タムロンが2019年第1四半期に70-200mm F2.8のFEレンズを発表?

SonyAlphaRumors に、タムロンの新しいFEレンズに関する噂が掲載されています。

(SR3) Tamron rumored to launch a new 70-200mm f/2.8 FE lens in Q1

  • 次の情報を入手した。

    「タムロンが70-200mmかそれに類するレンズ(28-75mmのように一般的な仕様と若干異なるかもしれないが、望遠ズームなのは間違いない)を開発している。このレンズの明るさはF2.8通しで、2019年の第1四半期の登場が予想されている」

    このレンズは、ソニーの70-200mm F2.8 GMよりもずっと安価になると思う。

 

以前にタムロンの次のFEレンズは100-400mmになるという噂がありましたが、この噂とどちらが正しいのか(あるいは両方とも登場するのか)気になるところです。

タムロンは、28-75mm F2.8や70-210mm F4のように、純正レンズと若干異なる仕様にしてくることが多いので、今回の望遠ズームも70-200mm F2.8と少し異なる仕様(70-210mm F2.8?)になるかもしれませんね。

2018年12月 8日 | コメント(14)

コメント(14)

SIGMAにあった50-150F2.8(APS-C用)のようなレンズが欲しいですね~

F2.8で望遠側をもう少し伸ばしたレンズは無理ですかタムロンさん。
70-300mmF2.8は無理としても、70-250mmF2.8でGMレンズ程度の価格で。

A036のように軽量も実現してほしいです
ワイド側を多少犠牲にして純正F4と同程度の重量を実現できれば神レンズ確定なのですが。

プロのように過酷な使い方はしないので、A036みたいな軽量安価なレンズ期待します

70-200、タムロンを検討です。

GM70-200は性能比では今となっては重めのレンズだと思います。
同等の性能で少しでも軽いのを期待します。

FEレンズの望遠ズームにはGMとGしかなくどれも高価なので、
価格を抑えたサードパーティのレンズが出れば人気を呼びそうです。

100-400/4-5.6と70-200/2.8なら両方あるかもですね。ソニーの純正の価格で両方買える価格で。

現在、MC-11+キヤノン用A025を使用しています。
解像度、ボケ共に満足していますが、やはり動体撮影はツライです。
なので、光学系はそのままでAF速度を純正並みに仕上げてくれれば
即買い替えたいです。

かなり高感度性能が高くなってきているので、ボケが不足する広角~標準以外はF4位で十分な気がしてます。
100-300mmF4で思いっきりコンパクトなのがほしい。

24-70が一般的なところに、28-70にして軽量化したように、70-200に対して、85-200にして軽量化が希望。

是非是非、瞳AFを割り当てられるボタンを付けてください

スペックは欲張らず、軽量小型安価な大口径が望ましいです。
広角端は欲張らず80mmでも構わないので。

タムロンの70-200mmf2.8は安く出てくれると嬉しいですね。ただ純正の方がAFが優れている場合が多いので、動き物を撮る人にとってはサードパーティーのレンズを避けられる傾向があります。そこはニーズによって買いわけがされるでしょう。個人的にタムロンがRFやZに参入するかどうかのアナウンスにも期待しています。

瞳AFをレンズのボタンに割り当てていますが、ポートレイトで
多用する縦位置の時には結局使いづらくて使わない事になるので
2箇所とはいかないでしょうから、何とか縦横どちらでも
使える位置が無いのか。
ボディをシャッターボタンを下側にして持てば左手人差し指で押せると言うのは無しで。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2018年12月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが「α7R III」と「α7 III」のフリーズ問題に対応する新ファームを12月中旬にリリース」です。

次のブログ記事は「ソニー「FE24mm F1.4 GM」は非の打ち所のない性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る