シグマが5本の交換レンズの開発を発表

シグマがフルサイズ用の「70-200mm F2.8」「40mm F1.4」「28mm F1.4」「60-600mm F4.5-6.3」と、APS-C用の「56mm F1.4」の合計5本の交換レンズの開発を発表しています。

SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports 開発発表

  • 光学性能、堅牢性、機動力の全てにおいて過酷な環境下での要求に応えるべく開発された。
  • 発売日と価格は未定。対応マウントはシグマ用、ニコン用、キヤノン用。

sigma_70-200f2.8_sports_of_001.jpg

SIGMA 56mm F1.4 DC DN | Contemporary 開発発表

  • 最新技術の投入により、高い光学性能とコンパクトネスを両立させるContemporaryラインのコンセプトそのままに、中望遠域でもF1.4の明るさとボケ量を楽しめるレンズを実現。
  • 発売日と価格は未定。対応マウントはマイクロフォーサーズ、ソニーEマウント。

sigma_56f14dcdn_of_001.jpg

SIGMA 40mm F1.4 DG HSM |Art 開発発表

  • シネレンズとして要求される画角と性能を前提として開発をスタートさせた初めてのレンズ。「映像制作用プロフェッショナル機材」という新たな視点が、写真用レンズとしての性能にもブレイクスルーをもたらしている。
  • 発売日と価格は未定。対応マウントはシグマ用、ニコン用、キヤノン用、ソニーEマウント用。

sigma_40mmf14_of_001.jpg

SIGMA 28mm F1.4 DG HSM | Art 開発発表

  • 28mmの画角をArtラインのクオリティで実現してほしいという要望に応える形でスタートした開発では、これまでのArt F1.4単焦点レンズのノウハウを基盤に、最新の設計と素材、そして加工技術を惜しみなく投入している。
  • 発売日と価格は未定。対応マウントはシグマ用、ニコン用、キヤノン用、ソニーEマウント用。

sigma_28mmf14_of_001.jpg

SIGMA 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports 開発発表および発売日決定のお知らせ

  • 10倍という高いズーム比でありながら、150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sportsと同等の高画質を実現。19群25枚のレンズ構成により、ズーム全域、画面全体で均一な画質。
  • 最新のアルゴリズムを採用した Intelligent OSを搭載し、手ブレ補正4段分を達成。
  • 発売日はキヤノン用が2018年10月12日、ニコン用が10月26日。希望小売価格25万円(税別)。対応マウントはシグマ用、ニコン用、キヤノン用。

sigma_60-600f4.5-6.3_of_001.jpg

噂が流れていたシグマの5本のレンズの開発が発表されましたが、60-600mmは価格も発売日もアナウンスされているので、開発発表と言っても正式発表に近いですね。60mmスタートの10倍ズームは、他に無いスペックのレンズなので注目を集めそうです。

40mm F1.4はシネマレンズの光学系を転用したもののようですが、超重量級のレンズから、どのような画が出てくるのか 興味深いところです。また、28mm F1.4 は、キヤノン純正には無いスペックなので、28mm好きのキヤノンユーザーには待望のレンズですね。

2018年9月26日 | コメント(21)

コメント(21)

単焦点,結構刻みますね。
60-600は似たようなズームがある中で,どれだけ変わるのでしょうか。気になります。
それにしても最近のシグマはすごく攻めいていて,よくそんなに開発リソースがあるなぁと感心します。

70-200mm F2.8は太陽の熱を反射するからという理由があるらしいけど
もう普通に黒で良いと思う
https://www.youtube.com/watch?v=XY4ACWwtKoc&feature=youtu.be
スポーツラインとしての性能も良さそうですね

40mmF1.4はスタジオポートレートのバストアップ以上の近接で非常に役立つ予感がします。35mmでは広角感が若干出て目が少しだけ離れてしまうし、50mmでは正確に表現できるものの目の大きさが盛れないし、40mmは目がややデカ目で、離れ目になりにくいように思います。
盛れるレンズになり得る予感がします。
早く試してみたいです。

40mmのMTFとインプレッションみて腰抜かしそうになりました。
これはシグマ史上最高の性能かと。
重いですが買います。

40mmf1.4、かなり重たいと思ってましたがMTFが異次元ですね。Otusも超えてるのでは無いかと。シグマは一気に多数のレンズを出してきました。
60-600mmは唯一のレンズになりそう。50-500mmは野球撮影に便利ですので、これまた活躍しそうです。
ARTのf1.4のレンズもひとまず打ち止めかなと。これからはLマウントをはじめとするフルサイズミラーレスにシフトしていくのでしょうか。

やっとSラインの70-200mm F2.8が正式発表されましたか!!
楽しみにしていたのでとても嬉しいです。
早く発売して欲しいですね。

40mmのMTF曲線、、、見たことないような高性能です。
そして概してこういった解像度の高い高性能レンズは、ボケに癖がありがちなのですが、それもない。。。
まちがいなくお化けレンズですね。

