ヨドバシカメラの12月31日~1月15日の交換レンズの売上ランキング

CAPA CAMERA WEB に、12月31日から1月15日のヨドバシカメラの交換レンズの売上ランキングが掲載されています。

一眼レフ用レンズ6本、ミラーレス用レンズ4本がランクイン

  • レンズの売行きは、デジタル一眼ボディの売行きから影響を受けるのが常だが、今回ミラーレス向けレンズはソニー用3本、キヤノン用1本。他はデジタル一眼レフ用で、望遠系や明るい大三元などが売れている。

    第1位 ソニー FE 24-105mm F4 G OSS
    第2位 タムロン 28-75mm F2.8 DiⅢ RXD(ソニーEマウント)
    第3位 キヤノン RF24-105mm F4L IS USM
    第4位 キヤノン EF70-200F2.8L IS Ⅲ USM
    第5位 キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS ⅡUSM
    第6位 キヤノン EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM
    第7位 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f2.8E ED VR
    第8位 キヤノン EF600mm F4L IS Ⅲ USM
    第9位 ニコン AF-S NIKKOR 70-200mm f2.8E FL ED VR
    第10位ソニーSEL2470Z Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

 

交換レンズもボディと同じ傾向で、ソニーのフルサイズ用のレンズが強いようですね。タムロンの28-75mm F2.8は、発売時から供給が追いつかないほどでしたが、相変わらず高い人気を保っているようです。

キヤノンは、EFレンズがかなり売れているようで、まだ一眼レフ用レンズが強いという印象です。定番のレンズ群に混じって、EF600mm F4L IS III が8位にランキングされているのは少々驚きですね。

ニコンは大三元の2本がランクインしており、キヤノン同様に一眼レフの定番レンズが強いという印象です。

2019年1月22日 | コメント(16)

コメント(16)

やっぱりズームが強いんですね。
50mmや35mmの単焦点1本もない。そして結構高額レンズのほうが売れているのに驚きました。

ボディの記事同様ヨドバシカメラはハイアマチュア層に売れているみたいですね。基本的に標準ズームレンズがよく売れているみたいですね。EFレンズやFマウントレンズもまだまだ売れているようです。キヤノンのロクヨンのランクインは面白いですね。プロカメラマンの集団が受注したのでしょうか。

売り上げデータとはいえ170万円以上のレンズがランキングに入るとは驚きますね。
ポイントだけで別のレンズが、買えてしまうw

高額レンズが多いですね。
ロクヨンが入ってるのはかなり驚きですけど、これはさすがに本数じゃなくて金額ベースですよね。
このランキングからもヨドバシはマニア寄りと言うのが感じられます。

あまり評判の良くない『ソニーSEL2470Z Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS』が10位にランクインされているのですね。
ちょっとビックリです。

Eマウントの標準ズームが3本ですか・・・
α7系でフルサイズデビューする方が結構多いんですかね?
時代が変わったように感じます

このデータって、売上''数''ではなくて、売上''額''ですよね。
''数''だとしたら、ちょっと信じられないランキングです。
CAPAがどのようにして「売上」のデータを得ているのかは知りませんが。

連投失礼します。
''額''であればメーカーにとって有用かもしれませんが、
''数''の方を我々ユーザーは重視したいところです。

EOS Rはキットズーム設定なしかつRFズームは一種類だけなのに、Eマウントの標準ズーム2種類に押されて3位止まりということは、やはりEOS Rを購入した人の多くは既存のキヤノンユーザーであり手持ちのズームで間に合わせているのでしょうね。私自身はふるさと納税でRF24-105を入手出来たので有り難く使わせて貰っていますが、そうでもなければわざわざ購入はしなかったと思います。良いレンズではありますが、所詮4.5倍F4通し標準ズームであり、EF24-70F4Lや24-105F4L2を売却して少なからぬ差額を払ってまで乗り換えるほど画期的な性能向上があるわけではありません。

あと、全メーカーを通した単焦点一位がまさかのロクヨンというのがショックです。単焦点の文化は終焉に向かっているのでしょうか。

1位のソニーFE 24-105mmにはタイミングの事情があると思います。ヨドバシ.comではこのレンズの入荷が何ヶ月もありませんでしたが、突然年末から「在庫あり」が点灯し始めたので、今まで欲しくても変えなかったソニーユーザーが一斉に購入したから1位になったのではないでしょうか。

こうしてレンズのメンツみてみると、ヨドバシもコアなカメラマニアが好む店というのがよくわかる。

この売り上げランキングは本数なのか金額なのか、どちらで
しょうね。
どちらにしても170万円もするEF600mmがランキングに入って
いるのが驚きです。
タムロンが1本入っていますが、やはり純正が売れていますね。

そういえばシグマが一本もないですね
最近なにも新製品無いんだっけ?と思ったけど、ランキング入ってるタムロンだって発売したの半年以上前のレンズですね

本数なのか金額なのか不明ですが、ちょっと驚きのランキングですね。
大三元が、こんなに売れてるとは・・・
で驚いたのは70-200mm F4が1本も無い、
600mm F4が入って85mmやサンニッパが1本も入ってない
ヨドバシだからかもしれませんが、マップとか他社のも見たいですね。

集計期間中にヨドバシはポイントアップキャンペーンをやっていましたから、普段より高級なレンズが売れたのでしょうね。
とはいえ、170万円もするロクヨンが実際何本くらい売れたのか知りたいですね、単純に好奇心で(笑)

ヨドバシ名古屋松坂屋店へ時々行きますが、ここにはいわゆる話の分かるスタッフがいて、量販店の中ではマニア受けしていることが見て取れます。

EF642はEF542より軽いEF643の発売が近いこととコンパクトなEF64DO(?)の噂があることで価格が下がっているのだと思います。
キヤノンアウトレットでも88万のお値段でしたし。

ソニーは売り場での販促費を相当突っ込んでいるようで、またユーザーである先生方のお話を聞くにつれ、けっこういいもんだなあとキヤノンユーザーでも思うところがあります。

個人的にはEF642以外の大口径単焦点がランクインしていないのが不思議。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2019年1月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヨドバシカメラの12月31日~1月15日の売上ランキングではソニーα7R III が1位」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-H2は2019年中には登場しない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る