ソニーが1月中旬のイベントの招待状を配布中

SonyAlphaRumors に、ソニーの次の新製品発表に関する噂が掲載されています。

(SR5) There is a new major Sony press event in mid January!

  • 数人のジャーナリスト達が、1月中旬のソニーのイベントに招待されていると教えてくれた。彼らは、新製品が発表されるかどうかは聞いていないが、通常は、このように幅広く人を集めた際には、ソニーは新製品を発表する(常にではないが90%の確率で)。

    どのような新製品が期待できるのだろうか? ソニーは、アジアの認証機関に「WW715296」というコードネームのカメラを登録しており、これは、ごく近いうちに確実に新型カメラが登場することを意味している。

    私は、このカメラは、α7S III よりも前に発表されると噂されているα7000だと思っている。新しいEマウントレンズも発表されるはずだ。何が発表されるのか確証は無いので、以下は、最も有力な推測だ。

    α7000
     - 新型24MPセンサー
     - 560万ドットEVF
     - EVFはカメラの中央
     - α9レイアウトのボディ
     - 動画は4K60p
     - 新しい改善されたAF(α9に似た)

    スペック不明の新しいAPS-C用レンズ
    FE135mm F1.8 GM
    FE35mm F1.8 G

    α7S III は4月のNABで発表される可能性がより高い。

 

噂ばかりが先行して、なかなか発表されないソニーの新型カメラですが、1月中旬に大きなイベントが開催されるということなので、今回こそ発表に期待したいところですね。

新型機は、これまでの噂が正しければ、α9のAPS-Cバージョンのようなカメラになる可能性が高そうです。

2018年12月24日 | コメント(21)

コメント(21)

α7000待ちなので期待してます。

いよいよですね。ここしばらくの沈黙を打ち破る発表に期待しています。
35mm F1.8GはFE(フルサイズ)かと思っていましたが、E(APS-C)なのでしょうか?
いずれにせよ、ボディに加えて魅力的なレンズに期待しています。
最近のレンズは重量級フルサイズが多いので、APS-Cこそコンパクトな中級クラスが欲しいです。

FE35mm F1.8 Gに僕も期待してます。
ソニーは35mmf2.8は寄れないのであれよりもう少し寄れるようにしてほしいです。

FEとは別にAPSCレンズ発表もあるという事ですね。
私も35mmF1.8楽しみにしてます!

FE 35mm F1.8 Gは
RFとZマウントの35mm F1.8と比較されるのは必至ですから、
ソニーのお手並み拝見ですね。

超望遠レンズも同時に発表すれば、スポーツやネイチャー方面にもアピールできると思うのですが、まだなのかなぁ。

APS-C用の標準ズームのGMレンズを出してほしいです。
AFは、新しいのだからα9を超えてほしいですね。
大変だとは思いますが、待たせた分、X-T3より出来が悪かったら厳しい評価が待っていると思うので、フルサイズに遠慮しない性能のものを待っています。

70200F3.5-5.6のようなスペックで、安価な小さくて軽い望遠ズーム発売してほしいです。
Eマウントのフルサイズ望遠ズームはどれも高い。

待ちきれずに11月にα6500を購入しました。
価格も下がったし7000は多分高いだろうし...と自分を納得させつつ。
というわけでボディーはともかくwレンズに期待してます。
APS-C専用望遠のラインナップは現状かなり寂しいので。

ここ数日でBatis 135mmの店頭価格が下がりましたけどそういうことなんでしょうかね?

a7000ずっと待ってます。
動画機はやはりスーパー35が使いやすいですから。
フルサイズは静止画っていう感覚です。私は。
とにかく1月ですね。待ってます

9月初旬、10・11月、はたまたクリスマス頃など様々な噂が流れていましたが、公式に通知しているのならα7000あたりの登場も期待できますね。

α7000が出るなら、一緒に発表されるAPSCレンズは
16-50mmF2.8じゃないでしょうか?
400g前後だと有難いですが

α77の時のようにレンズキットが出ると購入しやすくていいですね

いよいよですね。次のカメラについてはずっと噂が出ていたので、そろそろ新機種を発表してほしいです。一緒に発表されるレンズは135mmGMは確定度が高いですが、他にも出そうですね。GMレンズが発表される時同時にGレンズか無印のレンズが発表されるパターンが多いので、35mm f1.8Gは期待の候補になりますね。

一眼スタイルの高機能APS機が出るという事は、望遠のAPSレンズが出る事が期待できそうですね
フルサイズの望遠はやはり大き過ぎるので、望遠はAPSで選べると有難いと思っています

‪α‬7000は2400万画素なんですね。
てっきりフジのX-T3と同じ2600万画素だと思ってました。
ということはIMX571を超えるセンサーを載せてくるということですね。

α9のサブでα6500を使ってました。動体のAFが満足いかず、ソニーストアの人に相談したら、α9を使っていたら他のどんなカメラのAFにも満足しませんよ、α9と比べたらα6500が可哀想ですよ、と言われましたw
確かにそうですね。α7000がα9レベルのAFなら待ちます、買います、ってことで、今日α6500を売却しました。SEL1670とSEL1018はα7000のために残しておきます。

私もずっとα7000待ってます。
一緒に200ー600mmも出してくれると嬉しいです。

FE135mm F1.8 GMを楽しみにしてます。

FE24mm F1.4 GMは買って本当に良かったので、余計に期待してます。

ボディはα9を踏襲するのではなく、新規デザインにしてのちのα7シリーズに受け継ぐか、コンパクト路線を崩さないで欲しいですね。
正直フルサイズでも軍艦部の出っ張りは邪魔です。
レンジファインダーに慣れている身としては光軸上にファインダーが無くとも全く困りません。

 どんなカメラを出すかはメーカーの判断、それを買うか否かはユーザーの自由です。ただし、私はモデル名が気になっています。「α7000」はフィルム・カメラ史に残るものであるとともに、アマチュアを意識したカメラだったはずです。プロ志向なら、その後程なく発売された「α9000」にして欲しいと思い続けています。
 個人的には、スポーツや報道用にはAPS-Cセンサー搭載機の方が向いていると考えているので、そのような需要向けには徹底的な性能を追求をした堅牢ボディのカメラの登場を望んでいます。と同時に、アマチュアが気軽に使えて十分な性能を備えるコンパクトなボディの「α7000」の登場を期待しています。それは、「NEX-7」以来のデザインであって欲しいと思っています。しかし、「左目利き」のひとに伝統的なレンジ・ファインダー型がいいデザインかどうかは判断できません。結果として、「アマチュア向けの格好いいカメラを期待している」としか言えません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2018年12月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ「56mm F1.4 DC DN Contemporary」は中央と隅の解像力の差が非常に大きい」です。

次のブログ記事は「キヤノン「RF50mm F1.2L USM」は驚くほど高性能なレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る