既存のカメラに対しての全力ラインナップというかんじでしょうか。質と量で圧倒されます。
今後は新しいマウントに注力していくんでしょうね。

70-200 2.8 αシリーズにつけるためのEマウントは発売後回し?
コンバーターかませると動体には不利だしEマウントで出すと思ったのに。

ようやく発表されましたね。
40mm f1.4のインプレッションいい写真ばかりですね。
鳥肌が立ちました。
私もこんな写真撮ってみたい。(無理ですが。)
非常に高価格になりそうですが、是非買いたいですね。

僕は150-600コンテンポラリー使ってます。60mmスタートであれば便利そうですね。 あと‘スポーツ‘ということは直進ズームを使えるかどうか気になります。150-600の‘スポーツ‘は直進ズーム対応でしたので、引き継いでいてほしいです。
10倍だし、無理かな・・・

40mmすごく良さそうですが、sd Quattro H にはばっちりの画角だけど新しく発表されたフルサイズ機には広すぎるかなぁ。
Lマウントのネイティブレンズで55mm前後のが出るまでは、手持ちの50mmか70mmを活用することになりそうです。

もともとズームレンズに比べて、単焦点は大きさ的にまだ余裕を感じていたので、同じコンセプトのレンズが増えてくれたらうれしいです。もともとフルサイズFoveonが出たら、Artラインのさらに上のラインが必要になると思っていました。

同じ性能が出せるなら、開放F2.8の単焦点でも良いのですが、それは難しいのかな?すべてがF1.4じゃなくても、描写性能さえ満たしていればその他のバランスも重要だと思うので。

40mmの単焦点なのに重さ1.2kgってすごいですね。

これはもしかしたら市場に出てる既存のレンズの中で、
一番の解像力を持った描写になるのか期待が持てそうです。

Artの単焦点が圧巻のライナップになってきましたね。最近、シグマの単焦点の魅力に取り憑かれていて、レンズ沼ならぬシグマ沼ぽい状況なんですが、28mm F1.4がすごく気になります。40mmは普段使いとしては重すぎて持ち出せそうにないので買うのは無理だと思うけど、とんでもない性能でシグマしか作れない(作らない)レンズじゃないでしょうか。

60-600mmも他社にはない仕様で、60mm始まりはレースやスポーツ、特に運動会なんかの撮影では、ほとんどレンズ’交換不要になりそうで便利だと思います。これが150-600mmと同程度の性能ならば凄い人気が出そう。ただ、2700gは重いなぁ…Contemporaryラインで欲しかったと思うのは、私だけでしょうか?

シグマの進撃がすごいな。
70-200は待ってましたが、この重さだしどうしたものか?
40も超ド級ですが、使ってみたいとは思いますね。
しかしミラーレスへの過渡期の今、どこまでレンズに投資していいものか悩みます。

>空タクさん
60-600は直進ズーム対応と製品ページに書いてありますよ~。

60-600のEマウント版はでないんでしょうね…
150-600 100-400
どれでも良いので、Eマウントネイティブが欲しいところです

70-200 2.8は1.8Kgもあるのですね、最近のシグマは重量無視ですか?
高性能でありながらも常時携帯できる大きさ、重さも大事だと思うのですが?

70-200 はマグネシウムで1.8kgということはガラス玉の量としては他社並みですかね。
MTFも突き抜けた感じはないですし。
こういう重さの増やし方じゃなくて、エンプラ鏡筒にガラス玉詰め込んだ奴が欲しかったです。

Sigma60-600 惹かれますね。 レンズ構成を見ると150ー600Sとも50ー500ともちょっと違う。 パーツは前者と共用するものが多いでしょうが、HPでは前者と同等の高画質という表現。 前者と NIKON200ー500と比べたら手ぶれ補正に大きな差があったので結局購入しませんでしたが、今回4段と明記しているので解像度と共に期待しています。 AFは実情でNIKONの方が遅く感じたので、前者より更に速いとなると、こっちも期待大。 でもNIKONだけリリース遅いから少し待ち。。。

最近SIGMAのレンズの画質の良さと明るい大口径レンズ出してくるのはいいんだけど、どれも重すぎるレンズばかりやからもうちょい軽いのも出してもらいたい。
フルサイズに使える軽くて高画質な旅行用レンズ出してほしいなぁ。

40mmの発売前商品のサンプル画像がアップされていますね。
https://www.dpreview.com/samples/2604901376/sigma-40mm-f1-4-art-beta-sample-gallery
解放でこの解像度はなかなかすごい。。。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年9月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカが「LEICA S3」を正式発表」です。

次のブログ記事は「Krasnogorsky Zavodが「Zenit M」を正式発表 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る