タムロンが「SP15-30mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A041)」を正式発表

タムロンが、一眼レフ用の新しい広角ズーム「SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A041)」を正式に発表しています。

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A041)

  • 広角レンズにおいて、特に高い反射抑制効果を発揮するAX(Anti-reflection eXpand)コーティングを開発。タムロンの独自開発による特殊な蒸着技術により、通常の凸面だけでなく、従来製法では均一な成膜が困難であった曲率が大きな凸面であっても、周辺部分の反射率を中心部分と同等レベルまで抑えることが可能。
  • デュアルMPUを搭載し、AF制御アルゴニズムを刷新。AF速度および精度の向上に成功しています。AF駆動にはタムロン独自開発の超音波モーターUSD (Ultrasonic Silent Drive)を採用しており、高いトルク、レスポンス、静粛性を実現。
  • 手ブレ補正機構VCの補正効果がさらに強化。Model A041は、従来を大きく上回るCIPA準拠4.5段分の補正効果を達成。
  • キヤノン(EFマウント)用の本製品には、レンズ後部にゼラチンなどのシートフィルターを差し込むことができるフィルターホルダーを標準装備。
  • 接合の各所に、防滴用のシーリング材を施すことで、レンズ内部に水滴が侵入することを防ぐ簡易防滴構造を採用。

 

何日か前から噂が流れていたタムロンの新しい広角ズームが発表されました。新型は、光学系は基本的に旧型のものを踏襲しているようですが、新しいAXコーティングや、デュアルMPU、強化されたVCなどが新たに採用され、かなり訴求力がアップしているという印象です。

なお、店頭価格は最安値で税込133,650円となっていて、旧型の初値よりも約2万円程度高くなっているようです。

2018年8月31日 | コメント(3)

コメント(3)

ニコン用にはフィルターホルダーがないというのはスペース的に付ける場所がないということなんでしょうか。

フィルターホルダーが付いているのは最近のトレンドですね。シグマの14-24mmもそうでしたが出目金レンズにはフィルターホルダーが必ず搭載されるようになって欲しいですね。

旧型は焦点距離といい画質といい本当にすばらしいものでしたが、歪曲収差とゴーストだけが不満だったので改善されるなら本当にうれしいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年8月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが9月5日に記者発表を行うことを確認」です。

次のブログ記事は「キヤノンが「EOS R」とRFレンズ群を近日中に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る