リコーが「RICOH GR III」の発売時期と主要なスペックを発表

リコーが、GRシリーズのハイエンドコンパクトカメラ「RICOH GR III」の開発を発表しています。

ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「RICOH GR III」を開発

  • 株式会社リコー、リコーイメージング株式会社は、ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「GR」シリーズの最新モデルとなる「RICOH GR III」の開発を進めており。9月26日から9月29日まで、ドイツ・ケルンにて開催される世界最大規模の写真・イメージングの総合見本市「フォトキナ2018」に参考出品する。
  • 現在開発中の「RICOH GR III」は、変わらぬ基本コンセプトをベースとして、新開発のレンズをはじめ、イメージセンサーや画像処理エンジン等の主要デバイスを全て一新し、さらなる高画質を追求するとともに、各種機能やユーザーインターフェースの強化、刷新をはかる。
  • 発売時期は2019年春(予定)、価格は未定
  • RICOH GR IIIの主な仕様(※一部だけ抜粋です)
    - レンズ構成4群6枚(非球面レンズ2枚)
    - 焦点距離18.3mm(換算28mm)、F2.8-F16
    - 有効画素数2424万画素
    - AFは像面位相差検出及びコントラスト検出によるハイブリッド方式
    - 手ブレ補正は撮像素子シフト方式(3軸補正)
    - 超音波振動による撮像素子クリーニング機能
    - 内蔵メモリー2GB
    - モニターは3.0型103.7万ドット、静電容量方式のタッチパネル
    - 外形寸法109.4mm x 61.9mm x 33.2mm
    - 重さ257グラム(バッテリー、SDカード含む)、227グラム(本体のみ)

ricoh_griii_20180925.jpg

GR III のスペックが公開されましたが、GR II と比べると、センサーの高画素化や、新設計のレンズの採用、3軸ボディ内手ブレ補正、センサーのゴミ取り機構、タッチパネルの搭載など、かなり大きく進化しているという印象です。サイズもGR II より一回り小さくなっているようですね。

2018年9月25日 | コメント(80)

コメント(80)

これは嬉しい!!ボディの小型化、タッチパネル、あとはAF性能に期待してます!

従来よりもさらに少なく抜け感の良さそうな4群6枚レンズ!
さらに小型軽量のボディにShake Reductionによる手ぶれ補正。
(リアルレゾリューションは搭載しないのかな?)
起動時間とAF速度向上による速写性能が上がってくれば、ますます大きく重くなるフルサイズミラーレス機のサブ機として魅力的な逸品になりそうですね。

これは素晴らしい!
足りないと思っていたところを埋めてきていますね。
手ブレ補正とゴミ取り機構は絶対に必要と思っていただけに嬉しいです。

センサーサイズは一緒ですが、スナップ用にこれは買いたいですね。

ぱっと見は、あれ?またこのデザイン?と思いましたが、よく読むとじわじわすごさが伝わります。きっとフルサイズじゃないのか、ズームじゃないのかという人がいますが、ポケットに入って速写できる28ミリなら、APS-Cがいまはベストだと思います。

横が10cmなのでかなり小型ですね。ボディ内手ぶれ補正は嬉しいですし、画総数も2400万画素になりました。より使いやすくなったのでは無いでしょうか。起動時間は前から十分に速かったので、あとはAFが気になりますね。最強のスナップカメラになるのではと思っています。

おータッチパネルに手振れ補正!ゴミ取り機能!
アンケートに答えたモノすべてが詰まってる!
触ってないけど買い決定です
発売が延びないと良いな

スナップが一番好きなのでカバンに入るこのサイズは本当にいいですよね。

いつも欲しいカメラ機材のリスト上位には入っているのですが、レンズ買ってしまったりで中々手にできていません。新しいGR魅力的ですねぇ。早くレビューなど作例
をみてみたいです。


それにしても2018年9月はカメラ関係のニュースが凄いです!

