ソニーがフォトキナで「mini α9」的な位置付けのハイエンドAPS-Cカメラを発表?

SonyAlphaRumors に、ソニーのハイエンドのAPS-C Eマウント機に関する噂の続報が掲載されています。

(SR4) The new "mini A9" will displayed at Photokina

  • 信頼できるソースが、ソニーが次の製品をフォトキナで発表すると話してくれた。

    「分かっていることは、mini α9が登場するという噂が流れているということだけだ」

    このカメラは新しいAPS-C Eマウントカメラで、α6700という名称ではないかもしれないという話も聞いている。

    これは重要な情報で、なぜかと言うと、このカメラはこれまでのα6000系とは異なる機種かもしれず、新しいα7xxxの名称になるかもしれないからだ。これは、ボディに何らかの大きな変更があることの兆候かもしれない。(追記:α7xxxに関する記述は、現在、元記事から削除されています)

    このカメラには20コマ/秒の連写や、4K60pが搭載される可能性があると予想している。発表は、今から9月中旬までに行われるだろう。この噂は、まだ100%信頼できる裏付けはとれていない。

 

以前から噂されていたソニーのAPS-Cのハイエンド機はα6700ではなく、更に上のクラスのカメラになる可能性があるようです。

このカメラは「mini α9」と呼ばれているので、動体撮影を重視したα9のAPS-Cバージョンのようなカメラになるのかもしれませんね。

[追記] 元記事のα7000の画像はフェイク画像です。

[追記2] 元記事の内容が変更されており、現在「α7xxx」に関する部分の記述が削除され、「α6500後継機ではない」とという内容に変更されています。

2018年8月24日 | コメント(37)

コメント(37)

この噂は本当なのでしょう
富士フイルムのX-T3もこのセンサー乗っけてくるんでしょうね

これは楽しみですね!
α7R3と組み合わせれば、なんでも写せてしまいます
24MPで15FPSで充分なので、とにかく高速で正確なAFに期待します!

α7000という名称なら、名機の復活ですね。miniα9だったらブラックアウトフリーで連写毎秒20枚以上ですかね。

これは嬉しいお知らせですね!
価格次第で、α7シリーズユーザーの望遠用スーパーサブ機に!!

凄いタイミングですね。
希望的観測で予想していましたが、Zシリーズがラージマウントで発表後、APS-Cの高性能機α7000を出せばソニーEマウントの優位性を全面に出せます。
秒30コマでしょうか?
ボディは個人的にはα6500サイズが良いのですが、α7型になってしまうかな?

やっとAPS-Cの情報が来ましたね。ネーミングはα7000であって欲しいです。あとは、高感度性能がどこまで上がるのか楽しみです。
ニコンもミラーレスに参入しましたし、フルサイズと同じく妥協のないカメラをお願いします。

(恐らくソニーセンサーの)FUJIFILMで毎秒20コマ(クロップ30コマ)が出るという噂なので、それは確実に越えてくるでしょうね。
最近の望遠レンズ路線と組み合わせて、スポーツ・報道・野鳥等を取りに来るのでしょうか。

ソニーの場合はその時の最新の技術を詰め込んでくるのイメージなので、
4K60Pが本当ならそれはもうminiα9なんて呼べない気が(笑)

そろそろAPS-Cでも裏面照射センサーの登場期待します。たしかサムスンが撤退してから空位になってたような。ソニーAPS-Cセンサーを使用する他メーカーカメラのブラッシュアップにもつながりますし、裏面照射なら画素数アップもありだと思います。

α7000番台を出すのであれば、16-50/2.8のEマウント版も一緒に出してほしいですね。α77の様に、α7000のキットレンズにしても良いと思います。後は55-300/4-5.6とか。
18-135が売れているそうなので、APS-C用のレンズ需要はまだまだあると思います。
16-50/2.8はAPS-C用では初のGMレンズにすれば、APS-Cユーザー憧れのレンズになるかも知れません
SAL16-50/2.8は良いレンズなのに、無印な事でいまいち影が薄かった様に思います。

mini α9、非常に気になりますね
α9並みのアンチディストーションシャッター、
高感度に強い裏面照射型の18MPセンサー、
4k60p、10bit、手ぶれ補正、etc…
など想像は尽きませんが、仮にこれらを満たして20万以内なら即決です

