パナソニックが海外で「DC-LX100M2」を正式発表 [内容更新]

パナソニックが、有効17MPのセンサーを採用したハイエンドコンパクト「DC-LX100M2」を正式発表しました。

Much-anticipated Panasonic DC-LX100 II features 17MP multi-aspect sensor (DPR)

  • パナソニックが、LX100の後継機「LX100M2」を発表した。大きな変更点は17MPのマルチアスペクト4/3センサーを採用したことで、この高解像度センサーと新しい画像処理エンジンによって、ディテールや色再現が改善されている。
  • レンズはLX100と同じ換算24-75mm F1.7-2.8だ。ボディのデザインは旧型とほとんど同じだが、グリップの形状が変更され、カスタムボタンが追加されている。
  • 液晶モニタは124万ドットで、タッチパネルが採用されている。EVFは旧型と同じだ。
  • バッファーは増加しており、11コマ/秒(C-AFでは5.5コマ/秒)でRAWで33枚まで連写が可能だ。
  • 新しいピクチャースタイル「L.モノクローム」と「ハイコントラストL.モノクローム D」が追加されている。4Kフォトは強化され、フォーカスセレクト、深度合成、軌跡合成に対応している。Bluetoothも追加されている。また、USBによるカメラ内充電にも対応した。
  • LX100M2の価格は、小型の外部フラッシュ付属で999ドルで10月に発売される。

pana_lx100m2_ofi_001.jpg

海外で一足早くLX100M2が正式に発表されました。新型機の外観は、グリップ以外は旧型からほとんど変わっていませんが、センサーと画像処理エンジンが新型に換装され、モニタが高解像度化されてタッチパネルが追加されるなど、中身は結構進化しているという印象です。

[追記] 国内でもDC-LX200M2が正式に発表されました(プレスリリース)。発売日は10月18日となっています。また、海外で先行発表されていたDC-FT7も国内で発表されました(プレスリリース)。

2018年8月22日 | コメント(23)

コメント(23)

4k動画時、画角が狭くなるのでしょうか?前機種
はクロップが少なく広角で4kが撮影できよかったのです。

フォーカスセレクト一括保存がついていたら絶対買います。でもたぶん、ついていなくてもたぶん買うけど。

とりあえず嬉しー朗報ですね。

シルバー出ないかな。今使ってるのがシルバーで最高に気にっているので。

タッチパネルも小型ストロボも要らないからもう少し安くしてほしいな。

Lモノクロームの出来が良いので旅行用に買いたいな

>2007さんへ
国内ではM2になるようなので、国内向けの名称を使用しています。

内蔵ND入ったかな?
G5xに変えたのがコレなんですよね。
モニターは流石に可動して欲しい。
佇まいは最高なんだけどな。

> jさん
全く同感。最も気になるのはそこですよね。
画素数が増えた分、クロップ倍率が大きくなったりしないで欲しいな。

液晶のタッチパネルは、あれはあれで便利なので順当なアップグレードですね。
初代は、何故採用しなかった?、同時期発表のミラーレスは付いていたので謎でした。

例のEVF、ですね
色が変に感じるのは自分だけでしょうか?
Gシリーズはそんなことないのですが...

一眼はソニー派ですが、これはAFが子供追っかけられそうならサブ機に買ってしまいそうです。

10万円きるかな?
値落ち待たないでいきなり買うかも。
LXは値崩れ期待できない。

正面の写真はかっこいいんだけど、もう少し薄くして、フラッシュとEVFを削って軽く安くしてくれたら食指が動いたかもしれない。

LモノクロームDで撮られたポートレイト写真展を観てその描写には唸らせられました。とは言えカメラシステムはシンプルに富士だけにしたいのでG7mark3の購入は躊躇していたのでLX100IIの登場は歓迎です。
所で他のソースでは有効画素数が2177万画素になってますが?

>聚楽齋さん
2117万画素は総画素数で、有効1700万画素です。
公式にもそのように記載されています。
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2018/08/jn180823-1/jn180823-1.html

海外の仕様表を見る限り4K時の画角は30mmからのようですね。全画素読み出しではなくて残念です。

LX100 :幅114.8×高さ66.2×奥行55.0mm 約393g
LX100M2:幅115.0×高さ66.2×奥行64.2mm 約392g
重量は1g軽くなっているけど奥行きが9mmも大きくなっている。私にとってはかなりのマイナスポイント。せめて同じ大きさにしてほしかった。

奥行きは死守して欲しかったな。
むしろレンズ等の改良で薄くなるのを期待していたので。

トップカバーが光沢仕上げに変更になったとのことで、画像を見た第一印象はブラックペイントのようです。いっそモードダイヤルとともに「ペンタックスMX-1」のように真鍮製にして、使い込むと金色の地金が出るようにしたら、これも変更となった革貼りのグリップと相まってカッコイイと思います。

写真を見る限りは奥行きが深くなったようには感じないので、
計測基準を変えたのかと思っていますが…。
4K動画はそうだろうと思ってはいましたがこれまでの画角が26mmだった事を考えると残念ですね。
なんだかんだでタッチパネルは便利なので、私は多少値落ちするのを待って機種変更します。

最短撮影距離がもう10cm短くしてくれたら良かったのになと思います。
食べ物を撮る時はもう少し近くから撮りたいので、LX100で不満だった最短撮影距離が改善してないのが残念です。

奥行きに関しては前機種と計測方法が変わっただけで、実質的には同じ厚みとのことらしいです。

個人的には厚くなっても良いので、可動液晶が欲しかったのですが。せめてチルトが欲しかった。

デザインの細部がブラッシュアップされて上品な佇まいになりました。これならライカ版を買わなくてもこちらを購入しますね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年8月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカがM10-Pを正式発表」です。

次のブログ記事は「ニコンD850とZ6・Z7とのスペックの比較 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る