像面位相差AF搭載されていてほしいな

GRなので写りは全く心配してません。
wifiが快適に使えたら良いのですが、期待して待ってます。

すごく欲しいXF10買わなくてよかった。
手ぶれ補正とクリーニング機能付きサイズもとてもコンパクト、値下がり考えずに出たら即買います。

一時期噂にあったフルサイズ機ではなく、手堅くアップデートしつつ手ぶれ補正を載せた正統後継機ですね

正直RX1以外のフルサイズコンパクトの選択肢が欲しいところなのでちょっと残念ですが、後継機としては完璧ですね
別ラインでフルサイズGRも出たりしないかなー

スペックから見るとK-70をぎゅっと押し込んだ感じですね。
ISO上限未確定ということはアクセラレータ積むのかな。

フルサイズになるのかなとも思いましたが、本体が小型化されるのであればAPS-Cのままでも大歓迎です。

まさかのサイズダウン!
3軸とはいえ手ぶれ補正搭載!
センサークリーニング!
待ちきれません
早くこの手に!

画像を見るにフラッシュは省略されてるのかな?
空いたスペースを活用してSR機構を搭載しさらに小型化まで果たしているとしたら、ただ見事という他無いです。

期待して待っていた甲斐がありそうな内容に興奮しています。
粒状感の調整や更に寄れるようになったマクロも何気にうれしいです。
でもなんといってもGR2よりコンパクトなのが一番うれしい!

maamさん
メーカーサイトの表記には像面位相差の表記が!
AFもいい感じになってるんじゃないかと期待してます

手ぶれ補正を載せたのにほとんど重くなってない!
実質、苦手な暗所も以前より強くなりますよね?
GRは見た目が好みでないので敬遠していたのですが、このスペックだと流石に揺らぎます。

何気にフォーカス方式が「像面位相差検出およびコントラスト検出によるハイブリッド方式」になり、最短撮影距離も「標準:約0.1m~∞、マクロモード:約0.06m~0.12m」と縮まっている事が嬉しいです。

うおっ、リーク情報ではなくいきなり正式発表が来ましたか!
フラッシュがオミットされているように見えますが、サイズダウンしつつ手ぶれ補正ねじ込んでくるとは素晴らしいですね
処理能力は調整中なのかISOや連射速度はまだ分からないようですね

高性能を追及して単焦点でも
レンズ15枚以上の構成が増えてきましたが
これは4群6枚!。
製造のばらつきが減りそうですし
抜けもよさそうですね

欲を言えばGRIIの時にコレを出せていれば・・・と言う感じではありますが
小型化しつつセンサーシフト式手ブレ補正を組み込んでくるのは凄いですね

理想に近いスペック。
フラッシュを省いたのは叡断。

惜しむらくはコンデジなのにGPSを内蔵していないこと。

いきなり正式発表きましたか!
レンズが新設計ですか!
手振れ補正ですか!
防塵防滴は……唯一、それが残念。
きっと、買っちゃうんだろうな。

手ぶれ補正の恩恵で、ローパスセレクターに対応してきましたね。
篠原ともえさんがGRをポラリエに乗っけて星を撮るそうですが、もしかしたらアストロトレーサーにも対応するかもしれませんね。

まさかの発表で正直驚いてます!

GRIIも評判良かったですし、センサーサイズがAPS-C据え置きなのも、ズームレンズじゃないのも、ポッケに入る小型軽量を考えれば十分アリです。

これはまさに究極のスナップシューターになりそうですね!!

高画素化などは予想通りですけど、スペックが変わらないのに、レンズを新しくしたことに、メーカーの本気を感じます。
ちっちゃくなって、見た目もボクのストライクだし、欲しいなあ。

GR1でまだ頑張っていましたが、ついに買い換えるときがきましたね。
手ぶれ補正と位相差AFは嬉しい

ストロボを捨てて光学手ぶれ補正を積むのは、ストロボチャージの時間を待ってられないスナップシューターとしては正解なんでしょうね。
このボディサイズで手ぶれ補正を積んだら素子の発熱対策が厳しくなるから動画のスペックに過剰な期待は禁物でしょうが、このカメラを待っていた層はそれで良しと思うでしょう。
ツボる人にはとことんツボな仕様ですね。

GR digital時代に近い大きさになりそうですね。
スペックは個人的には理想に近いです。
あとは別売のフラッシュがどうなるかかな。
GRの機動性を損ねない小型のものも出してくれると嬉しいですね。

ウィークポイントをつぶしてきたとあっては注目のカメラです。
個人的にはEVFもあると嬉しいのですが。

USB Type-Cによる充電可能も地味に素晴らしいポイント!
それはそれとして内蔵メモリの存在が謎い…なんでこんなものを

SR載ったならもしかしてリアルレゾリューションやアストロトレーサーなども……と思ったのですが、書いてないですね
ただ、スペックはまだ未確定の部分があるようなので諦めずに続報を待ちたい!

