ニコンCOOLPIX P1000は125倍の光学ズームが自慢だが問題点も多いカメラ

ePHOTOzine に、換算24-3000mmのズームを搭載したニコンの一体型カメラ「COOLPIX P1000」のレビューが掲載されています。

Nikon Coolpix P1000 Review

  • このカメラは巨大でかなり重いので、手持ち撮影では腕が疲れてしまう。グリップは大きく、背面のサムグリップも大きいので、安定してホールディングできるが、片手で持つことは勧められない。
  • 背面のボタンは、素早くアクセスが必要な必要最小限のボタンだけで、残りはメニューから操作する。他の多くのカメラにある「クイックメニュー」は用意されていない。
  • レンズにあるリングはデフォルトでは露出補正用で、ISOやホワイトバランス、ズーム、マニュアルフォーカスの機能を設定することもできる。
  • 液晶モニタはタッチパネルではないが、視野角は広くクリアだ。
  • シャッターレスポンスは非常に速く、AFも迷わなければ速いが、被写体や光の状態などのコンディションによっては望遠側では遅くなることがある。連写速度は7コマ/秒と良好だが、連写が止まるまでに7枚しか撮影できない。
  • サンプルは色乗りが非常によく、露出も信頼できる。肌のトーンも良好で、フラッシュ使用時の赤目もほとんど発生しない。
  • 撮影時には、換算2000mm以上の焦点距離でシャープな画像を得るには三脚が必須だ。レンズは換算2400mmを超えるとソフトになる傾向があり、特に2600mmから3000mmでは画面の隅が甘くなる。
  • 歪曲は自動補正されるが、ズーム域によってわずかに歪曲が見て取れる。パープルフリンジは木の枝の部分に見られるが、かなり良く抑えられている。逆光耐性は非常に高く、フード無しでも逆光に強い。
  • 近接撮影ではレンズの直前まで寄れるが、レンズが被写体を覆って光を遮ってしまうので、あまり実用的ではない。
  • 高画質を得るにはISO100-200の使用を勧める。ISO400ではノイズはまだ少ないが、ディテールが失われ始める。暗所ではISO400-800でノイズが多くなるが、まだ良好な結果が得られる。ISO1600-3200ではノイズが強くなるので、可能なら使用を避けた方がよいが、縮小してWebで使うなら実用になるかもしれない。
  • オートホワイトバランスは白熱灯でもミックス光でも良好で、白熱灯はプリセットも良好な結果だ。蛍光灯でもオートホワイトバランスは良好だが、蛍光灯のプリセットはマゼンタに傾く。
  • 動画は4K30fps/フルHD60fpsで、クリーンHDMI出力があるので外部モニタに出力することができる。またマイク端子があるので、外部マイクも使用可能だ。
  • P1000は大胆不敵な換算24-3000mmの125倍ズームが自慢だが、大きさ重さなど多くの不可避の問題もある。このカメラは本当に大きく重い。ズームするに従ってフロントヘビィになるので、なぜレンズの下に三脚座が無いのか不思議に思う。また、2000mm以上でシャープな写真を撮るには三脚を持ち歩く必要がある。また、大気の状態が良くないとシャープな画像は得られない。バッテリーライフもかなり短い。価格もP900の2倍だ。これらのことから万人向けのカメラではないだろう。
  • 良い点:125倍の光学ズーム、4K動画、RAWが使える、大きなグリップ、大きなEVF、良好な接続性。
  • 悪い点:極めて大きく重い、バッテリーライフが短い、2000mm以上では三脚が必要、2000mm以上で画質が悪くなる。

 

P1000は極めて大きく重く、また、中間域より望遠型でシャープな画像を得るには三脚も必須ということなので、レンズ一体型とは言っても手軽とは言い難いカメラのようですね。とは言え、このサイズで換算3000mmの望遠で撮影できるのは魅力的です。

画質はサンプルを見る限りでは、広角端から中間域までは結構シャープですね。望遠端はさすがにかなり甘くなりますが、それでも実用になる画質で、ズーム倍率を考えればこれだけ写れば健闘していると言ってもよさそうです。

2018年10月15日 | コメント(13)

コメント(13)