α9SⅢ待ちでしたが、安価なアンチディストーションシャッター機能搭載機が出るなら歓迎します

個人的にはAPS-Cのサイズ感が好きなので、もし新しいAPS-CのEマウント機が出るならAPS-C用のレンズも何本か出してほしいです。例えばF1.4以下の大口径レンズやF2.8通しのズームが欲しいですね。
もちろん、FEレンズの拡充が急務であることは理解していますが、24mm F1.4と135mm F1.8が出ればゴーヨンやロクヨンといった大砲レンズ以外は一通りそろうのではないでしょうか。
SEL24F18ZやSEL50F18はいいレンズですが、NEX時代から追加されたレンズといえば、動画用のSELP18110Gと便利ズームのSEL18135だけ。流石に少し寂しいです。

α7スタイルのAPS-C機なら、望遠側の周辺落ちが厳しく180mmまでの
使用にとどめている24−240mmを36-360mm 相当として使うのに
良いかもしれないので、APS-Cのハイエンドとしてあまり高価でならなければ
検討したいです、ハイエンドの次にミドルクラスもでるかな。     

NEX-5、NEX-6、α6300と使ってきてα6500は飛ばしましたが
連写はともかく、α9並みのアンチディストーションシャッターと
α9以降のマルチセレクター、Zバッテリー搭載であれば欲しいです。

4K60Pを実現!
APS-Cだと手振れ補正も有利でしょうし、扱い易そうで動画用として最適、本命機種かもしれませんね。

ペンタプリズム(もどき)の出っ張りがあるとするならば、新規にボディを設計・製造するよりも、α7iiiのボディにそのままAPS-Cセンサーを搭載すれば開発費を圧倒的に抑えられます。あるいは、そんなことはせずに、やや小ぶりの専用設計でくるのか?
はたまたα6500の発展形でレンジファインダー風なのか?

100-400G+a7Riiiで鳥を撮っていますが、クロップする事が多いので、APS-Cでミニa9出たらかなりグラっと来ます。6500はやはり使い勝手悪くて手放しちゃいましたので、サブで悩んでいます。

動態用に割り切るのであれば希望するスペックは

・20コマ/秒
・高速AF
・NP-FZ100バッテリー
・ジョイスティック
・大型or可変グリップ
・ローパスフィルターレス
・サイレントシャッター
・タッチスクリーン(ピンチイン・アウト可能)
・SDダブルスロット
・5軸手ぶれ補正(フルサイズより強力)
・新型画像エンジン(APS-Cでも見劣りしない)
・高画質EVF
・トリプルダイアル

等。今までより大きくなっても全く構いません。
縦グリなどパーツの追加ででサイズがカスタムできる仕様だと革新的です。

APS-Cは格下という、イメージがあるので
APS-Cでもmini_α9相当のハイエンド機としたほうがいいかもしれません。
動画機としても、Proシネマカメラが基本APS-Cなので、本来センサーサイズはこちらの方が何かに付けバランスがいいと思う。
大人の事情で、ミラーレス一眼でセンサーフルサイズの4K60P10bitが無理なら
いっそα7S3相当ののAPS-C/4K60P10bit外部収録も大いに歓迎です。
ただ、APS-Cのレンズでちゃんとしたものが少ないので
18mm~135mmあたりのしっかりした汎用性のある明るいPro用小型ズームレンズが登場してほしい。

常々思ってました。
デュアルスロット、Zバッテリー、をやるにはBODYをα7系のものにした新星APSCカメラを出すだろうと。
APSCにα7系のBODYを使えば、余裕があるので廃熱構造も作れる余裕が出てくるので、必然的に4k60pも搭載できるようになるだろうと。
FS7を使ってて思うのですが、動画はフルサイズよりもs35サイズが絵を作りやすいってことです。
だからα6500をサブに使ってます。
この予想通りに出てくれれば、まず、間違いなく買います。

今度こそ必ず、出て欲しいですね。
長く待った甲斐がありました。
凄く期待してます。9みたいに、レンズによって連写速度が下がるのは勘弁してもらいたいと思います。
どのEレンズ、FEレンズでもコンスタントに20コマ出る仕様でお願いします。

APS-C楽しみ!