ゴミ対策が明記されているので期待大です!!
レンズ保護フィルターをつけられるようになっていれば、更に嬉しい!!

待ってて良かったGR3。
マクロが嬉しい。

「モニターは3.0型103.7万ドット」って十分なんですかね?ファインダーないんだしもう少し頑張ってほしい。

何気にRawが14bit対応したんですね。

これによりjpegの画質向上なら、
尚更嬉しいですね。

この落としどころは、凄いく良い!と思います。

後は価格だけですね。

恐らくRICOHの人も見てるでしょうから書きます!
これぞ待ち望んでいたカメラです。
特にゴミ取りは唯一GRを買う気になれなかったポイントなので嬉しいですね
これは予約して買わせて頂きます!

GRユーザーです。素晴らしいバランスです。
フルセンサーやズーム、稼働液晶なんかで肥大化しなくて本当に良かった!
この調子ならGRらしいレスポンスや機能の削ぎ込みも期待できる

来年予定なら予算取っておけるので必ず買います
新要素多そうなので是非販売まで完成度を高めて欲しい

SRとかペンタックス一眼レフの要素が入ってきてますねー。
ごみ取り機能以前にゴミ入りにくくなっていかも。。
外付けフラッシュはペンタックス用ですかね。
グリーンボタンとかついてたりして?

暗所がKP並みに強ければフラッシュ要らないです。

富士XF10とは異なる方向性ですね。
値段が2倍くらい違う?
手振れ補正はいいですね。

富士はGRⅢを確認した上でX70後継機を出すのかな?
競い合って欲しいですね。

Pentaxお得意のセンサーシフト搭載で、ようやくシナジー効果が出てきましたね。
けどもう一つの得意技の防滴防塵はなしですか...。
このまま一気にGR21再来なんて事になったら最高なんですが。

ようやくGRD4のまともな後継機が
やってきた。そんな喜びを感じています。
早く来い、GRの春。

GR2のときにイマイチそそられるものがなく、
ずば抜けてぶっ飛んだカメラのDP1に惹かれて買ってしまいましたが、
やはりシチュエーションを選ぶカメラなので、
時期GRがここまで進化するなら是非買い足したい一台です。
手ぶれ補正が3軸なのはどうしても小型化とのトレードオフになると思うので
これだけコンパクトで軽量なら全然我慢できます。

流石GR!
基本コンセプトから全くブレずに、それでいて着実に進化してるようですね!
暗所AFが良好でKP並みの高感度耐性があれば言う事無しです。

レンズ交換式でないのにダストリムーバブル機能はどのようなゴミ処理を想定した機能か気になります。

GRのゴミには、ずいぶんと泣かされましたが、これは嬉しい。
(※ちなみに他社もAPSーCのコンデジも同じ問題を抱えてます)

出っ張りもなくポケットすんなり入る所もスポイルされてない所か、まさかの小型化で裏切らない進化ぶり。

これ以上の出っ張りや、大型化してフルサイズになる方向性はナシだと思ってたので大歓迎です。

ただ、今の時代はSNSに投稿することが多いので、スマホの連携やwifiの転送処理が高速化されてるのか気になる所。

もちろんGRの良さとは違うベクトルの話ですが。

しかし、よい方向性だと思いますが、心配なのがマニアックで世間には良さが解ってもらえないのではないかと(^^;

スバラシイ(^o^)

できれば外付けEVFに対応してほしい。
そうすればパーフェクト(・∀・)

高精細撮影機能が付くのかしら?
アストロトレーサーによる60秒程度のカメラ内追尾機能があったら買いたいです。

ようやくGRD4のまともな後継機が
やってきた。そんな喜びを感じています。
早く来い、GRの春。

大きくならなかったのがうれしい。
夜景の撮影しないからフラッシュ要らないし、ゴミ取りつくなら歓迎。
小型で重量感のあるのは機械っぽくて好きですね。
あとは値段だけです・・・
高いんだろうなー。

いろんなカメラ達の悪魔の囁きに負けそうになりながらもずっと待っていてよかった。
開発大変だったと思いますがリコーさん本当にありがとう!

