ニコンZ7とソニーα7R III の手ブレ補正効果は同程度

DPReview に、ニコンZ7とソニーα7R III の手ブレ補正の比較テストが掲載されています。

Nikon Z7 and Sony a7R III offer similar results in our image stabilization test

  • テストは、焦点距離分の1のシャッタースピードから始めて、NDフィルターを使用して2/3段ずつシャッタースピードを遅くしながら、24mmと55mm、200mmでそれぞれ撮影した。シャッターは電子先幕シャッターを使用している。
  • ニコンZ7もソニーα7R III も5軸ボディ内手ブレ補正が搭載されており、24mmでは2~3段分、55mmでは3~4段分、200mmでは4~5段分の効果(200mmではいずれもレンズ内補正の力も借りた)で、どちらのカメラも手ブレ補正は同程度の性能だった。 
      24mm       55mm       200mm   
 Nikon Z7 2.3段 4段 4段
 Sony α7R III 2.6段 3.3段 4.6段

 

 

元記事にシャッタースピード別の手ブレの大きさをまとめた詳しい表が掲載されているので、興味がある方は参照してみてください。

Z7とα7R III の手ブレ補正は、焦点距離によって、多少の得手不得手があるようですが、全体としては補正効果はそれほど変わらないようです。

望遠端の補正効果に関しては、レンズ内補正を併用しているとのことなので、レンズを変えれば結果が変わってきそうですね。

2019年1月12日 | コメント(9)

コメント(9)

マイクロとかに比べると、広角は思ったより弱いけど、フルサイズだからこんなものなのかな。

この焦点距離ごとの補正段数を頭に入れておけばシャッタースピードの保険をかける目安になりますね。

2機種とも手ブレの影響が出やすい4000万画素超のカメラですからこのような検証データは参考になる方も多そうですね。

FTZでFマウントレンズを使った場合は、補正効果が下がるのでZ用の70-200でどうなるかですね。

レンズ内手ブレ補正を積んでボディ内と連動させ、m4/3のような強力な効果を期待したいです。
補正ユニットのサイズが違うので難しいかもしれませんが。

ニコンのZ7/Z6には焦点距離手動設定があり、その設定にひと手間かけると、通信回路皆無なマニュアルレンズでも手ぶれ補正が効くので便利です。

手ブレ補正焦点距離のマニュアル調整は、ソニーにも以前から(α7Ⅱから)あります。
段数の目安はとてもためになる情報ですね。

焦点距離を入力して電子接点のないレンズでも手ぶれ補正を効かせる機能は
Sony α7Ⅱシリーズ以降の機種(他にPENTAXなど)にも有るのですが、この機能はあるとやっぱり便利ですね。

Z7のほうがマウント経が大きい分補正が強いかと思いましたが
案外マウント経関係ないものなんですね

手ぶれ補正による周辺画質の低下に、マウント径で差はあるのか気になるところです。

どちらも40MP超ですからね・・・そんな画素数で4段前後も長いシャッターが切れるなんて、全く凄い時代になったものです。

Z の 200mm での補正量は専用レンズでもう少し伸びそうですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2019年1月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マップカメラの2018年12月の売上げランキングでα7 III が首位を奪還」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-M1Xの日本での価格は36万5000円?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る