キヤノンEOS Rシリーズの新型機は「EOS RP」?

軒下デジカメ情報局に、「EOS RP」という機種名のカメラについての情報が掲載されています。

デジカメ噂メモ

 1月19日

  • キヤノンの未公開製品リストに未発表製品のSKU「3484C001」が型番「EG-E1」、商品説明「バッテリーグリップ(ブラック)」、「近日登場予定」と記載されている。
  • 誤記の可能性もあるので注意。

1月26日

  • キヤノンの「EG-E1」のカラバリは3色(ブラック・レッド・ブルー?)あるらしい。
  • 同リストに「EOS RPボディ」や「EOS RP 24-105mmキット」等載っているが、製品名なのか略称なのか不明なリストなので現時点では話半分に。

 

噂されているEOS Rシリーズのエントリーモデルが、ことによると、ここで名前が出ている「EOS RP」なのでしょうか。バッテリーグリップが3種のカラバリがあるということは、ボディのカラバリも3色になりそうですね。

2019年1月26日 | コメント(15)

コメント(15)

「P」は、プロではなくポピュレールなんですしょうか?

やっぱりポピュレールを連想しますよね。
ひょっとしてEOSRはかつてのレンジファインダーのシリーズ名を使う気でしょうか。
フラッグシップは是非「カンノン」でお願いします。

そこはEOS RプログラムのPでしょう。
・・・というのはさておき、廉価なダブルズームキットを一緒に出すぐらいの思い切った戦略に期待します。

キヤノンの初フイルム一眼レフはRでした、次がRPならその次はRMで決まりですねー?分かる人には分かります〜

次製品がフルサイズのエントリーモデルであることを願っています。15万以下で3月位の発売であれば購入対象になります。またそれ用の標準ズームが7万円以下なら即予約してしまいそうです.

バッテリーグリップのカラバリが標準で販売されるとキヤノンに限らず、世界初のような気がする。
(限定バージョンではペンタックスKシリーズで複数あったけど。)

もしかして凄い重要なモデルになるかも。

初代KISS-Dのグリップ型番がBG-E1でした。
Rの廉価版用であればぴったりかな。

フルサイズミラーレス機にカラバリ?斬新ですね!最近のカメラは要らない機能テンコ盛りが多いので外装派手でも素うどんみたいなシンプルなカメラ期待しちゃいます。Wズームで20万切りますと売れちゃいそうですね!

EOS Rのエントリーモデルには小型・軽量を期待します。
EG-E1はCanonのバッテリーグリップはR用を含めBG-E○と付いているのでこれは別の物かな?
小指余り対策のエンドグリップだと予想します。

昨今のフルサイズ機はどれもプロをターゲットにしているからなのかレンズ含めて1kg近いか超えているものばかりで、とても日常に持ち歩く気になれない。
ぜひ、日常に持ち歩ける軽くてコンパクトなフルサイズカメラを期待しています。

EGって従来のBGと言うよりExtension Gripの略?
それなら、カラバリがあっても不自然じゃない。
というか、BGにカラバリて一寸引きますね。

ボディがグリップの無い(小さい)銀塩カメラのような形状なのでしょうか?

登録情報に26mpのミラーレス機(6D2と同じセンサ)と乗ってた物でしょうね
手ぶれ補正のなく軽ければいいなあ

このエントリークラスのEOSRのバッテリーグリップって上位機種で使うあとずけさせて持ちやすくしたり搭載バッテリー数増やしたりするものでわなく、ただたんにグリップの滑り止め加工のカラーバリエーションではないでしょうか?

軽量でサブ機にいいミラーレスだといいですね!
オールドレンズつけて散歩したいようなカメラを希望します!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2019年1月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニック24-105mmのF値はF4で確定」です。

次のブログ記事は「キヤノンが2月中旬にミラーレス関連の新製品を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る