これは嬉しい!
来春発売というのが、何ともまどろっこしい〜〜
しっかり熟成して欲しいです。
予約します‼︎

現仕様だとEVFは付かなそうな気がしますね。
まだ発売まで間があるので、是非外付けでも付けられるようにしてほしいです。
GRⅠもGRⅡもしばらく光学ファインダーを付けて使用しましたが、
結局EVFがないため使い勝手が悪く手放してしまいました。
本当はEVF内臓が一番なのですが、、、

フルでは無いんですね。
少し残念。
ただ、それよりもコンパクトで軽いことに惹かれてます。
沈胴式でも早きゃイイし、ゴミもなんとかなるかな。
…となんとなく自分を説得してることに気づきます.
買ってしまうのかなぁ。

先日センサーにゴミが付着し修理に出したので、今度のごみ対策やSRは嬉しいですね。
フルサイズのブームに乗らずAPS-Cのままでこのサイズをキープしたのもスナップシューターとして大変いいと思います。

ただ、老眼になってしまった自分としては背面液晶だけでは辛い。
EVFを内蔵したGR III Plusなんて派生モデルが出たらそっちを買うなぁ。

今日は色々な発表がありましたが、個人的には一番きになるのがGRでした。
高画素化したことでクロップもより実用的になり、これで新開発のレンズ性能が良ければ、13万円ぐらいならぜひ予約したいと思います。

わざわざレンズ新開発とか熱すぎますね!メーカーのこの機種に対する思い入れが伝わってきます。残念なのは防塵防滴の記載がないこと。あとそれさえあれば環境問わず無敵のスナップカメラになるのに。GPSも付いてないみたいですが、O-GPS1対応でアストロトレーサー機能も使えるといいですね。記載の無いリアルレゾリューションも付いてて欲しい。せっかくK-1 MkIIで手持ちリアレゾ実現したのだからスナップカメラであるGRに積まないのはもったいない。あと半年は待たされるようですが、いまの段階で開発発表してくるのはユーザーのリアクションを見る意図もあるかと。メーカーの方もここを読んでるはずなのでみんなの要望が伝わるといいですね。

私が後継機に望んでいた要素をぜんぶ詰め込んできたうえに、+α(タッチパネルやゴミ取りなど)も搭載していて、本当に大満足です。あとは発売日でしょうかね~。

色々噂は出てたのでどうなるのか気にしてましたけど、これは欲しいです!
ゴミ対策と高画素化でクロップ耐性も高まってそうなのが嬉しいです。
春が待ち遠しい!

出たー!
スペックは理想的です。
あとは、多くの方々が書いてますが、Wi-Fiやスマホなどとの連携がどの程度なのかという点ですね。
来春が待ち遠しい!

今はまだ発表されていないiso感度、値段が高くなってもkpと同じ性能だととてもうれしい。春が楽しみになりました。


AF性能と高感度性能の進化具合が気になるところですね。
できればすべてのエフェクトで連写ができるようになれば嬉しいです。

とにかく、外付けEVFをオプションで用意して欲しい。
老眼に身には、フォーカス合わせと構図取りにはどうしても欲しいです。

お願いします。

センサーシフト式手ぶれ補正ですか。
僕は以前、ペンタックスK-1を使ってましたが、1/100付近のシャッター速度で多発する手ぶれ写真に悩まされたことがありました(1/15~1/30のスローシャッターでも手ぶれは滅多に起こらなかった)。

色々と調べた結果、センサーシフト式手ぶれ補正には、ある特定の範囲のシャッタースピード(1/125秒前後)で、シャッターショックが手ぶれ補正ユニットに干渉し、ぶれを発生させてしまうという現象があることを突きとめました。

連投失礼します。この問題は、他のカメラユーザーにも認識されていたようです。

https://diary.q-orbit.jp/post/73764776815/

オリンパスや富士フィルムでは、対策として、シャッターユニットをバネやダンパーを介してボディに取り付け
たりしてます。

こういった問題をRICOHは認識しているのでしょうか?
ちなみにK-1Ⅱにはそのような対策は取られてないようですが…

縦走りのフォーカルプレンシャッターを使ったレンズ交換式のSLRやミラーレス機は縦方向の振動が生じる恐れがありますが、GRはレンズシャッターで複数のシャッター羽根の移動によるは振動は打ち消し合う方向になる為、羽根が一方向に動作するフォーカルプレンシャッタ機にみられるような微小なブレは原理的に発生しないはずです。また羽根自体の質量も小さいですし。
まあ現物で実際に撮ってみないと、他の要因で微ブレが発生する可能性はありますが…