鳥撮影用で待ってます(*´v`)

EマウントAPS-Cレンズを一式持っています。少数派かもしれませんが、レンジファインダー型で出してもらいたいです。あのサイズ感が、気軽に持ち出せる1つの上限に感じています。

α7000を名乗るなら、ぜひともトライダイヤルナビの復活を。
センサー性能に不満たらたらのNEX-7をいまだに手放せないのは、あの操作性を引き継いだ後継機がないからです。
噂どおりminiα9になるなら、α9000でもいいんじゃないかな。7000はトライダイヤルナビ機のために取っておいてほしい。

待ってましたと言うしかない情報ですね。
ボディ内手ブレ補正と高速連写のモデルなら絶対に欲しい。
実売価格が 20万までなら欲しい。

α7のボディ流用だといいなと思います。それならバッテリーもバッテリーグリップも使いまわせるでしょうし操作系も7と統一できるので、7系をお持ちの方がサブとして検討しやすいんじゃないでしょうか。4桁機とは別のラインとしてα3とかの名称で出してほしいですね。
別途4桁機は4桁機であの形は存続してほしいですが。

是非とも、是非とも今までの箱型スタイルを変えないで下さい。
ペンタ部分が飛び出たα7スタイルだけはやめてほしいと切に願います。
α9を使っているのでペンタが飛び出て良いのならα9を持ち出します。
APSCになるメリットが何も無い。
α6500のセンサーをα9スタイルにしてレスポンスを向上してくれればそれで満足です。

レンジファインダー型はキープしてほしいですねえ

わがままな希望
レンジファインダー型で、A7と同じファインダーを。
少し、はみ出ても、良いと思います。

「今のは、(A6500)」は瞳径が小さくて見にくい。
「ペンタ部のファインダー(A7)」は鼻が当たるし、
大砲を着けたとき、両眼視出来ない。

ムービーに少し似た外観になるかも知れませんが、
使い易ければ、機能美ということで。

操作系をα7系と同じにして欲しいです。
7R3と6500一緒に使ってると6500が使いにくくって。そんな方多いと思います。

動体撮影用、動画用に特化させるのであれば、ファインダーは光軸上が望ましいのでペンタ部が出ると思うのですが、そうだとするとこれは今までのaX000シリーズとは異なるので、新シリーズとして登場するのではないでしょうか。そう考えれば追記の内容もなんとなく理解できます。a6500の後継機は別になるかもしれませんね。

もしや77llの進化版はEマウントで展開していくと言うことなのでしょうか?3軸チルトモニター、持ちやすいグリップなどAマウントの良いところを取り入れつつより完成度の高いEマウント機になればいいですね。そろそろ新しいマウントアダプターや、コンパクトなAPS-C望遠レンズ E400mmF4Gとか出てきたらかなり魅力的です。

ファインダーはレンジ型の方が使いやすいですよね。鼻も当たらないし。でも、フェイクのペンタ部にあると格好いいと思います。まだレフに郷愁があるのでそう感じるのかな?積層裏面照射のセンサーになると値段が心配ですがα6500を飛ばしたので15万までなら即予約します。名前はα7000になるといいね!

たぶん、こんな意見はないと思いますが…
私はソニーのフルサイズ機についているメタリックオレンジリングがどうしても苦手で…
APS-Cで良い機能でフルブラックで出してくれればどんな形でも良いので買いたいです。
動画もやるのでセンサーはAPS-Cで十分なので、熱対策をお願いしたいのと
防塵防滴、さらにこの先レンズも充実してくれたら言う事ないです。

待ち望んだ情報です。
このスペックだったら申し分ないですよね。
早く実機の画像見たいです。
6000系ではなくα7系か、ワクワクしてきます。

楽しみな情報です。
APS-Cはせっかくポテンシャル十分なのに、レンズが寂しすぎます。
気合いの入った望遠レンズと共に登場してほしいです。
24ZAが際立って輝いていますが1本だけでは寂しいです。

わをんさんご指摘のようにα7とボディ揃えてもらえると併用しやすいですね。

α9はGMレンズありきであの性能でしたが、ミニα9はどうなるのか…。動画機の性能も良さそうですねえ

APS-CではなくSuper35って事にすれば良いんじゃないでしょうか。
PLレンズには1000万円クラスもありますし、そんじょそこらのライカ判サイズよりグレードが上ですよ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2018年8月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンはより安価なZ2桁やZ3桁シリーズの製品も考えている」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-T3のセンサーは裏面照射型だが積層型ではない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る