キヤノンの500mmと600mmのDOレンズの特許

Canon News で、DOレンズの軽量化とバランス改善を目的とするキヤノンの特許が紹介されています。

Canon Patent Application: 500 and 600mm Diffractive Optics

  • この特許出願(USPTO20180373004)は、500mmと600mmのDOレンズに関するものだ。この特許では、キヤノンが最新の一連の望遠レンズに採用している技術(主に、レンズをマウント側に移動し、軽量化とバランス改善を図る)が採用されているのが興味深い。

    キヤノンは、望遠レンズ群の軽量化とバランス改善を行っているので、この特許のレンズが実際に製品化される可能性は高いかもしれない。

canon_uspto_20180373004_001.jpg

現在、キヤノンのDOの超望遠レンズは400mm F4のみですが、500mmと600mmのDOレンズも登場する可能性がありそうですね。

DOレンズは全長を短くすることができるので、それに加えて、最近の超望遠Lレンズと同じ手法で軽量化されれば、小型軽量で扱いやすい超望遠レンズが誕生しそうです。

2018年12月30日 | コメント(2)

コメント(2)

DO素子に目が行きがちですが、
前玉の前面が非球面のようでF値によっては
かなり大口径の非球面レンズでとても高価なレンズになってしまいそうです。

これは軽量化に重点を置いたレンズ構成ですね.


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2018年12月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーの新しいAPS-CセンサーIMX510とIMX571のスペック」です。

次のブログ記事は「ネット上で流れているソニーα5000シリーズの新型機の噂はフェイク?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る