タムロン「17-35mm F/2.8-4 Di OSD」の画像とスペック

軒下デジカメ情報局に、タムロンのフルサイズ一眼レフ対応の広角ズーム「17-35mm F/2.8-4 Di OSD」の画像とスペック、海外版のカタログが掲載されています。

タムロン「17-35mm F/2.8-4 Di OSD」の画像

  •  17-35mm F/2.8-4 Di OSD(Model A037)

    - 英語カタログ(PDF)
    - マウント:キヤノン用・ニコン用
    - レンズ構成:10群15枚
    - 最短撮影距離:0.28m
    - 最大撮影倍率:1:4.9
    - フィルター径:77mm
    - サイズ:φ83.6mm×92.5mm(キヤノン用)
    - 重さ:460g

Tamron_17-35f28-4diosd_001.jpg

Tamron_17-35f28-4diosd_002.jpg

 

Tamron_17-35f28-4diosd_003.jpg

タムロンから17-35mm F2.8-4が登場するのは久しぶりですね。最近では、このクラスのレンズは16mmスタートが多くなっていますが、タムロンは17mmスタートを維持し、F値も可変とすることで軽量・コンパクト化を実現しているようですね。

2018年8月 1日 | コメント(15)

コメント(15)

ソニーFEマウントは無いんですかね。28-75/2.8に続く小型軽量な広角レンズを期待しているのですが…

oyajii77さん
タムロンは一眼レフ用とEマウント用で別設計にする方針だからだと思いますよ!
うまくいけばもっとコンパクトなレンズが登場するはず

外観はAPS-C専用の10-24㎜に似ているように見えました
VCはON/OFFの切り替えスイッチがないので搭載されてないみたいですね

待ってました、こういうスペック!
このレンズの旧型を使っていました。
今はキヤノンの17-40 F4使ってます。
だからズーム回転方向が同じで出てほしい!

軽い超広角レンズを待っていたので、理想的なスペックです。
収差がどの程度まで補正されているのか…

タムロンにはこういうのを期待しています!
FE用も是非っ

お、これ良いですね。
開放で15-30と同程度の写りをするのなら文句なしですが、どうでしょうね。

旧型A05は、いまでも最も使用率が高いレンズです。超広角はいくつか使いましたが、軽い明るいの特徴は他に並ぶものがありません。新型は長年待っていたのでぜひ欲しいですね。

同じく旧型A05を使用しています。
nikonだと18-35の方が画質上なのは理解しているんですが特に困っていないのでそのままずるずると・・・
軽量でf2.8は大きなアドバンテージなので新型になってどのような改善が見られるのか、大変興味深いです。

いいですね。手ブレ補正があれば完璧だったのですが。ニコンのミラーレス用の当面の広角ズームとしては十分使えそうです。
ただし、ニコンの名玉18-35が67000円で売られていますので、お値段が気になるところですが。

軽量、広角側F2.8、フィルターが付けられる、これは山登りと星撮り好きな私に最適なレンズになる予感
光学性能が良ければ…

OSDって聞きなれないなぁと思ったら、「Optimized Silent Drive」なんですね。
USDよりもさらに静かに速くなるのでしょうか??

フルサイズ対応で広角でこの軽さはとても魅力的です

400g台なので軽いですね。しかも広角端はf2.8なので使い勝手が良さそうです。17mmスタートという広角ズームレンズは少し懐かしい感じがします。星景写真にもいいかもしれませんね。

やっと後継レンズが来ましたね。
旧型はAF速度以外満足でしたので新型にも期待します。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年8月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスの7本のフルサイズ用レンズの特許」です。

次のブログ記事は「2017年の全世界のデジタルカメラのシェア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る