キヤノンのEFマウントとRFマウント用の高倍率ズームの特許

Canon News で、キヤノンのフルサイズ一眼レフ用とフルサイズミラーレス用の高倍率ズームの特許が紹介されています。

Canon Patent Application: High Zoom Ratio lenses for EF and RF

  • この特許出願(特開2018-180203)は、高倍率ズームの実施例を含むもので、そのうちの多くはEFマウント用だが、2本のバックフォーカスの短いRFマウント用のレンズの実施例も記載されている。
  • EF35-350mm F3.5-5.6
    - 焦点距離:35.04-350.37
    - F値:3.50-5.60
    - 半画角:30.36-3.53
    - 像高:20.53-21.61
    - 全長:321.17-321.17
    - バックフォーカス:40.10-40.10
  • EF35-400mm F4.5-5.6
    - 焦点距離:35.13-386.45
    - F値:4.50-5.60
    - 半画角:30.30-3.20
    - 像高:20.53-21.61
    - 全長:362.82-362.82
    - バックフォーカス:54.68-54.68
  • RF30-350mm F2.8-4.5
    - 焦点距離:29.22-350.06
    - F値:2.80-4.50
    - 半画角:32.15-3.53
    - 像高:18.36-21.61
    - 全長:406.68-406.68
    - バックフォーカス:22.42-22.42
  • RF25-300mm F3.5-5.6
    - 焦点距離:25.20-294.41
    - F値:3.50-5.60
    - 半画角:36.72-4.20
    - 像高:18.80-21.61
    - 全長:374.08-374.08
    - バックフォーカス:21.75-21.75

 

ミラーレス用の25-300mmや30-350mmは魅力的なスペックですが、全長がかなり長い(上記の「全長」は、前玉からセンサーまでの長さなので、実際のレンズの全長ではありませんが)ので、普通のスチル用のレンズではないかもしれませんね。シネマ用のレンズか何かでしょうか。

2018年11月17日 | コメント(6)

コメント(6)

RF25-300mmF3.5-5.6いいですね。
常識的な大きさで作ってくれたら絶対買います。

RF25-300mm F3.5-5.6の前玉の直径123.7mm程あるようですから、サイズ的には直径150mm、全長355mm程度になるんでしょうか。
ズーミングで全長が変わらないようですから、重量は3kgぐらいになりそうですね。

EFって書いてありますが、バックフォーカスが長いレンズの図面を見ると後玉の後ろにドロップインフィルターっぽいのが描いてあるのでEFじゃなさそうです。
あとCanon Newsには書いてませんが24-360mmF3.5-5.6も実施例に載ってますね。

これらにはISがついていないようなので、シネマレンズ説がますます濃厚ですね。

現行のシネマ用30-300ミリが同じぐらいの大きさなのでシネマ用と思われます。現行機はフルサイズのイメージサークルにに対応していないようですが、この設計案ではフルサイズ相当ですね。

RF25-300mmF3.5-5.6は全長が30cm超えということで、かなり大きなレンズになりそうですね。一般的な便利ズームというよりかは、シネレンズの可能性があります。以前特許で出ていた18ー200mmのレンズに少し似ているのが気になります。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2018年11月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「認証機関に登録されている未発表カメラのまとめ」です。

次のブログ記事は「オリンパスが1月に100周年記念製品の発表イベントを開催?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る