センサーサイズと焦点距離を考えると、概ね予想通りの結果ですねを
バッテリーライフだけは思っていたより残念です。
自分の用途だと持て余すので買うことは無いでしょうが、シグマのfoveonしかり、このような意欲作(意欲機種?)を出すメーカーは応援したくなりますね。

近所のケーズで店頭機があったので触りましたが、あまりのでかさに笑っちゃいました。もはや偵察カメラのよう(笑

店内で最大ズーム手持ち撮影してみましたが、画質は及第点だと思います。1000mm越えてくると、画質よりもその領域で撮れることに感動します(笑

予約して発売日購入です。書いてある通りですね(笑)
3000ミリで撮るには三脚とレリーズは必須だと思います。
手持ちではブレます。これはシャッターを押すことによる操作ブレですね。考えてもみてください3000ミリですよ!
SSの稼げる快晴専用と考えた方が良いと思います。
三脚座に関しては次モデルはレンズ下に移設した方が良いと思います。あるのか?
三脚使用の場合、現況の三脚穴でも、プレートをかまして、コントロールリング手前に高さ合わせにゴムでも嵌めればどうにかなりそうです。
また、広角から普通の望遠域では思っていたより綺麗に撮れました。
また、コントロールリングでマニュアルフォーカス出来る点は素晴らしいことです。
世界最大のコンデジなのですから発売したニコンを讃えるべきだと思います(笑)

センサーサイズが1/2.3では画質はそんなものでしょう。3000mを三脚必須とはいえ、このカメラ一本で撮れるという所がミソなカメラなので多少のカメラとしての偏りがあるのは仕方がない所なのでは。

3000mmならどんなカメラでも三脚必須で大気がクリアで無いと綺麗には写らないでしょうから、カメラのデメリットとするのは酷ではないでしょうか(他に3000mm使えるカメラを知りませんが・・・)。

ビックカメラで見たときはその大きさにびっくりしました。ただ、3000mmという焦点距離は唯一無二なのでニコンのチャレンジングな姿勢が伺えます。重たいのですがP900に比べてEVFが見えやすくなっていたと思います。また、重心が手前にあるので重さはそれほど感じませんでした。レビューによると2000mmまで良好とのことなので、あえて2000mmまでを中心に使うのもいいのかと思いました。

ズーム領域を考えると妥当というか十分頑張ってますよね。
変態カメラにしてはかなりいい仕上がりと思います。値段も値段ですしもう少し落ち着いてきたら欲しい一品には間違いないです。

ここに書かれている問題点って3000mmのネオコンデジだとわかって買う人には大した問題点では無いですよね。

2000mm超なら画質云々より画角が極めて狭いので、カメラを固定しないと撮影は困難でしょうね。

P900よりも、使いやすく
RAW
ズーム速度・AF精度・AF速度の改善
ナチュラル設定でのWB・彩度・コントラストの
改善(地味に嬉しい)
3000mmは、テレコン代わりと言った所です。
連写も枚数は、同じだけどフリーズ時間は
抑制されています。
最大の欠点は、追尾AFの連写が出来ない事。
1枚目でAF固定されます。
あと、対象物の手前に障害物が有ると
超高確率で手前に合焦します。
あと、あの重さ。
3時間以上持ちっぱなしだと、疲れます。

換算3000mmの望遠端のカメラが他にあってそれよりも悪いとかなら指摘は当たってると言えなくはないんでしょうけどね
後は他のコンデジにも言える事でしょうから・・
まあこの値段でこの大きさと形のカメラだともっと・・とか期待するんでしょうかねぇ

 冒頭のコメントは少し??な表現箇所もあるようです。
このカメラを楽しんでいますが、唯一残念なところは、記録が終わるまでズームレンズのズーム位置変更ができないこと。それ以外の制約はそれを分かって使えば何とか対応できる。
フルサイズカメラに巨砲レンズで撮ったファイルを大幅トリミングするか、それとも1.5㎏の、何とかお散歩の相手ができるコンデジで大きく撮るか。光学倍率125倍のカメラ性能をどうしたら上手に引き出せるか、そこにロマンがあるかも・・・。素晴らしいカメラです。

なんといっても3000mmはすごいです。1000mmまでしか経験ないから
使ってみたいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2018年10月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマは既存のレンズのLマウント版に加えて新設計のLマウントレンズも発売する予定」です。

次のブログ記事は「ライカM10-Dが数ヶ月以内に発売される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る