キヤノン「RF50mm F1.2L USM」は驚くほど高性能なレンズ

PhotoGraphyBlogに、キヤノンのフルサイズミラーレス用の大口径標準単焦点レンズ「RF50mm F1.2L USM」のレビューが掲載されています。

Canon RF 50mm f/1.2L USM Review

  • このレンズの全長は11cm、重さ950グラムで、一眼レフ用のEF50mm F1.2Lよりも遥かに大きく重いが、EOS R とのバランスはとても良好に感じる。
  • 鏡筒はプラスチックの部分が多いが、造りの良さは際立っており、手に持つとしっかりとした感触だ。
  • AFは非常に速く、被写体に約0.05秒でロックする。AFの迷いは、明るい場所でも暗い場所でもそれほど見られず、ほとんど常に正確に合焦した。AFはほぼ無音なので、動画にも向いている。
  • 色収差は非常によく補正されており、サンプルでは非常に弱い色ズレがわずかに見られただけだった。
  • F16かF22に絞った際に、とても素晴らしい光芒が見られるが、太陽を直接画面に入れるときにはフレアに注意が必要だ。
  • 周辺光量落ちは、開放では顕著に見られるが、F4以上に絞れば完全に解消する。
  • 歪曲は非常に良く補正されている。
  • 最短撮影距離は40cm、最大撮影場率は0.19倍で実用的だ。最短の撮影では、開放で驚くほど浅い深度が得られる。
  • 絞りは美しいボケを実現するために10枚羽根のものが採用されており、ボケのサンプルを見ると、キヤノンの狙いは大いに成功していると言えるだろう。
  • 解像力は、開放のF1.2で中央も隅も素晴らしく、F1.4からF11では際立った解像力だ。F16とF22では、回折の影響で解像力は低下する。
  • RF50mm F1.2Lは、これまでにレビューをしたレンズの中でも指折りのレンズで、驚くような性能だが、価格にもびっくりだ。解像力は、絞りにかかわらず中央も隅もとにかく見事だ。歪曲も目につかず、色収差もほとんど分からない。ボケも素晴らしい。唯一の弱点は、開放時の周辺光量落ちだ。
  • 他のレンズでは苦労するような写真が、容易に撮れるレンズで、これは、価格に納得できる人なら、このレンズを購入しなければならない理由になるだろう。

 

RF50mm F1.2Lは、F1.2の明るさにもかかわらず開放から隅まで極めてシャープで、とても現代的な描写のレンズという印象です。高解像力なレンズはボケがうるさくなりがちですが、サンプルを見る限りでは、ボケは滑らかで綺麗ですね。

このレンズは描写は魅力的ですが、大きく重く非常に高価なので、EOS Rのユーザーの方にとっては、悩ましい存在かもしれませんね。

2018年12月25日 | コメント(9)

コメント(9)

「大口径レンズ=寄れない」という常識を覆す、この開放F値でこの最短撮影距離は驚愕の一言ですね。絞りも夜景で需要の高い偶数を採用していますし、キヤノンの本気度がひしひしと伝わってきます(お値段も本気過ぎますが…)。

これまでミラーレスは、ボディ側のメリットとデメリットで語られて来たように思いますが、ことキヤノンに関しては、レンズの光学性能の違いが決め手になって、乗り換えが進んで行く時代に変わって行きそうですね。

一通りRF単焦点Lレンズが揃ってくると、いずれもEF単焦点Lレンズとは全く異次元の性能を持ったラインナップとなりそうな気がします。特に14〜24mmあたりであれば、f1.0でほぼ完全に収差補正されたレンズでも、1kgで製品化できるのではないでしょうか。

RFレンズは今のところ、どれも優秀ですね。
マウントを含め準備は前から出来てないと急に出せるような
レンズではないですね。

電子補正ありきのミラーレス専用マウントであってもレンズで歪曲を極力減らしてくるあたりにCanonの設計思想が見えます。
少なくてもLレンズはこの方針でいくのではないでしょうか。

やはりRFマウントの核心はレンズにあるようですね。

レフ機では不可能であった光学性能の向上を目指すのは、正しい選択だと思います。

センサー性能の向上もいずれ頭打ちになるでしょうから、光学性能は製品の差別化になって行くと思います。でももう少し買いやすい価格のレンズも出してもらいたいです。

せっかくRを買ったんだからRFマウントのレンズも買おうと思って悩んだ結果、汎用性で24-105にしたのですが、いろんな評価を見てると50mmも欲しくなってしまいますね。
今後でてくるであろうLレンズにも期待が持てますし、楽しみです。

さすがに新規格のLですから優秀ですね。しかし950gは重い。

ニコンは50㎜1.2も準備中でライバル心むき出しになりそう。

キヤノン・ニコンとも新次元大口径標準レンズを中核に据えてきましたが、ゆくゆく投入されるであろう50mm1.4はここまでハイクラスにせず、価格や大きさの面でもグッドバランスレンズになりそう。

性能は凄いけど値段も凄すぎてちょっと自分には手が届かないレンズです
とても欲しいけど高すぎる…
F1.2がこの性能だと恐らく出るであろう並単50mmF1.4にも期待が出来るので値段的に買うとしたらそちらですね

口径食については触れられてないですね。
ボケもとてもなだらかで解像力もある優等生レンズだと思うんですが。。
玉ボケのサンプルを見る限りかなりのレモン型のように思います。
欲しいと思ってたのですがSIGMAと比較してそこだけが気がかりです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2018年12月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが1月中旬のイベントの招待状を配布中」です。

次のブログ記事は「パナソニックS1/S1Rの発売時期に関する情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る