オリンパスが1月に100周年記念製品の発表イベントを開催?

43rumors に、オリンパスの100週年記念のイベントに関する情報が掲載されています。

(FT5) Anniversary year product launch is in January

  • 100周年記念製品が1月に発表される。ソース達が、オリンパスがE-M1Xの発売を祝うための2つの大きなイベントの準備をしていると教えてくれた。イベントは、ニューヨークとギリシャのオリンポス山で開催される。
  • E-M1Xのスペック
    - 機種名:OM-D E-M1X
    - センサー:20MP
    - 連写速度:18コマ/秒
    - 7.5+ EV
    - ボディサイズ:144.37 x 146.765 x 75.345mm(縦位置グリップ一体型)
    - ハイレゾ:手持ちで80MP前後のハイレゾ画像を撮影可能
    - 対象:スポーツと野生動物の撮影者
    - 価格:3000ドルに近い
    - 発表:2019年1月

 

これで、E-M1Xがオリンパスの100周年記念製品であることが確定しましたね。ギリシャのオリンポス山は、オリンパスの社名の由来となった山なので、ここで100周年記念のイベントを開催するのは分かりますね。

2018年11月17日 | コメント(8)

コメント(8)

ギリシャ オリンポスでのイベントとは素晴らしい100周年を迎えそうです!

1月に開催となると間近ですからワクワクしますね。

高千穂峰でもやってほしいところ

どうせなら高千穂でもやってほしかったですね。

何となく気持ちが高まります。
力の入った製品を期待します。

長物レンズも一緒に発表して欲しいです!
400F5,6 か 100-400F5,6 辺りだと嬉しいのですが、でも一度に買うのは大変だなぁー

100周年はとても楽しみにしていましたが、
E-M1Xの噂とは別ものであって欲しかった。

一部の分野のプロ向けでしょうか?
もっと趣味性の高いものを出して、楽しいお祭りにしてほしかった。
一緒に祝いムードになるためには、”3000ドル近く”かかるのも辛い…。

でもデザインとしてE-1の名前が出て来たこと、グリップが良さそうなことにはグラッときます。

スタイルがE-1の流れを汲むなら、
OM-Dの名称は外したらどうですかね?
オリンパスE-M1X

OMスタイルの流れを継承するほうは、
OM-D E-M1 MkIII…となるのでしょうが。
(それにしても長い!)

オリンポスといえば12神ですね。高千穂も神々の山ということですが、オリンポスも神々の山ということでつながりを感じますね。
それはともかくE-M1Xの仕様は気になります。手持ちハイレゾがどれくらい使いやすい仕様になっているか興味がありますね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、2018年11月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンのEFマウントとRFマウント用の高倍率ズームの特許」です。

次のブログ記事は「富士フイルム「XF16-80mmF4とXF18-135mmF3.5-5.6」「XF16mmF2.8とXF35mmF2」の大きさの比較画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る