シグマがSAマウントカメラの開発を終了

シグマが、公式サイトでSAマウントカメラの開発終了をアナウンスしています。

SAマウントカメラ・レンズをご愛用の皆さまへ

  • フルサイズミラーレスカメラの開発にあたり、技術検討を重ねた結果、ショートフランジバック、光学設計の自由度など多くの理由により、ライカカメラ社が持つLマウントが最も理想的であるとの結論に至った。今後SIGMAで開発する全てのレンズ交換式カメラでLマウントシステムを採用し、新規のSAマウントカメラの開発は行わない予定。
  • 現在発売中、および今後発表される一眼レフ用交換レンズにおいては、当面はSAマウントを継続して開発・製造・販売し、ラインアップも維持していく。
  • SAマウントをLマウントに変換する専用のマウントコンバーターを開発している。

 

SAマウントのユーザーには残念な話だと思いますが、LマウントとSAマウントの両方を維持するのはリソース的に厳しいのかもしれませんね。

とは言え、SAレンズ-Lマウントのマウントコンバーターが登場するようなので、SAマウントのレンズは新しいLマウント機で活用できそうです。

2018年9月26日 | コメント(12)

コメント(12)

時代の流れ的にLマウントに収束するのはしょうがないですね。ただ、マウントアダプターやマウント交換サービスを来年から始めるので、抵抗は少なそうです。フルサイズフォビオンも発表しましたし、維新の成功を待っています。

マジですか、、、

マーク1以来のマウント変更かなー?

MC-11のL版がでるってことしょうね。EF-Lが出てくるっていう噂もこの絡みからいうとSIGMAで出てくるってことで確定でしょうね。

他には、フォビオンは現状フルサイズがないのでどう出てくるかというのと、フォビオンベースの動画対応カメラがどうなるかってところかな。

まあ、一時期のライカのズームレンズはΣ製って話もあったし、パナの45mmマクロもって話もあるので、三社協業での新マウントは妥当なところなんでしょうね。

シグマSAマウントって、実はキヤノンEFマウントに次ぐ歴史のある、何気に26年も使われてきたマウントですからね。

SA-Lマウントアダプターを作れるということは、EF-Lも比較的簡単に作れるという事になりますね。
SAマウントはEFマウントとほぼ同じ通信プロコトルになりますので、この記事は案外キヤノンユーザーをも、いずれかのLマウントカメラを青田買いさせる材料の1つになりそうです。

SIGMAさん、ちょっと泣かせにかかっていませんか…?(笑)

SAマウントレンズはこれからも登場するとのことなのでSAマウント機ユーザーさんもまだまだ期待できそうですね

こんな事いったらアレですが、ユーザーが少ない分フットワークは軽いですね。
でもまぁ当然の流れでしょうね。
今後は間違いなくショートフランジバックのレンズが殆どを占めるようになるでしょうし、それにより高性能なレンズになっていくでしょうから。
Lマウントのボディも出すとの噂なんでリソースの集約は必然でしょう。

シグマの一眼レフのフォーカシングスクリーンは非常に使いやすいものでした (SA-7 のものはちょっと黄色味かかってきましたが)。sd Quattro が発表された時点で一眼レフの打ち止めは覚悟していましたが、もう二度とあの見え味を受け継いだ一眼レフの開発はないと明言されるのは辛いですね。

シグマの L マウント連盟加入の発表がされた時は、もしかしたら SA マウントは本来の『一眼レフのマウント』としてその役目を果たすべく継続されるのかなと淡い期待をしただけに残念です。

sdがミラーレス専用マウントを搭載するのを待ってました。
レンズは新たに魅力的はものがどんどん出るはずだし、一眼レフにも未練はありませんが、EVFの応答速度やフリッカー対策などはさらにすすめてほしいです。
それにしてもsd Quattro でミラーレス化したときに、ボディを工作していったんSAマウントを持たせるという経営センスに今さらながら脱帽です。満を持して吟味を重ねた上でのLマウント進出ということなら、こちらもさらに応援したい気持ちになります。

うやむやのうちに終わっているより正式にアナウンスしてくれて清々しいですね。新マウント採用を決めたならそこに集中するのが良いと思います。

最後にあとひとつでいいから OVFでSAマウントのフルフレームFoveonを出して欲しかった……。

清々しいほど潔いですね。EFマウントやSAマウントのレンズも継続してしばらく出てくるでしょうから、とりあえず安心してます。
MC11の実績もありますから、シグマ製のマウントアダプタにはかなり期待しています。

SAマウウドレンズはシグマ純正アダプター経由でEマウントカメラとLマウントカメラが使え在来のSAマウントを含め3マウント使用出来るので、逆にプレミアム感が増したと思うのは私だけでしょうか?
SAマウントの120-300が俄然欲しくなりました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、2018年9月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが「GFX 100S」と3本のGFレンズの開発を発表」です。

次のブログ記事は「シグマがフルサイズFoveonを搭載したLマウントカメラの開発を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る