トキナーがフォトキナ2018で「opera 16-28mm F2.8 FF」など3本の交換レンズを展示

トキナーが、フォトキナで「Opera 16-28mm F2.8 FF」「Opera 50mm F1.4 FF」「Firin 100mm F2.8」の3本の交換レンズを展示しています。

Three New Tokina Lenses Coming Soon (ePHOTOzine)

  • トキナーは新しい3本の交換レンズをフォトキナ2018で「近日中に登場」の文字と共にショーケースの中で展示している。3本のレンズは次の通りだ。

    - Firin 100mm F2.8 FE AF Macro
    - Opera 16-28mm F2.8 FF(キヤノンEF、ニコンFマウント)
    - Opera 50mm F1.4 FF(キヤノンEF、ニコンFマウント)

tokina_3lenses_20180926.jpgopera 50mm F1.4 は、既に発売日が決まっているレンズですね。トキナーの次の新製品はEマウント用の望遠マクロと、一眼レフ用の広角ズームになるようです。

16-28mm F2.8 は、望遠端が28mmと通常の広角ズームよりもズーム倍率が控えめになっているので、光学性能には期待したいところです。

2018年9月28日 | コメント(4)

コメント(4)

トキナーの広角は非常に魅力的なものが多い。
16mmは従来からあったもので
できれば、15mmや14mmに挑戦して欲しかった。
そうすれば星景の選択肢が広がったのに。

opera 16-28mm F2.8は、DFA☆としてPentaxから出るかもしれませんね。鏡胴のデザインも50mm F1.4とそっくりですし。
トキナーとリコーで高性能FFレンズを設計分担して開発する体制ができたのなら、ペンタユーザーとしても朗報です。トキナーはズーム、リコーは単焦点担当みたいな。Kマウントレンズぬロードマップ更新を待ちたいと思います。

16-28は50mmと違って従来通りのAF/MF切り替え式のピントリングですね。
DFA☆として出ない気がします。

firinのロードマップでは標準ズームでしたが、100mmマクロとは予想外でした。価格によってはソニーのGレンズと食い合いますが、大丈夫でしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年9月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニック「LUMIX S1R」とソニー「α7 III」との大きさの比較画像」です。

次のブログ記事は「ツァイスがフルサイズコンパクト「ZX1」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る