富士フイルムX-T3にはまだ噂が流れていないサプライズがある?

Fuji Rumors に、富士フイルムのX-T3の発表日などに関する噂が掲載されています。

Fujifilm X-T3 Announcement 6th of SEPTEMBER

  • 信頼できるソース達によると、富士フイルムX-T3は9月6日(地域によっては9月5日)に発表される。X-T3は、まだ噂が流れていないサプライズと共に登場するだろう。

 

X-T3は軒下デジカメ情報局も今週中の発表と言っていたので、いずれにしてもごく近いうちの発表は間違いなさそうです。まだ噂が流れていないサプライズがどのようなものなのか、気になるところですね。

[追記] こちらの記事がオリジナルのようなので、初出の記事とソースを変更しました。

2018年9月 3日 | コメント(9)

コメント(9)

楽しみですね。
X-H1とXF10持っていますので今回はパスして、XF8-16に貯金します。
サプライズはなんでしょう。
XF10にある4Kタイムラプス動画生成機能か?もしくは電子手振れ補正と予測します。

グローバルシャッターだったらいいなー

サプライズがボディ内手ぶれ補正だと嬉しいですが、既に報じられてる価格では難しいでしょうね。
XF16-80mmF4 R OIS WRがキットズームになるのでしょうか。

これがIBISならめちゃくちゃ嬉しいですね。

本命:エテルナ搭載
時点:ボディ内HDR合成(と同程度の表現機能)
大穴:IBIS
と予想します。

グローバルシャッター付の有機CMOS…だったりしませんかね?
パナがフルサイズミラーレスに載せてくる一方で、共同開発元の富士はX-T3に電撃搭載とかだったら超サプライズです(笑

価格がT2より安くなるという情報が本当なら、特別なハードウエアを
搭載した新機能というのはなさそうな感じがします。
新プロセッサの処理能力を活用したソフトウエアによる新機能だと
思いますが具体的には何でしょうかね。新種のフイルムシミュレーション
位しか思いつきません。

XF16-80mmF4がキットレンズ、だと嬉しいかな。

現在、静止画はフジ、動画はパナの2台体制ですが、噂の4K60PでせめてX-T100なみの30分動画が撮れるようになればT2,T3の2台体制に変更します。でもそうなると、今度は高倍率の電動ズームレンズが欲しくなるなぁ。

このスペック内容でT2より安くなるって本当なのかな?まだ噂だし話半分位の気分で居るのが正解かも


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2018年9月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーが近日中に何らかの新製品を発表?」です。

次のブログ記事は「パナソニックのフルサイズカメラはオリジナルのマウントを採用?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る