あと、フォーカルプレンシャッターが撮像素子のすぐ前にあり振動を像面に伝え易いのに対して、GRのレンズシャッターは鏡筒の中にあって撮像素子から離れている上、途中に沈胴式の鏡胴が動くだけのガタが何段もあるため、シャッターの振動が撮像素子にダイレクトに伝わる可能性はほとんど無いのではないかと思います。

流石ユーザの一番欲しいもの分かってる会社やなぁって思いますね。
欲を言えば手ぶれ補正要らないから収納時のレンズの出っ張りをGRD2ぐらいまでに抑えて欲しかったかな。でも手ぶれ補正必要って人多いですよね。

最近広角レンズを一眼レフで使う気がイマイチ起こらなくてちょっと困ってた(?)のでGR3を機にGRにも戻ってみよかな。

素晴らしいスペック。
まだGRD4を使ってますが、あの取り回しの良さは他の追随を許しません。ゴミがウィークポイントなので、そこを潰して来たのもエクセレント。マクロも頑張ってる!
ここで書くべきではないかもしれませんが、あのボディの良さを広めるための三倍ズーム搭載機も可能であればー、選択肢が広がるのに、と無い物ねだり。

モカマタリさん

そんな現象があるんですか
ただ私の手持ちの機材でいろいろ確認してみましたが等倍比較しても1/125前後でのブレというのは分かりませんでした
個体差とかでも出るんでしょうかね

GRに関しては腰痛部さんのとおりレンズシャッターでしょうから影響はなさそうですね

頼むから個別色設定を復活させてほしい。

埃が入りやすく買うのを躊躇させられたり、GRデジタルの頃にはあった個別色設定がなくなって購買意欲が失せたりで スナップカメラがほしいのに買えない状態だったので、ヤキモキした気持ちにトドメを刺してほしいです。

EVF内蔵と防塵防滴は叶いませんでしたか。。。
でも買ってしまうのですよね
早く欲しい

手ぶれ補正を積んだと聞いて、ボディサイズを心配しましたが、まさかGRⅡより小さいとは。
一体、どんな魔法を使ったらあのボディにSRが入るんですかね?

ニコンユーザーで,かつてGRと迷ってCoolpixAを購入しましたが,
これは素晴らしいですね。
この大きさ,軽さでAPS-Cフォーマット,さらに高画質。
4年ほど使ってきたCoolpixを,
ついに引退させる時が来るかもしれません。

良い進化ですね!
ただ、露出補正の「+/-ボタン」がなくなり「ADJレバー」に割り当ててるのがちょっと…
無理にサイズダウンさせるより、あの+/-ボタンは残して欲しかっなぁ…というのが個人的なマイナスポイントです。

画像モニターをそのままファインダーに、というわけで、以前GXRにハッセルのファインダーを着けていました。カメラのホールディングが安定しますし、日中の画像チェックも見やすいです。
是非コンパクトな物を作ってもらいたいものです。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000277733/SortID=14733621/ImageID=1235253/

GRII利用者です。「今のままでも十分だけど、欲を言えば…」と言えるポイントが満遍なくアップデートされていて、物欲を刺激されます。
唯一、個人的に心配に思えるスマートフォンとの連動がより快適になれば、「最高のスナップシューター」の自称はより真に迫るものになり、同時に時代の潮流にシンクロしたカメラに化けるでしょう。
これは「もしかして」の話ですが、例えばスマートフォンに送りたい写真をタッチパネルでざっと一括で選択し、SNSのシェアに適したデータ量で送受信が可能とあれば、私からは一切文句の付け様がありません。それ以上、GRに求めるものが思いつきません。

依然流行に流されない毅然とした姿勢がGRらしいと感じます。GRに競合するカメラは実質存在しないでしょう。大げさかもしれませんが、私はそう感じます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年9月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノン「RF24-105mm F4L IS USM」の実写サンプル画像」です。

次のブログ記事は「パナソニックが「LUMIX S1/S1R」の開発を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る