シグマ60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSMはこのクラスの超望遠ズームではベストの性能

LensTip に、シグマの新しい高倍率の超望遠ズーム「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM Sports」のレビューが掲載されています。

Sigma S 60-600 mm f/4.5-6.3 DG OS HSM

  •  鏡筒は金属製だ。三脚座はとてもしっかりしているが、残念なことに取り外せない。三脚や一脚を使わないで、レンズを持ち歩かなければならない際に、この大きな三脚座が取り外せれば、大幅に軽量化され使い勝手がよくなるだろう。
  • フォーカスリングはむらなく回転し、非常に正確にピント合わせができる。最短から無限遠までの回転角は約160度だ。
  • 手ブレ補正は公称4段分の効果で、実測では3.7~3.8段分で公称値より若干低いが、これは誤差の範囲内で、この結果は十分に良好だと思う。
  • 解像力は60mm、100mm、200mm、300mm、400mm、600mmの焦点距離で測定し、ウィークポイントを探したが、高倍率ズームでよく見られるような欠点(解像力の落ち込み)は全く見られず、良い意味で驚かされた。

    中央の解像力は開放から全域で40lpmm付近かそれを超える値で全く問題はない。隅の解像力は、このクラスの望遠ズームでは絞って良像の基準値(30lpmm)に達するのが普通だが、このレンズは400mm開放だけは若干基準値を下回るものの、それ以外では全域で開放から良好な値だ。全体的にこのレンズの評価は非常に高く、このクラスの超望遠ズームではベストだ。

    60-600mmの解像力の一貫性は、シグマの150-600mm Sportsよりも優れている。更に驚いたことに、望遠端の解像力はこれまでにテストをしたどの150-600mmよりも60-600mmの方が優秀で、特に600mmの解像力は称賛に値する。また、60-600mmは500mmでは、ニコンの200-500mmの性能をしのいでいる。(グラフは上が中央の解像力、下が隅の解像力)

sigma60-600_mtf_center.jpg

sigma60-600_mtf_corner.jpg

  • 軸上色収差は全く問題がなく、200mmと600mmではまったく見られない。400mmではごくわずかに色収差が見られるが、穏やかなもので大きな問題ではない。
  • 倍率色収差は100~600mmの焦点距離では低い値で問題無いが、60mmでは目立つ。
  • フォーカスシフト(絞りによるピントの移動)は全く見られない。
  • 歪曲は、60mmでは-1.77%のタル型で望遠レンズとしてはとても大きいが、それでも穏やかと見なせる大きさだ。100~600mmでは歪曲は目立たない。
  • コマ収差は広角側でわずかに見られるだけで、非の打ち所がない。
  • 非点収差は3.6%で非常に良好だ。
  • 玉ボケは年輪ボケも見られず、この種の高倍率ズームとしては、とても綺麗だ。
  • 周辺光量落ちは、60mm開放で49%(-1.97EV)、200mm開放で31%(-1.06EV)、600mm開放で39%(-1.44EV)で、問題があるのは広角端だけだ。このカテゴリでは、60-600mmは、低倍率の超望遠ズームに負けている。
  • 逆光耐性は、レンズ構成が複雑なせいもあって良いとは言えない。ゴーストやコントラストの低下を避けるには強い光源を画面から遠ざけておいた方がいいだろう。このクラスのライバル(シグマ、タムロンの150-600mmやニコンの200-500mm)はいずれも逆行耐性は感心しないが、それでも60-600mmよりは良好だ。
  • AFは広角端では最短から無限遠まで0.3-0.4秒で非常に速いが、400~600mmでは、0.5-0.6秒で若干遅くなる。AFは最短から無限遠側では迷わないが、無限遠側から最短側にフォーカスすると迷うことがあった。ネット上ではよくシグマのレンズのAFへの不満の意見が見受けられるが、テストではAFに問題は見られなかった。
  • このレンズはシグマの150-600mm Sportsよりも小型軽量で、よりシャープで、広角側も広い。周辺光量落ちと歪曲、色収差は150-600mmよりも悪いが、これは広角端の60mmだけの話だ。150~600mmの焦点距離では、60-600mmがよりシャープで全体的に多くの点で高性能だ。
  • 良い点:しっかりとした防塵防滴の鏡筒、中央の素晴らしい解像力、隅の完全に許容範囲内の解像力、軸上色収差が少ない、球面収差の問題がない、コマ収差が良好、非点収差が目につかない、ボケが綺麗、手ブレ補正が効果的、速く静かなAF。
  • 悪い点:60mmで倍率色収差が目立つ、逆光に弱い、周辺光量落ちが大きい。

 

シグマの60-600mmは10倍の高倍率ズームにもかかわらず、開放からほぼズーム全域で画面の隅まで十分に実用になる画質を実現しているのは素晴らしいですね。この性能で150-600mm Sportsよりも小型軽量なので、かなり訴求力のあるレンズに仕上がっているという印象です。

2018年11月12日 | コメント(7)

コメント(7)

うーん、やはり高評価ですね
言い方悪いかも知らないですが、150-600 Sを自社製品で潰した形になるけど大丈夫かと心配になります。
ある意味販売戦略度外視でこの製品を出したことになるので、こういう愚直に突き進む企業は応援したくなりますね

このレンズは評判がいいですね。150-600mm Sportsより160g軽く、全長も2cmほど短く、しかも撮影倍率が高いのがすごいですね。しかも解像度も高いので、便利ズームを求めていない人にとってもこのレンズを選択する人が多そうです。逆光耐性だけ引っかかりますが、ほとんど欠点がないレンズですね。定番のレンズになりそうです。

シグマは魅力的なレンズばかりなのですが、ニコンとズームの回転方向が逆なのが残念です。

んむむ、たいしたものですね。
ここまでの評価だと確かに150-600SはF5.6とかで差別化しないと居場所がなくなりそうです。
数年間の進歩が成せる業でしょうか。

自分はニコン200-500に満足してますが、広角望遠ともにズーム域が広がるのは魅力的ですね。
これからのシグマの展開も楽しみです。

この記事によると、150-600の方が優れている点は若干の逆光性能と価格だけって事ですかね。
凄いレンズだな。

発売前に予約して早速使っていますが特にアラが見当たらず、尚且「これが高倍率ズーム?」と思うような良好な描写、このレンズの前に使っていた150-600mmCよりAFの戻りが早いと、非常に使いやすいです。60mmと標準域スタートなのも飛行機撮りにはありがたい。

ちょっと信じがたい評価ですね。
こんな評価を出されるとFEマウントが出たら買っちゃうだろうなぁ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2018年11月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがレンズ交換式APS-Cカメラにソニー製センサーを採用する?」です。

次のブログ記事は「ライカが「D-LUX7」を近日中に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る