEGエンジンの組み合わせで、ライバルのパナソニック機よりもずっと良く見える。肌色の色再現も改善している。
  • ノイズリダクションはディテールを維持していて非常に優れているが、他の同じカテゴリのカメラと同様に暗くなると苦しくなる。
  • レンズはズーム全域で一貫して素晴らしい性能で、パナソニックZS100(TX1)よりもズーム全域で顕著に優れている。広角端の隅の画質も許容範囲内で全く文句はない。
  • RX100M6は、汎用性の高いズームと素晴らしいAFを備えた非常に高性能なカメラだ。しかしながら、コンパクトサイズを維持するためにレンズが暗くなっているので、状況によっては画質が制限されるだろう。
  • 好きな点
    - とても汎用性に富むズーム域で全域で良好な性能のレンズ
    - JPEGの色再現とディテール
    - 素晴らしいダイナミックレンジ
    - ディテールに富む動画
    - 瞳AFでポートレートが簡単に撮れる
    - このクラスで最高のAF追尾性能
    - 24コマ/秒の連写
    - とても良好なファインダー
    - 本当に小さいボディ
    - USB充電が便利
  • 好きではない点
    - 複雑なユーザーインターフェース
    - 複雑で混乱するAFシステム
    - レンズによって低照度性能が制限される
    - タッチパネルが十分に活用されていない
    - NDフィルターとマイク端子が無いので動画撮影が制限される
    - カメラ内RAW現像が無い
    - 単体のバッテリーチャージャーが含まれていない

 

総合評価は83点の銀賞で、RX100M5と全く同じ評価になっています。RX100M6は、大きさを維持したままレンズを大幅に高倍率化したにもかかわらず、画質がそれほど落ちていないのが素晴らしいですね。

比較ツールで画質を比べると、RX100M6はライバルのパナソニック機よりもシャープでシャキっとした絵作りという印象です。肌色の発色も自然ですね。

2018年7月22日 | コメント(2)

コメント(2)

レンズが大きく変わったので写りはどうなるかと思ってましたが大丈夫みたいですね。あとは値段ですね。

期待通りのようですが、TX1と比較で値段は倍以上、TX2と比較しても5万程高い。
流石に高すぎて手が出ません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年7月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスがE-M1 Mark II の上位に位置する超ハイエンド機を準備中?」です。

次のブログ記事は「2018年上半期のシェアは一体型カメラはニコン、ミラーレスカメラはキヤノンがトップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る