富士フイルムX-T100はスチルの画質は素晴らしいがAF性能と動画の画質は芳しくない

DPReview に、富士フイルムXシリーズのエントリーモデル「X-T100」レビューが掲載されています。

Fujifilm X-T100 review

  • ボディの造りはしっかりしているが、フェイクレザーの表面は滑りやすい。
  • コントロールダイヤルは3つあり、うち1つはデフォルトではフィルムシミュレーションモードの選択用になっている(他の機能を割り当てることも可能)。
  • 4方向ボタンの機能はカスタマイズできず、意図せずに押してしまい設定が変わってしまうことがあるが、この機能をロックすることは可能だ。
  • タッチパネルは測距点の選択や画像の再生に使用できるが、残念ながらQメニューの操作では使用できない。
  • EVFはこのクラスのライバルのうちで最も大きいわけではないが、鮮やかな発色でリフレッシュレートも速い。
  • JPEGの画質は、色乗りが良くディテールに富んでいて素晴らしい。初期設定のJPEGではシャープネスが強いが、これは設定で弱くできる。RAWでは、更にハイライト側のダイナミックレンジが広くなる。
  • ノイズレベルは低く、高感度性能はこのクラスではトップに近い。
  • AFは芳しくなく、動体のヒット率はライバルを下回る。顔認識は遅く、より速く正確にピントを合わせるためには手動でAF測距点を選択することを勧める。像面位相差AFのカバー範囲は画面の40%で、他社よりも狭い。
  • X-T100のAFは動体追尾には不十分で、他社のカメラでは比較的容易に合焦する近付いている被写体でも芳しくない。
  • 動画は本格的な仕様ではなく、4KでもフルHDでも画質は良くない。理由は不明だが動画の最低感度はISO400だ。動画でオートISOは使えるが、現在の感度は表示されない。X-T20の動画は画質が良好なので、動画重視ならX-T20にステップアップする価値がある。
  • X-T20との比較では、スチルの画質はそれほど大きくは違わないが、動画の画質とAF性能はX-T20が遥かに優っており、ボディの造りもX-T20が優っている。X-T20の露出補正ダイヤルとシャッターダイヤルは非常に便利だ。富士のシステムが好きなら、余分にお金を出してX-T20を購入する価値は、間違いなくあると思う。
  • X-T100はスチルの画質は素晴らしく、独自の可動式液晶と高解像度のEVFを備え、バッテリーライフも素晴らしい。しかしながら、AFの動体追尾能力と、わずか15fpsの4K動画、そして全体的な動画の画質の悪さにはがっかりした。
  • 良い点:素晴らしいJPEGの品質、高感度ノイズが少ない、独自の可動式液晶モニタ、価格の割りに造りが良い、236万ドットのEVF、3番目のダイヤルでのフィルムシミュレーションの設定、バッテリーライフが長い、USB充電ができる、グリップ同梱。
  • 悪い点:AFの動体追尾が良くない、顔認識性能が良くない、操作にラグがある、動画ボタンを押してから録画が開始されるまで顕著に時間がかかる、デフォルトのJPEGのシャープネスが少々強い、カスタマイズ項目が限られている、動画の画質が4KでもフルHDでも低い、4K15fpsは本格的な仕様ではない、RAWで連写するとバッファがすぐにいっぱいになる、タッチパネルはQメニューに使えない、マルチフォーカス機能が遅くぎこちない。

 

X-T100はスチルの画質はとても優秀で、JPEG撮って出しでも申し分の無い画質が得られるようですが、AFと動画の性能は今一つのようですね。X-T100はX-T20に比べるとずっと安価ですが、その分、性能面ではきっちりと差別化されているという印象です。

2018年7月28日 | コメント(7)

コメント(7)

動体性能はまあ普及機に期待することではないですし、バッファについてもRAWで連写する層は購入しないから問題無いでしょうね。
AFと動画性能が悪いのは残念ですね、、
普及機の性能で判断されてX-H1に風評被害が飛んだりしないといいですが。
ライバルのkiss Mにマーケティング的にも性能的にも負けない何か一押しが欲しいですね!

画質面はレンズも合わせてkiss Mを上回っているのでは?
それとデザイン面はミラーレスらしいクラシックスタイルですし
趣味で始める方には需要もありそうですね

この機種に動画は求めてないので問題はないです。
しかしAFはちょっと残念ですね。
レスポンスよく撮りたいのでそれなりの速さはほしかった。
フジフイルムのベイヤーセンサーのフラッグシップモデルだと思っていたので、少々ハードルをあげた目で見すぎていたかもしれません。

やはりX-T20との差別化がされていますね。
それはしかたないのかも知れません。

Wレンズキットだと安くレンズ2本が手に入るので、
その点は魅力なんですが、動画が大切ならX-T20を買うのが
後悔しなさそうですね。

最初はX-T100を買おうと思っていましたが基本的な所はX-A5と同じという話でしたので私は安いX-A5を買いました。しかしX-T100のほうがアルマイト加工が施されたボディで質感が良く、加工分の耐久性向上もあると思うので羨ましいです。

X-T100を使っていますが、このレビューと同じ感想です。動画は旅先でのスナップ動画しか撮りませんので問題ないですが、動画メインなら手ぶれ補正もしっかり効くX-H1を使います。

動体AFもT-20等と比べて歩留まり率が落ちるということであって、一旦外しても合わせに行くので使えないというレベルではありません。このレビューでAFについて言及しているのはAF-Cのことであって、静止画AF-Sは遅くなく正確です。

まさにここに記載している通りです。完全オートモードのSPモードのAFポイントはどこに合わせているの?と笑っちゃうほど変なところに合わせてくるし、XF35mmF2WRシリーズのピントは遠近行って来いで合焦する感じです。
ただし、画質や絵作りはX-T10よりも明るく、見た目通りの好ましい描写が得られ私自身は動画もあまり使わないので手放せません。
なのでオールドレンズを付けてその描写を楽しむのがいいかなと考えております。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年7月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Towerjazzが新世代の100MPセンサーを開発」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF70-200mm F4L IS II USMはズーム全域で見事な性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る