ソニー「FE24mm F1.4 GM」は非の打ち所のない性能

ePHOTOzine に、ソニーの大口径広角単焦点レンズ「FE24mm F1.4 GM」のレビューが掲載されています。

Sony FE 24mm f/1.4 G Master Review

  • 重さは445グラムと控えめで、α7R III とのバランスは申し分ないものだ。フォーカスリングは非常に滑らかに動く。
  • 解像力は、中央は開放からF16まで全ての絞りで素晴らしい値(excellent)だ。隅は開放ではとても良好な値(very good)で、F2からF11までは素晴らしい値(excellent)だ。このような大口径の広角レンズで、これ以上を期待するのは難しいだろう。

sony_fe24mmf14gm_mtf001.jpg

  • 倍率色収差は、中央ではほとんど見られない。隅ではいくらか見られる(約0.9~1.4ピクセル)が、これらは後処理で補正できるので大きな問題ではない。
  • 歪曲は+0.02%の糸巻き型で、ほぼゼロだ。
  • ボケは滑らかで、とても素晴らしい。このレンズのボケには気品がある。
  • 逆光では、厳しい状況でもフレアは全く見られず、逆光耐性は際立っている。
  • 周辺光量落ちは開放で-1.9EV、F2で-1.8EVで、それ以降はF8まで-1.6EV、F16までは-1.5EVだ。
  • FE24mm F1.4 GM は、ニコンの24mm f/1.4Gよりもずっと安価(キヤノン24mm F1.4L IIとは同等)だが、非の打ち所の無い性能だ。サードパーティー製の24mm F1.4にも優れたものがあるが、メーカー純正レンズを探している人には、FE24mm F1.4 GMは大変魅力的な製品で、間違いなくエディターズ・チョイスだ。際立った性能と使い勝手のよさで、FE24mm F1.4 GMは理想的な広角レンズに仕上がっている。
  • 良い点:どの絞り値でも見事な解像力、歪曲が見られない、高速で静かなAF、動画用に絞りのクリックを無くすことが可能、ボケを改善する11枚羽根の円形絞り、カスタマイズ可能なフォーカスロックボタン、素晴らしいボケ、フレアが出ない。
  • 悪い点:高価、隅でいくらか色収差が見られる(後処理で補正は可能だが)

 

ePHOTOzineの評価は極めて高く、ベタ褒めと言ってもいいですね。FE24mm F1.4 GM は、大口径の広角レンズにもかかわらず絞り開放から画面の隅まで高解像力で、歪曲も小さく、申し分のない性能という印象です。

広角レンズにもかかわらず、ボケがとても綺麗なのもポイントが高いですね。加えて、比較的コンパクトで逆光にも強いので、使い勝手も非常によさそうです。

2018年12月 8日 | コメント(13)

コメント(13)

届いた日からα7RIII装着しっぱなしです 笑
私のレベルでは収差は感じられません、もうこれ以上大きなレンズは要らないとしみじみ思いました。

昨日ソニーストアより2週間待ちで配達され早速 α7RIIIにて 使ってます。
もう決定的な性能ですね。4200万画素を利用しAPS-Cクロップで35mm換算としても十分な画質が確保できることより 全画素ズームと併用することで、もはや標準域までこれ一本でスナップ全般に対応できてしまいます。長らく一番好きな35mm域で画質とサイズのバランスで選択肢がなかったのですが、この24mmを40mm程度までの大口径単焦点として使うことができます。べた褒めのレビューにさらに 近接性能の良さも加えられると思います。

悩みましたが結局予約して購入しました。

「非の打ち所がない」そのとおりのレンズだと思います。
抜けのよいスカッとした写りで驚いています。

純正単焦点で揃えるなら、広角はこれ、50mmはプラナーで決定ですね
R3と使えば持ち運び含めて敵無しな感じ

海外のyoutube動画でbatis25mmと比較されてるのを見ましたがbatis25mmのほうがAFのスピードと迷いがなくちょっと様子を見てますがあんまり比較がなく…

でもやっぱりこの24GM買ってしまいそう。

超ショートフランジバックを最大限に生かした、ミラーレスならではの超広角傑作レンズのようですね(焦点距離が短い分開放口径も小さいのでEマウントのネックであるマウントの狭さも問題になりませんし)。
広角に関してはレトロフォーカスで強引な設計を要求されるレフ機ではどうあがいてもこの性能は実現できないでしょう。正直羨ましい限り…

高性能でサイズもヨシ!この感じで35mm f1.4もGMにリニューアルしてくれたりしないかな。

まさにαにぴったり。
性能も素晴らしいようで。
星空を撮りたくて購入予定ですが、2ヶ月待ちです。

batis25mmは玉ねぎボケが目立つので買い控えていました。
sel24f14は良いですね、近々買おうと思います。

前評判通り解像度が高いレンズですね。GMのコンセプトなのでボケ味も期待できそうです。隅部の色収差が倍率色収差であれば補正で十分対応可能ですね。このレンズかなり小型なのでフランジバックが短いことのメリットを活かした例になりそうです。フード無しの場合虹色のフレアが出るという話もあるのでフードは必携ですね。

どこの記事を見ても評価高いですね。知り合いのプロも絶賛してました。
来年35/1.8が出ると言う噂がありますが、ぜひこの24/1.4の流れでお願いします。

私も35mm1.8をこの線で、価格を控えめでお願いしたいです、
現在の1,4と2,8の間を埋めて価格は2,8寄りで。
RX1RⅡを35mmの交換レンズ代わりに使っていますが
それはそれで良いのですがαと併用するともどかしい所も
有るので、35mmの手頃なレンズが有ると良いです。
24mm1,4はレンズを確認せずソニーストアの入り口すぐに
RⅢに装着されて有ったのを手に取り、小さく良いレンズだな
と思い24mm1,4と見て値段は置いて、この大きさと描写は
良いな、そこそこ寄れるしと思いました。

哲学と言われたように小型高画質を望んでSONYを使用しています。その点でこのレンズは素晴らしい。
35mmでは該当するものがなく、他の方同様にF1.8は小型高画質であることを願っています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2018年12月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロンが2019年第1四半期に70-200mm F2.8のFEレンズを発表?」です。

次のブログ記事は「KIPONがZマウントとRFマウント用の5本の単焦点レンズを発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る